冬を越して

根付く

日に当たる時間も短くて、冬の乾燥した空気、冷たい気温に縮こまっても、ぎゅっと引き締まり強くなってました。

徐々にあたたかくなってきた季節に背伸びしたラベンダー。今年は花どれくらい咲くのかな。

ミントは横に横に広がりをもたせて冬を越し、今度は太陽目指すように上へ上へ伸び始めました。

セージはどんどん新しい芽吹きを迎えて、根づいた分、幹がさらに太くなりそうです。

夏頃はとうが立っていたパセリが縮んだように思ってたら

茎が太くしっかりしていて、さらに強くなっていました。

花は美しいです。その花が咲くのは土の中でどれだけ根付き、冬を越し、こうした花が咲ける状態になってからある姿です。そこを見落とさないようにしようといつも教わります。

私は花も好きですが、こうしたプロセスが本当に愛おしい。

気付かれにくい部分であるけれど、ここを知る人で在ろうと思います。

 

花咲け~。何で花さかんの?形そろえなあかんやろ。もっといっぱい咲いたら収穫できるのに~。

時々、人間社会の中にいたら自分がこんな風になる気がして自分で自分に嫌気がさすときがあります。そうならないとダメな気がして・・・

のまれたくないって思ってしまう自分もいるし・・・ぐちゃぐちゃ。

この子たちには不思議とそんなこと微塵も思わないのに。

強くなったね~。花咲いたね~。今年の冬はやっぱり寒かった?あたたかくなってきたね。って感じなのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です