第52回 【元祖】職人起業塾

第52回 元祖 職人起業塾

今年最後のマーケティングの勉強会。3カ月参加が出来ずウェブ上での振り返りのみでした。夫婦で参加するようになって、子どもたちをお泊りさせてくれる夫の両親に感謝しています。臨場感を味わうことでやは気づきや学びが奮い立ちます。

ここ1週間、ブログの更新をとめて、「体力仕事が続き、家帰っても家事に追われ、とにかく疲れてるからしっかり寝ないと次の日もたない💦」という言い訳だった私・・・それでも悔しいのは今の私はそれが自分の状態で、もっと高い意識を持てていたら、そんな状態さえ打破できるはずという気持ちとは裏腹に今の自分の現状を工夫していこうと反省中でもありました。今まで気合いだけでクリアしてきたツケということです。ダラダラの実はそこらへんに美味しそうに転がっていますね💦食べてしまってました💦

 

職人起業塾の流れ

元祖職人起業塾では毎回、事前にテーマに沿った課題が出されます。前回の振り返りからはじまることが多いですが、この度は年末特別企画のプチセミナーを開催してくださいました。

きっかけをチャンスに変える方法論

学びはアウトプットしてこそ。なのでアウトプットします。

高橋塾長の経歴紹介があったのち、人生を変えた3つの出来事のお話がありました。経歴を見る限り生き急ぎ感ある高橋塾長でした。10年後の2017年の経歴まで書かれていて、引退という文字がありました。これも早すぎるのでないのかと思いながら・・・お話が続きました。人生の3つの出来事の話があり、その一つ目の親友の死の話を何度かきいたことがあったのですが、今でも墓前で話しかけることを聴いて、高橋塾長は人を想うところから端を発しているのだと勝手に思いました。亡くなってはいても、高橋塾長の中でずっと生き続けていることを思うと親友の方はすごい幸せなのではと勝手に思ってしまいました。

大きい声ではきはきいつも話すので迫力もあるんですが、

「きっかけはその辺に転がっているんやで。ただそれはチャンスでない。きっかけをチャンスに変えることができるのは欲求があるからだ」

「欲求は、本当の俺はこんな人間でない。って思う気持ちと今の自分とにギャップがあるからうまれるんや」

わかりやすかったです。日頃から自分の中にある欲求があるからこそ、その辺に転がっているきっかけをチャンスに変えていけること、そしてそのチャンスをつかんでもイメージして行動にうつしていくかで大きく人生が変わること、そして状態管理は選択と習慣でつくられること。頭でわかっても実践で未だにへろへろになる私です💦

人は生きているといろんな刺激をうけます。人の場合犬や猫と違うのは刺激を受けてから反応するまでに「選択の自由がある」ということだと説明がありました。疲れたから寝よう。明日しよう。それも選択の一つだけど、今一度自分に「それでいいの?」って問いかけてみようと思いました。そうすることでセルフイメージが書き換えていこうと・・・

振り返りと事前課題「影響の輪」の明確化

プチセミナーの後は、グループディスカッションでした。

「2017年、あなたが影響の輪を広げ、それによって得たものは何ですか?アクションと結果をセットにして1月から12月まで具体的に1つずつ述べてください。」

この問いに対して、参加している皆様の回答を聴いているといろんな気づきや学びをいただけます。私はまだまだ影響の輪が明確でないという気づきを得ることができました。

テーマ:LIFE SHIFT

「時代の大きな変化に対応して、今年一年であなたが変わったこと、変えたことは何ですか?」という問いかけに続きます。

この世に生き残る生物は、最も力の強いものでも頭のいいものでもなく、変化に対応できるものだというならば、私たちは変わること、変えることがないと時代に淘汰されていくばかりなのかもしれません。ただ、皆様の発表を聞いていてもまとまってでてきたのは、「本質の時代」というところでした。

私も全く同感で、信頼というところが私の場合は選ぶときの大きな基準になっています。信頼の先には、テクニックでない、その人の生き方、在り方、また想いなどが必ずあって、ここをベースに取り組まれていることやテクニックが合致していると無条件に信頼しています。よく、人を信じることから入るか、疑うことから入るかといいますが、どちらがいいとか悪いでないと思っていますが、私はすぐ信じることから入ってしまいます。信じることから入ると、身につくなと思うのは、上っ面か、軸があるかがわかることです。上っ面だなと思ったら自ずと去っています。

そう思うと、私自身軸があってもぶれさせないために、自己欺瞞から脱出する必要があるなと自分を俯瞰して思いました。この1年、自己欺瞞に打ち勝つぞと勇気を振り絞ることが多くありました。

どうせ私なんて・・・と殻に閉じこもる癖が未だにあります。アウトプットすることにおいてはいつもそうです。インプットとアウトプットのバランスが4(インプット):6(アウトプット)とききました。アウトプットってインプットありきですし、自分の体験もつけようと思うとインプットしても即座にアウトプットするのが遅いこともあります。インプットした以上のことをアウトプットしていくというところを意識して自己欺瞞を外していけばこのバランスに近づけるかな?ともっと俯瞰すう力を持とうと気付きました。

それにしても、発表の仕方はKP法さすがにわかりやすいです!!

来年に続く・・・

とにかく裏打ちしていく!この意気込みに気づかせていただた今年でした。ならば!と来年の目標までできたことに感謝しています。

来年度の職人起業塾は何やらホットシートというのがあるそうで・・・これがどんなのかな?と今から楽しみです。夫も手を挙げているのでドキドキもあるのですが・・・

最近、ようやく7つの習慣の落とし込みに続けてきた手帳の書き方で少なくとも2年前より変わった自分がいるのかな?とぼんやりしているところに、今度はハイパワーマーケティングの実践版ときいたからドキドキします。本は読んだだけでは身につくはずもなく、やはり実践して裏打ちだと改めて思っているので・・・

夫が今日は帰ってきてハイパワーマーケティングの音源買ったことに!?さらに真剣取り組みモード加速しそうでワクワクです♪

何より今年1年、夫婦で普通にマーケティングの話をする時間が自然ともてたことが一番大きかったな~。「嫁」と言わなくなった年明けからはじまり、「妻」「奥さん」と外で話すのが最近はこそばくなくなったし。

今年も1年本当に高橋塾長はじめ、塾生の皆さまお世話になりました。来年度も引き続き愛ある鞭よろしくお願いいたします。

「第52回 【元祖】職人起業塾」への2件のフィードバック

  1. 自分の考えを整理して、伝えたいことを端的に表現するKP「紙芝居プレゼンテーション」もアウトプットいかがでしょうか( ´∀`)

    1. プレゼンテーションを行う時にKP法意識していきます(*^_^*)伝えるほうも整理できるし、聴く人にも本当にわかりやすいと思います♪早速調べてまーす☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です