歯がぐらぐらするのはなぜ?

春のお別れ遠足

雨で延期になっていた遠足が今日ということをちゃんと数え待っていた子ども達。朝の寝起きまでよくて準備も早い。年長のお兄ちゃん、お姉ちゃんと最後の行事、お別れ遠足。子どもたちにとっては楽しみの日。いつもより早めのお迎えで今日は歩いて帰ってきた。帰路での子ども達の半分解読必要な話をきく。子ども達って「楽しい」をいつもお裾分けしてくれる。

「こう行って、ここがお家~♪♪♪」

歯がぐらぐら

2日ほど前、「お母ちゃん。歯がぐらぐらする」という一言にやけに胸がじーんとなった私。

子どもの成長がこれほどまでに嬉しい。

母親であることを堪能させてくれる小さな瞬間はなんでこんなに幸せなんかなって。

歯の観察

歯がぐらぐらして、大人の体になっていくよーというサインと私は思ってる。大人の体になるとは子どもを産める状態になっていくということ。ぐらぐらはじまったら、そうやって体の中が成長しはじめているってこと。

前歯(切り歯)が生え変わったら、どんな野菜が自分で噛み切れる。

糸切り歯(犬歯)が生え変わったら、お肉や魚もしっかり食べて消化できる。

奥の歯(臼歯)が生え変わったら、自分の噛む力ですりつぶして食べて消化できる。

人間がどんな食べ物をどんな割合で食べる生き物かも歯が教えてくている。

子どもの歯の間は消化負担を考えながら食べていけばいいということをちゃんと体が教えてくれている。

自分の体を知ることは大事。そんなこともちょっとは話していこうかなって思う。

何を食べさせればいいの?お料理の仕方どうしたらいいの?

歯、見たらわかる。母子手帳はあくまで参考程度で私が信じるのはこうしたおばあちゃんの知恵。

子どもの成長、その子、その子に応じた体の変化見たらいい。

抜けたら・・・さて、どこで投げようか?

下の歯が抜けたら上に向けて投げる・・・懐かしいな(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です