はたきの作り方

はらいおとすだけで十分

無垢の板、塗り壁材、紙などの自然素材でできた家具や内装材は、市販で売っているようなほこりを拭き取るという概念の掃除道具よりも、ほこりを払い落すという概念の掃除道具が理にかなっています。

我が家のリビングは長男入学に合わせて大幅な模様替えをして、壁面に無垢の杉板の収納棚を設置しました。天井までめいいっぱいの棚板、無塗装です。普段の掃除の仕方ははたき1本で十分です。

というのも、そもそも自然素材は静電気を帯びにくいのでほこりを吸い寄せず、ころころとほこりは舞うようにして丸まりまとまっていきます。静電気を帯びやすい素材(接着剤で張り合わせた板や家電製品)はほこりを吸い寄せ付着するので、拭き取るタイプのほこりとりが向いていますね。

はたきは簡単に手作りします。夫の肌着がちょうどいい。我が家は家族そろって綿の肌着を定期的に変えるのですが、着終わった後の綿の肌着は再利用して活躍しています。

はたきの作り方 DIYレシピ

【材料】

・着終わった後の肌着

・適当な長さと太さの棒

・紐か輪ゴム ※私はタコ糸を使用しています。

・ちょっとおしゃれに見せたい紐やリボン ※100均のスエード調の紐を使用しました。

道具は、裁ちばさみがあれば十分です。

【作り方】

①長さ約30センチ、幅約2センチほどに肌着を裁断し、放射線状に置く

②真ん中に棒をあてて一気にひっくり返す

③紐でしばる

④もう一度ひっくり返し紐で縛る 

※この時、私は型結びはしていません。肌着を交換するときに、ほどくのが楽なようにしています。

⑤棒のおしりに適当に紐をつける

⑥完成です

使い方

気づいたときにぱっと取り出しぱっと手入れができる仕組みづくりが大好きな私です。維持もしやすいし、掃除をためこむと億劫になって、ストレスに感じるからです。機能性はそれでよくても、やっぱり見た目やデザインも気になるので、インテリアにしてもいいように、でもお金はかけすぎないってことを工夫しています。

実は、この棒は台風の後に子どもたちと近所の境内で拾った枝です。工作に使えるのでいっぱい拾って持って帰って保存していました。

無垢の杉板の棚にも違和感なく溶け込んでいます。

はたきにする生地は基本、白の肌着ですが、ここは使い古したカラフルなはんかちでもよさそうですね。

ただ、化学繊維を巻き付けるときは、化学繊維はほこりを付着させるので、ぶらさげておくとはたきの部分にほこりが付いた状態になるので、そこをよしとできるかどうかは個人の判断によりますね。

素材によって掃除の仕方も違いますが、個性を知って対応する知恵をもっていると暮らしが豊かで楽しくなります。

聚楽壁補修

聚楽壁補修

竹木舞の土壁の家。玄関の壁の仕上げは聚楽壁。

阪神淡路大震災を経験している家。亀裂が入ったところをそのままにしていたらやっぱり目立ってきたからこの度補修することに。

補修する箇所は、真壁(柱が隠れてなくて、柱と柱の間の壁ことね)一面のみ。他は綺麗から触る必要なし。

写真真ん中の柱を境に右、左、どっちが補修した壁かはコンセントがぷらーんってなってるからわかりますね。

でも、この既存の味わいでている老竹色というか、蒼色というか、雑に緑色ねって表現できないグリーンの色合いを新旧違和感なく、左官屋さんが仕上げた。むしろ空気感が変わった気がする。

補修と言えど、日々を坦々と過ごしているという70代の寡黙な左官屋さんの技術を垣間見て無性に安心する。つくり手の手。手に刻み込まれたしわ。職人気質に手が入るモノ、コトつなげていたいと身震いする。

聚楽壁補修

左官技術

建築業界は左官職人が衰退の一途。左官仕事が少ないからなかなか次の世代に技術経験もままならない業種。元来の左官に代わる仕事が増えたけど、土をこね、自然環境の変化にアンテナをはり、その施工判断は感覚と表現とそして経験がすごいいる世界だなと感じる。

子供の頃、工務店経営していたお父さんの現場廻りについていって、魅了された世界は私の場合左官だった。

高見さん。姿勢がすべて物語っていてかっこいい年の重ね方だなっていつも頭が下がります。

いつもありがとうございます。

カレンダー

そねべーすのカレンダー

私たちがIT関連、ウェブなどでお世話になっているゾロアスタさま

ご夫婦で営まれています。一言にウェブと言えど、マーケティング、デザイン、また事業主として抱く悩み相談など多岐にわたる相談をさせていただいています。

つたないことも多い私たちのことをどれだけ根底で支えていただいているか、多大なる信頼の基、いつも心からおつきあいに感謝しております。

デザイナーのあかねさんの提案のおかげでできたのがこのカレンダーです。

そねべーすカレンダー

おかげさまで、お渡しした方たちから、感想やインテリアとして飾っているお写真など拝見させていただいたり、とても嬉しいです。

時に励まされ、時に率直な意見を伝えてくれ、しっかりとした技術をふまえ事実をしめしてくれ、一緒にウキウキ楽しめて、かわいい坊やに癒されて(*^-^*)、揺れ動きの激しい私のぶれにも付き合っていただき💦それをしっかりともとにもどしてくれて、公私がわからない私に公私隔てずにいつも本当に助けてくれています。

ポストカード風カレンダーの楽しみ方はいろいろです♡上の写真のように額に入れて置いて飾る、お気に入りのメモスタンドに挿して飾るもいいですし、壁にテープ、マスキングテープなどで並べて貼り付けるだけでもおもしろいです。

12枚入る額にいれてもいいし♡

インテリアを自由に楽しめるカレンダーがそばにあるのっていいでしょ♡

こうして産まれたこのカレンダー、私はデスクに飾っています。

私にとってはゾロアスタさまとこれからも時を共有していく存在にもなっています(*^_^*)

暦、時間

1年、約52週、365日(366日)、8,760時間、525,600分・・・それから何秒でしょうか(笑)

「あれっ、いつも洪水が来る前は一番星が光輝くぞ」

「おっ、30回夜を迎えたら満月にもどるな」

「太陽の光のあたりかた、陰のできかたが毎日ちょっとづつ変わるぞ」

「365日にしてみたけど、なんか微妙にずれるぞ、4年毎に1日増やしてみよう」

「微妙なずれがまだあるな・・・ならば、グレゴリウス歴、これでどうだ~」

今のカレンダー、私たちが「時間」と呼んでいるのは、6000年前からずーっと観察して来たんですよね。

自然の移り変わりを。

カレンダーが示す、皆平等にある時間の過ごし方は人それぞれ。何年生きるのかも人それぞれ。そして皆移り変わるものという事実。

そしてここにもある教え、自然の中に生きている事実。

事実を前に、何に目をむけ、何に身をおいて時間を過ごしますか?

私は、自然の中に身を置き、移り変わりゆく一部として、変わらない移り変わりに誰の何のどんな行いよりも一番、無意識にむしろ勝手に感謝の気持ちが自然とあふれてくるのでこの気持ちをないがしろにせず、近代、近未来の科学的発展をすすむ、政治というり・・・経済至上主義みたいに感じてしまう日本社会の中でここに偏りすぎないようにと目を向け、自然界の日々の移り変わりがぐるぐる廻るように身をおいて時を過ごします。

抹茶黒豆ケーキ

アレンジスイーツ

御節の黒豆が残ってる。そろそろ食べきりたい・・・ので冷蔵庫と相談。。。

よつ葉の無塩バターがある。抹茶がある。NON-GMO飼料の卵がある。棚田の米粉がある。これはパウンドケーキができるぞ♪我が家の食材を見て、自然派コープ基準は常に維持されていることに有り難くなる。そして、日々の料理という仕事はさまざまな能力の糧になっていることにも気が付く。

小さなくらしの一コマにこれほどまでに社会を学べ、発見、思考、表現、想像、分析、仮説、実行、調整、判断、決断、活用・・・等等いろんな人間的能力を使うかと毎回感じるのが、誰かのことを想いつくる料理だなって。

レシピ

■材料

・御節で残った黒豆・・・約100~150g

・米粉・・・・・・・・・80~100g

・抹茶・・・・・・・・・大さじ2

・よつ葉無塩バター・・・約70g

 ※一箱150gの固形バターを約半分より少なめにカットして湯煎して溶かす

・卵・・・・・・・・・・2玉

 ※卵を選ぶのは殻、黄身の色でなく、鶏の飼料と飼育のされている状態を知ってから選んでいます。NON-GMO飼料であることはは私のはずせない選び方です。

・種子島洗糖・・・・・・大さじ3

・アルミフリーベーキングパウダー・・・小さじ1

■作り方

①卵と砂糖をあわせてよく混ぜる

②米粉と抹茶とアルミフリーベーキングパウダーを混ぜる

③卵と砂糖を混ぜた中に溶かしたバターをいれて混ぜる

④②もいれてよく混ぜる

⑤黒豆をいれてあわせる

⑥オーブンシートを敷いたパウンドケーキの型に流し入れる

※この時、2~3回トントンとして空気を抜く

⑦180℃のオーブンで30~40分焼く

⑧粗熱がとれたら型からとりだして常温で冷ます

そして身の回りにあるモノを使って、自分なりに美味しく魅せるコーディネートを楽しんでみてね♡

手間の中にある幸せ

お茶タイムに食べようかと思ったけど、なんかみんなで食べたくて我慢。

晩御飯の後に家族揃って「いただきます」をして頬張る笑顔が嬉しい瞬間。

抹茶が大好きな息子は2個もペロリで食欲がましてきた6歳児にびっくり!!

半分こって食べていた時期がもう終わったんだ・・・

年末年始、食べることが多かったので胃腸をやわらげるほうへ日々の料理もシフトする。調整するって広い目をもって、そこで何かをつかんできて自分という主を、柱ができるイメージ。

2019年のはじまり

2019年のはじまり

あけましておめでとうございます。初春の慶びはいつも自分の置かれた場所での幸福を感じる日となります。

家族そろって日笠山で初日の出を拝むことができました。私たちが当たり前のように呼吸をするようにいかなる時も昇る太陽をみて生かされている有難さを全身で感じました。冷たい空気と白い吐息の中で見る太陽の形、目にする色、光はその相反するような組み合わせの中でより一層心に訴えかけてくるものがあるのかもしれないと感じます。

そのまま曽根天満宮へ初詣に行きました。今年は猪年。毎年干支の絵馬の前で写真を撮りますが、猛進という言葉の前に私は「走らず歩いて進みます」と心の中で自分に語りました。数年前まではぱっと思いつく四字熟語には必ず「猪突猛進」ってのがでてきいていた私ですので、自分自身の中で何か変化を感じています。

今年は地に足つけて「歩」がなんとなく私の中のテーマ・・・

安定感ある秋田大工と安定感ない子どもたちのギャップに私はいつもふりまわされる・・・

静かな風

正月3日間はあたたかく穏やかな小春日和でした。秋田の実家の梅の花は小さな蕾がしっかりと色づいてきていました。子どもたちと凧揚げを楽しもうと外に出るも風が静かで、走っても走っても凧はなかなかあがりませんでした。

それでも愛しい娘は本当に常にいつだって笑顔♡

この笑顔を見ていると普段忘れがちのことに気が付くことが多いです。

2019年、歩き問う

元旦の日本経済新聞トップ記事はおもしろかったです。興味ある方は写真拡大して一読ください。

捕捉でシンギュラリティの意味も掲載しておきます。

平成30年時代を終え、次の30年代について語られる中でやはりブームのように今どこでも目にするAIについての話題がありますね。

技術の進歩はどんどん進み、AIの知性も30年後には格段に進歩しているんだろうな・・・それこそまさに猛進だろうなと誰だって予測がつくと思います。

そのことよりも私が語らいたいと思うことは、この記事の最後に記されていた「人間の定義は技術の進展に応じて変わる」「いま必要なのは自分自身は何者なのかを考えることだ」という文句。

いつも感じることなのですが、人類を問うといえど、「こうすれば自分が確立できる」なんて理論が確定しているわけでも方法論があるわけでもなく、AIに搭載だってされていないですよね。AIと人類の違いは「自分があるかないか」が最大の違いだと感じています。

多様性を認めようと叫ばれる中で、自分を問うこと、まさに自分自身は何者なのかを考えていくことは、今置かれている場所で自分を見つめ、どう生きるかという倫理観を自分で問い考え、語らい、遊び楽しめたらいいなと。AIが注目を集める世の中であるならば、技術の猛進に焦点をあてるばかりでなく、それと同時に同等に人間の知性、人間がもつ知能って何だろうって語らいをしたいなと思うのです。

上記に補足記事写真を掲載していますが、次の30年後にはシンギュラリティ到来と掲載されています。おそらく30年かからない分野もでてくるのだろうと思います。そんなことばかり目に言ってるときっとその危機感や恐怖心が芽生えるのでしょうが、AIが人間に近づくのか、人間がAIに近づくのか近代科学技術を選択し続けてきた人類が己を問うところはここにあるのかもしれないなと記事を読んで思いました。

だとしたら、私はAI分野を語らう時も直面している課題について語らう時も、時に他者に身を置き、他者感覚を要する想像力をもって問い、歩きたいなと思います。

そして私は初日の出を拝みながら生かされている有り難さを感じ、静かな風に平穏な初春を感じる幸せをいただける普遍なる自然の中に確実に自分の身が置かれいてることを忘れず、近代的選択をし続けてきた飽和状態な現代社会の中で生きながらも少しづつ社会がほんの少しでも自然に近づくような生き方をしていこうと、自分の心がぽっとなりました。

2019年、皆様にとって幸多き年となりますように。そして是非、一緒に時を過ごすときはたわいもないことで語らいたいなと思いますので本年度もよろしくお願いいたします(*^_^*)

 

2018年大晦日

年末年始のお知らせ

今年の晦日も大晦日も例年通り家族揃ってお正月を迎える準備が出来ました。

これもひとえにご愛顧いただく皆様のおかげだと感謝しております。

この度のお正月は大型連休だと言われていますが、私たちは今日仕事納め、そして年始は4日から始動しております。

寒さが増してきますが、あたたかくお過ごしください。そしてご家族皆様良い信念をお迎えください。

平成最後の大晦日

少し早めに仕事を切り上げて帰宅した秋田大工の一言でいつものお宮さんへ一年の無病息災の感謝を伝えに行きました。

帰路につく途中に夫婦揃って「いいね」ってなったのがこの雰囲気。塀の瓦が冬の空から射す陽の光でいぶし銀が輝いて見えたのです。梅文様の瓦に渋い味わいの垂木、未だ白く強い漆喰に竜山石の3色。時を経ても美しさがにじみ出るのは単に自然素材だからとかでなく、人の手の合わせ方を感じずにいられませんでした。

もう一つ発見があったのは、天川に鴨が1匹着水したあとにできた波紋の先にチヌ(黒鯛)が泳いでいるのを夫が発見。

写真中央。縞模様がはっきり見えたチヌ。

倫理の根源=住処

彼らの慣れ親しんでいる場所は海水の中で、時に川を少しのぼることもあって、好みの住処にふさわしい場所があるのだろう。決まって橋の下のあたりに群らがっているのを見かけます。

最近はまったスピノザのエチカとリンクしてきます。

倫理(ethics)の語源はギリシア語のethosエートスなのですが、おもしろいのはこのエートスという意味が慣れ親しんだ場所、動物の巣、住処を意味していることです。

倫理とは自分がいる場所でどのように住み、生きていくかという問いがあり、自分の住処でどう生きるかを考えていくことだというのです。

学校の授業に道徳というのがあったけれど、道徳は何か問題があること、解決したいこと、現状打破のために何か一歩超えようとする提案、価値観や判断基準を上から押しつけ多数派に持っていこうとする感じがあります。

そこには慣れ親しんだ場所でもなく、どう生きていきたいかという問いや考えを住処で行うこともない気がしてしまうのです。空虚感がうまれてしまうことがある気がします。

平成30年時代を振り返ってみても何かリンクしてきてしまいました。

良書で響いて離れない心の平穏といつも身近にある何気ない平穏がリンクすることが普通にあるのが私にはキュンとなるポイントで・・・

その気づきをいただけることがおもしろいです。

感謝は表現しないと感謝でない

感動という言葉そのままに紐解くと、気持ちは発しないことには伝わらない。今年も私なりの表現で料理をしました。

今年は家族皆で正月にすき焼き、2日はふぐ鍋をしようということで、御節も箸休めになるように準備しました。

両親に感謝を込めて

こちらは私たち家族の分

久しぶりの投稿になりましたが、本年度のご縁に心から感謝しております。本当にありがとうございました。

 

大工さんが建てた家

間のある家

築37年。日本瓦葺き、木造軸組み 土壁の家。

地元の大工さんに「8帖、6帖2間のある家を建てて」と言った今は亡きおばあさんの一言で建った家。

歴史的建造物とまでいくような派手な装飾などなくても、古民家といわれるような体裁はなくても随所に感じるのは材の選定、丁寧に手の入った仕事。そして、大工さん色してるわーーーって私なんかが思ってしまうデザイン。

阪神淡路大震災も経験した家。田んぼの地上げに使ったのは地元天川の土。

住む人にそって、日常暮らしやすくする。時期が来たらメンテナンスをする。
それで十分まだまだ住める。住み継げる家。

高度経済成長から住宅不足と言われ大量につくられた家が今はどんどん余ってきている。

時代の変遷とともに家の様相はガラガラ変わっていって、建てる人も建て方も変わっていった背景の中には時代が錯誤するような部分もいっぱいある。

そして、家によって活用できる家と、悲しくも産業廃棄物化となる家とある。
そして、まだ住める家なのに儚くも、がっさーと壊される家もある。

いつの時代もどんな家も家は住む人と共にある。

家は人ありき。人次第。

文明に左右され、錯綜しカタチになっているのも家。家もまた人と同じく生きていると私は感じてしまう。

大工さんが建てた家を大工さんがなおす

大工さんが建てた家は、秋田大工が無駄にいらわず、活かしながら日常暮らしやすくリノベーションする。

たどれば遠くつながったこの家を建てた今は亡き大工さんと秋田大工。不思議なご縁。

間をつくってほしいと産まれた家。文化、文明の変遷、現代という時代の狭間を生きてきたご夫婦。そして今度はくつろぎの間をつくるために秋田大工が手間をかける。

「間のある家」と命名してプランを作る。

私がくみとり、カタチになるために描くのは、住む人のこれまでとこれからと、そして家から感じる言葉なき言葉のような・・・私はまた身も心も手間というかここにあるストーリに自分をおく。

仕様書みなおそっ。

 

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

春、夏、秋、冬の年4回発行しているニュースレター

べーすだより発送します。

毎号、『自然』『人』『住』には共通することがいっぱいあります。毎号、それらに共通するテーマに沿ってそねべーす情報をお届けしています。2018年秋号を現在作成しています。

私たちが取り組んでいること、おすすめ情報、コラムなどですが、暮らしの中の発見や暮らしの中に役立てることににつながればいいなと思っております。

ご興味のある方は郵送にて発送しておりますのでお気軽にお声かけ下さい。

『間』のある日常をつくっていく

間のある日常

『間』ときくと何を連想しますか?

余裕、ゆとり、すきま、はざま、時間、静寂、無、やさしさ、ほぐれる、休み、つながり、一段落、穏やか、美、豊か・・・連想する言葉全て含むような言葉だけに抽象的で、ふわっとしてて、ぼーっとしてる言葉なのかもしれない。

それならば私の癖、端的にわかりやすい言葉に言い換えてみようと、英語でこの日本的な『間』という言葉を訳すると何に当たるかと脳みその中の引き出しあけてみるもなかなかしっくりこない。敢えて訳するとしたらtimeかな。

『間』があるからこそ双方の調和がとれるコトがある。躍動感あふれる世界と静寂な世界が調和することで生まれてくるところに穏やかで優しさにあふれた清々しい美を感じる。

『間』言い換えれば『ゆとりある時間』はどこにあるかな。

便利な時代は私たちの日常の中に根深く浸透していて、それがスタンダードとなっている。そのスタンダードにはどこか麻痺するようにうめつくされてしまっている『間』があるなって・・・

ただ、何故か、恐ろしいことかもって思てしまうのは、『間』を見失っている世界はどうも思いやりを見失い自己中心的に生きるための住処になっていて、そして、ここは意識していないと飛んで火に入る夏の虫みたいに誰もが陥る迷路のような空間になっている気がしてならない。

あふれる開かれた情報社会の中につからずに、本を手に取るとそこには広がっていくリンクの世界でなく、想像という機会にめぐまれた『間』がいっぱいある。

現代社会の中で仕事をしていくうえで私がうみだしたいのは『間』だ。って強く思う。

建築業を通してできることがある。心身をおく住だからこそ、毎日同じであるようでじわじわ変化する日常を育む家だからこそ、改めて思うことがいっぱいある。

小さなママはいつだって幸せにあふれてる。macoママは多くの時間をこうしてポポちゃん、メルちゃんのお世話に費やして自分も幸せいっぱいの笑顔を毎日ふりまいてる。

この子から湧き出るあふれんばかりの間の世界観に母は幸せをもらってばかり。

感謝の気持ちでいっぱい。

 

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

春、夏、秋、冬の年4回発行しているニュースレター

べーすだより発送します。

毎号、『自然』『人』『住』には共通することがいっぱいあります。毎号、それらに共通するテーマに沿ってそねべーす情報をお届けしています。2018年秋号を現在作成しています。

私たちが取り組んでいること、おすすめ情報、コラムなどですが、暮らしの中の発見や暮らしの中に役立てることににつながればいいなと思っております。

ご興味のある方は郵送にて発送しておりますのでお気軽にお声かけ下さい。

 

 

 

ふんわり糀家 糀の暮らしshuku

糀の暮らしshuku

ふんわり糀家 認定講師の真瑚先生が自宅教室を開講されました。

先日、生徒さん達と調理ができるようにと折りたたみの作業台を納品させていただきました。どんな折りたたみ作業台にするかをプランさせていただくにあたり、いろんなお話を通して、伝わるものがありました。

発酵の知識やレシピもそうですが、真瑚先生の暮らしを丁寧に過ごす姿勢から伝わってくるのは生き方がそのまま人柄に出ていることでした。

そしていただいた甘酒の美味しさに私も出会った嬉しさと、家族に美味しいよと食べてもらう喜びに通じるとビビビと感じて学びに行ってきました。

一期一会そのもの

水筒で簡単にできる甘酒作りと、甘酒を使ったレシピを学び、決め手の麹の選び方や美味しくなる秘密を教えていただきました。その説明の仕方もわかりやすく、入念な準備がされており、まるで心地よいおもてなしを受けているかのような教室でした。

まさに一期一会の演出でした。

レジュメと手作り柚子ドリンクからのスタート(*^-^*)

そして甘酒を作り、甘酒を使ったレシピを2品作りました。

どちらも家で簡単にできる内容で、実践型です。

テーブルコーディネートもおしゃれでした(*^_^*)

麹でここまで違うかと・・・いうほど甘酒の味って変わります。

麹の暮らし shuku 真瑚先生の発酵料理教室の情報は下記のインスタグラム、ブログ

インスタグラムはコチラ

ブログはコチラ

 

お腹の調子が整う暮らし

私は健康って何?って聞かれたら、お腹の調子が整うことだと思っています。ですので生きた調味料、つまり発酵料理は我が家でも欠かせない大切な暮らしを整えるパートナーです。

発酵の世界って本当に人や蔵元や素材や自然環境、暮らしの環境、いろんな要素ですごい変わるなと実感してきました。ですが、心から安心して発酵といえば真瑚先生となれることもとても嬉しいご縁です。

発酵料理教室、楽しく学べるだけでなく、家で実践できます。

是非、体験レッスンからおすすめです。

私は、早速今日作った甘酒で明日の朝ご飯はマンゴー甘酒スムージーを作ります♡明日の朝が楽しみ♪

500mlのスープジャー1つでOKなんて最高ですよね~♪しかも場所とらないし、手軽で嬉しい♪続けられそう♪

真瑚先生♡本当にありがとうございました♪

 

 

既存住宅を活かす

既存住宅

最近、中古物件を買ってリノベーション、リフォームということを見聞きするようになってきました。

中古物件というよりは私は既存住宅とよぶことにしています。

中古と言うと建物の状態や質に対する不安がつきまとっていて、流通がなかなかな気がします。私たちは、日々「イメージ」というのに弱いですね。広告に影響されるものですから。

最近では、国土交通省でも「既存住宅」という言葉を使うようになっています。

気にしない人もいると思いますが、「既存住宅」と私も呼ぶようにしていっています。

インスペクション

人それぞれ価値の見出し方は様々ですが、建築業を営む者として家=住宅にはやはり担保すべきコトがあると思っています。安心して健康に暮らせる家というとふわっとしていますが、自分の健康を守るうえで自分の体を知るのが大切なのと同様、建物の状態などを明らかにしておくことは既存住宅には必要です。

そして2018年4月以降、つまりもうすでに既存住宅を媒介契約する際にはこの「インスペクション、建物状況調査について依頼主に説明することが定められました。

ですが、義務化ではありません・・・

ですが、建物状況調査を行っている物件かどうかをしっかり告げる必要があります。

新築でも何でもそうですが、建物の状況を知って、その建物に添った暮らし方ってありますね。だからこそ、建物の状態を把握しておくことは住まい手の責任にもなりますし・・・

 

インスペクションができる人は限られている

インスペクション、つまりこの建物状況調査ができる人は限られています。まずは二級建築士など、建築士の資格を有する人であり、なおかつインスペクションの講座を終了している人です。

そねべーすは秋田大工がしっかりと受講しております。秋田大工は既存住宅のリフォーム経験が約10年以上あり、作り手だからこそ建物の状態にふれてきた経験の持ち主です。

私は素材を見分ける、既存を活かす、そして主婦目線でのプランニングを強みとしています。

建物状況調査というハード面とソフト面を持って調査からご提案などしております。

既存住宅でリノベーションを検討の方、また物件を見に行くことに動向もしておりますので気軽にお声かけ下さいね♪

空き部屋の賃貸物件がうまれかわります♡現場はラストスパート!

 

**********************

も是非のぞいてください♪

私たちは設計&大工という最小クラスの工務店
今ある家を循環できる仕組みにして活かしていきたい

住む人はお腹の調子が整う暮らし(ここ深い)
家は土に還る素材でできる限り造る(ここシンプル)

そうすれば、自然と人、繋がって元気な循環システムができるね♪
そんな未来を作っていきたい♪

なので♡↓↓↓に日々取り組んでいます♪

#リノベーション #リフォーム #DIY #既存住宅# 持ち家 #空き家 #空き部屋 #インスペクション #自然素材 #そねべーす #設計施工 #大工とつくる #インテリアコーディネーター #お片付け #収納 #お腹の調子が整う暮らし #土に還る素材 #循環する家づくり