聚楽壁補修

聚楽壁補修

竹木舞の土壁の家。玄関の壁の仕上げは聚楽壁。

阪神淡路大震災を経験している家。亀裂が入ったところをそのままにしていたらやっぱり目立ってきたからこの度補修することに。

補修する箇所は、真壁(柱が隠れてなくて、柱と柱の間の壁ことね)一面のみ。他は綺麗から触る必要なし。

写真真ん中の柱を境に右、左、どっちが補修した壁かはコンセントがぷらーんってなってるからわかりますね。

でも、この既存の味わいでている老竹色というか、蒼色というか、雑に緑色ねって表現できないグリーンの色合いを新旧違和感なく、左官屋さんが仕上げた。むしろ空気感が変わった気がする。

補修と言えど、日々を坦々と過ごしているという70代の寡黙な左官屋さんの技術を垣間見て無性に安心する。つくり手の手。手に刻み込まれたしわ。職人気質に手が入るモノ、コトつなげていたいと身震いする。

聚楽壁補修

左官技術

建築業界は左官職人が衰退の一途。左官仕事が少ないからなかなか次の世代に技術経験もままならない業種。元来の左官に代わる仕事が増えたけど、土をこね、自然環境の変化にアンテナをはり、その施工判断は感覚と表現とそして経験がすごいいる世界だなと感じる。

子供の頃、工務店経営していたお父さんの現場廻りについていって、魅了された世界は私の場合左官だった。

高見さん。姿勢がすべて物語っていてかっこいい年の重ね方だなっていつも頭が下がります。

いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です