大工さんが建てた家

間のある家

築37年。日本瓦葺き、木造軸組み 土壁の家。

地元の大工さんに「8帖、6帖2間のある家を建てて」と言った今は亡きおばあさんの一言で建った家。

歴史的建造物とまでいくような派手な装飾などなくても、古民家といわれるような体裁はなくても随所に感じるのは材の選定、丁寧に手の入った仕事。そして、大工さん色してるわーーーって私なんかが思ってしまうデザイン。

阪神淡路大震災も経験した家。田んぼの地上げに使ったのは地元天川の土。

住む人にそって、日常暮らしやすくする。時期が来たらメンテナンスをする。
それで十分まだまだ住める。住み継げる家。

高度経済成長から住宅不足と言われ大量につくられた家が今はどんどん余ってきている。

時代の変遷とともに家の様相はガラガラ変わっていって、建てる人も建て方も変わっていった背景の中には時代が錯誤するような部分もいっぱいある。

そして、家によって活用できる家と、悲しくも産業廃棄物化となる家とある。
そして、まだ住める家なのに儚くも、がっさーと壊される家もある。

いつの時代もどんな家も家は住む人と共にある。

家は人ありき。人次第。

文明に左右され、錯綜しカタチになっているのも家。家もまた人と同じく生きていると私は感じてしまう。

大工さんが建てた家を大工さんがなおす

大工さんが建てた家は、秋田大工が無駄にいらわず、活かしながら日常暮らしやすくリノベーションする。

たどれば遠くつながったこの家を建てた今は亡き大工さんと秋田大工。不思議なご縁。

間をつくってほしいと産まれた家。文化、文明の変遷、現代という時代の狭間を生きてきたご夫婦。そして今度はくつろぎの間をつくるために秋田大工が手間をかける。

「間のある家」と命名してプランを作る。

私がくみとり、カタチになるために描くのは、住む人のこれまでとこれからと、そして家から感じる言葉なき言葉のような・・・私はまた身も心も手間というかここにあるストーリに自分をおく。

仕様書みなおそっ。

 

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

春、夏、秋、冬の年4回発行しているニュースレター

べーすだより発送します。

毎号、『自然』『人』『住』には共通することがいっぱいあります。毎号、それらに共通するテーマに沿ってそねべーす情報をお届けしています。2018年秋号を現在作成しています。

私たちが取り組んでいること、おすすめ情報、コラムなどですが、暮らしの中の発見や暮らしの中に役立てることににつながればいいなと思っております。

ご興味のある方は郵送にて発送しておりますのでお気軽にお声かけ下さい。

『間』のある日常をつくっていく

間のある日常

『間』ときくと何を連想しますか?

余裕、ゆとり、すきま、はざま、時間、静寂、無、やさしさ、ほぐれる、休み、つながり、一段落、穏やか、美、豊か・・・連想する言葉全て含むような言葉だけに抽象的で、ふわっとしてて、ぼーっとしてる言葉なのかもしれない。

それならば私の癖、端的にわかりやすい言葉に言い換えてみようと、英語でこの日本的な『間』という言葉を訳すると何に当たるかと脳みその中の引き出しあけてみるもなかなかしっくりこない。敢えて訳するとしたらtimeかな。

『間』があるからこそ双方の調和がとれるコトがある。躍動感あふれる世界と静寂な世界が調和することで生まれてくるところに穏やかで優しさにあふれた清々しい美を感じる。

『間』言い換えれば『ゆとりある時間』はどこにあるかな。

便利な時代は私たちの日常の中に根深く浸透していて、それがスタンダードとなっている。そのスタンダードにはどこか麻痺するようにうめつくされてしまっている『間』があるなって・・・

ただ、何故か、恐ろしいことかもって思てしまうのは、『間』を見失っている世界はどうも思いやりを見失い自己中心的に生きるための住処になっていて、そして、ここは意識していないと飛んで火に入る夏の虫みたいに誰もが陥る迷路のような空間になっている気がしてならない。

あふれる開かれた情報社会の中につからずに、本を手に取るとそこには広がっていくリンクの世界でなく、想像という機会にめぐまれた『間』がいっぱいある。

現代社会の中で仕事をしていくうえで私がうみだしたいのは『間』だ。って強く思う。

建築業を通してできることがある。心身をおく住だからこそ、毎日同じであるようでじわじわ変化する日常を育む家だからこそ、改めて思うことがいっぱいある。

小さなママはいつだって幸せにあふれてる。macoママは多くの時間をこうしてポポちゃん、メルちゃんのお世話に費やして自分も幸せいっぱいの笑顔を毎日ふりまいてる。

この子から湧き出るあふれんばかりの間の世界観に母は幸せをもらってばかり。

感謝の気持ちでいっぱい。

 

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

春、夏、秋、冬の年4回発行しているニュースレター

べーすだより発送します。

毎号、『自然』『人』『住』には共通することがいっぱいあります。毎号、それらに共通するテーマに沿ってそねべーす情報をお届けしています。2018年秋号を現在作成しています。

私たちが取り組んでいること、おすすめ情報、コラムなどですが、暮らしの中の発見や暮らしの中に役立てることににつながればいいなと思っております。

ご興味のある方は郵送にて発送しておりますのでお気軽にお声かけ下さい。

 

 

 

ふんわり糀家 糀の暮らしshuku

糀の暮らしshuku

ふんわり糀家 認定講師の真瑚先生が自宅教室を開講されました。

先日、生徒さん達と調理ができるようにと折りたたみの作業台を納品させていただきました。どんな折りたたみ作業台にするかをプランさせていただくにあたり、いろんなお話を通して、伝わるものがありました。

発酵の知識やレシピもそうですが、真瑚先生の暮らしを丁寧に過ごす姿勢から伝わってくるのは生き方がそのまま人柄に出ていることでした。

そしていただいた甘酒の美味しさに私も出会った嬉しさと、家族に美味しいよと食べてもらう喜びに通じるとビビビと感じて学びに行ってきました。

一期一会そのもの

水筒で簡単にできる甘酒作りと、甘酒を使ったレシピを学び、決め手の麹の選び方や美味しくなる秘密を教えていただきました。その説明の仕方もわかりやすく、入念な準備がされており、まるで心地よいおもてなしを受けているかのような教室でした。

まさに一期一会の演出でした。

レジュメと手作り柚子ドリンクからのスタート(*^-^*)

そして甘酒を作り、甘酒を使ったレシピを2品作りました。

どちらも家で簡単にできる内容で、実践型です。

テーブルコーディネートもおしゃれでした(*^_^*)

麹でここまで違うかと・・・いうほど甘酒の味って変わります。

麹の暮らし shuku 真瑚先生の発酵料理教室の情報は下記のインスタグラム、ブログ

インスタグラムはコチラ

ブログはコチラ

 

お腹の調子が整う暮らし

私は健康って何?って聞かれたら、お腹の調子が整うことだと思っています。ですので生きた調味料、つまり発酵料理は我が家でも欠かせない大切な暮らしを整えるパートナーです。

発酵の世界って本当に人や蔵元や素材や自然環境、暮らしの環境、いろんな要素ですごい変わるなと実感してきました。ですが、心から安心して発酵といえば真瑚先生となれることもとても嬉しいご縁です。

発酵料理教室、楽しく学べるだけでなく、家で実践できます。

是非、体験レッスンからおすすめです。

私は、早速今日作った甘酒で明日の朝ご飯はマンゴー甘酒スムージーを作ります♡明日の朝が楽しみ♪

500mlのスープジャー1つでOKなんて最高ですよね~♪しかも場所とらないし、手軽で嬉しい♪続けられそう♪

真瑚先生♡本当にありがとうございました♪

 

 

既存住宅を活かす

既存住宅

最近、中古物件を買ってリノベーション、リフォームということを見聞きするようになってきました。

中古物件というよりは私は既存住宅とよぶことにしています。

中古と言うと建物の状態や質に対する不安がつきまとっていて、流通がなかなかな気がします。私たちは、日々「イメージ」というのに弱いですね。広告に影響されるものですから。

最近では、国土交通省でも「既存住宅」という言葉を使うようになっています。

気にしない人もいると思いますが、「既存住宅」と私も呼ぶようにしていっています。

インスペクション

人それぞれ価値の見出し方は様々ですが、建築業を営む者として家=住宅にはやはり担保すべきコトがあると思っています。安心して健康に暮らせる家というとふわっとしていますが、自分の健康を守るうえで自分の体を知るのが大切なのと同様、建物の状態などを明らかにしておくことは既存住宅には必要です。

そして2018年4月以降、つまりもうすでに既存住宅を媒介契約する際にはこの「インスペクション、建物状況調査について依頼主に説明することが定められました。

ですが、義務化ではありません・・・

ですが、建物状況調査を行っている物件かどうかをしっかり告げる必要があります。

新築でも何でもそうですが、建物の状況を知って、その建物に添った暮らし方ってありますね。だからこそ、建物の状態を把握しておくことは住まい手の責任にもなりますし・・・

 

インスペクションができる人は限られている

インスペクション、つまりこの建物状況調査ができる人は限られています。まずは二級建築士など、建築士の資格を有する人であり、なおかつインスペクションの講座を終了している人です。

そねべーすは秋田大工がしっかりと受講しております。秋田大工は既存住宅のリフォーム経験が約10年以上あり、作り手だからこそ建物の状態にふれてきた経験の持ち主です。

私は素材を見分ける、既存を活かす、そして主婦目線でのプランニングを強みとしています。

建物状況調査というハード面とソフト面を持って調査からご提案などしております。

既存住宅でリノベーションを検討の方、また物件を見に行くことに動向もしておりますので気軽にお声かけ下さいね♪

空き部屋の賃貸物件がうまれかわります♡現場はラストスパート!

 

**********************

も是非のぞいてください♪

私たちは設計&大工という最小クラスの工務店
今ある家を循環できる仕組みにして活かしていきたい

住む人はお腹の調子が整う暮らし(ここ深い)
家は土に還る素材でできる限り造る(ここシンプル)

そうすれば、自然と人、繋がって元気な循環システムができるね♪
そんな未来を作っていきたい♪

なので♡↓↓↓に日々取り組んでいます♪

#リノベーション #リフォーム #DIY #既存住宅# 持ち家 #空き家 #空き部屋 #インスペクション #自然素材 #そねべーす #設計施工 #大工とつくる #インテリアコーディネーター #お片付け #収納 #お腹の調子が整う暮らし #土に還る素材 #循環する家づくり

 

さまざまな色 珪藻土壁

色の世界

人は、色の刺激を受けると、視覚という感覚を通り、感情に響いてくるようで、それは知覚的なことと情緒的なことに判別されます。

知覚的なことというのは、万人共通のことで、例えば、暖かい色、寒い色と言うと何色を思い浮かべるでしょうか。

情緒的なことというのは、個人差が大きくて、好きな色、色を見て思い出す記憶など皆違うことに気づきますね。

 

インテリアの世界で

インテリアの世界でももっと色を楽しみませんか?個性が強くでる、飽きがくるのではないかとか、落ち着けるのかどうかなどがイメージがわからないこともあるかと思います。色の持つパワーは本当に絶大ですから、そう思う気持ちよくわかります。

とりいれるなら、この色は知覚的に感情的にどのように刺激してくるのかを逆算して考えてみます。

奇抜かな?と思う色を部屋に大胆に設えようとする際におすすめは「ゆらぎ」をいれること。

「ゆらぎ」とは、無表情でないこと。つるっとさらっとという感じでないことです。

お手本は自然界にたくさんあるゆらぎです。

海の波、光に照らされた海面のきらきらしたゆらぎがお手本。左官職人さんに希望を伝えるとでたコテさばきは虫食いという塗りパターンで決めてくれました。

 

新緑の葉を思わす色には木鏝をひきずるとうきあがるパターン。

葉脈のようです。

イタリアンオレンジのような明るい太陽を思わすオレンジは炎のゆらぎをイメージして・・・

オリジナル配合

調合してゼロウェイスト(土に還る素材)の珪藻土に色をつけたくて鉱物の色粉をどれくらいの割合で調合すれば、どのような色になるのかを実験して試してきました。

今は、思う色をだせるコツをつかみました。

色を取り入れる際は場所によっておすすめする色や取り入れるならどの部分がいいかなども感覚的に訴えかけてくるだけにバランス考えてご提案しています。

 

色をつくり調合しているときは魔女気分♡♡♡

 

同じ夢

落ちていた花

娘が拾ってきたバラの花。

娘:「お母ちゃん。落ちとったのをおじいちゃんと拾った~」

私:「きれいね~。いい香りもする?」

娘:「うーん♡(くるっと一回転する)お水しよっか」

私:「この瓶でもいい?」

娘:「いいよ~♡♡♡」

バレリーナさんが大好きで、リカちゃん人形のお世話に忙しく、絵は紙にはみ出るくらいに描く4歳の女の子。泣くと100m以上離れてても聞こえるほどの泣き声で、スカートが大好きだけど、キュロットとタイツでごまかして膝小僧が怪我まみれにならないように私は努めている。(だって女の子だもん・・・と思いながら)

「さしすせそ」の発音が「たちつてと」になるのに兄より会話が大人びてるのにはいつも驚く。いつも純粋にまっすぐな心で世界をみている私には娘であり小さな女の子。

そんな娘が拾ってきた落ちていたバラの花を食卓に一緒に飾る。

それだけで一気に部屋の印象が変わるから不思議。

同じ夢

向き合うという感じではない。一緒に並行している感覚。純粋にまっすぐに世界をみている兄妹でも向き合いすぎると喧嘩に発展している。同じ夢を持つなら向き合いすぎるでなく並行するように歩いていけばいいのではないのかといつも思う。そこにはなぜか不思議と小さな思いやりがうまれやすい気がする。

同じ目的をむいて並行しているとね。

落ちていた花を飾ろうって一緒に水にさすという同じ行為を果たす。

ここには人によっていろんな目的があるのかもしれない。

水をあげないと枯れちゃうじゃん。

綺麗に飾って楽しもう。

同じ、共通していることは目的とかいう堅苦しい感じのことではなく、価値観とかいう陳腐な言い方でもない、潜在的に潜んでいる何か共通の夢みたいなふわっとしているもの。

 

誰もが持っている潜在的に潜んでいるごく自然な命を慈しむような感情。

ふとした時に表れるのに、普段はいろんな環境要因によって閉まってしまいがちの何か奥にある感情。

心を許した者同士だけみたいな狭いものでなく、花を愛でるみたいに人間も同じ夢をみて並行していければ平和がある気がした。

複雑すぎる社会の中、言葉にし難い蔓延する何か違和感みたいなことを感じる時、家庭の中にあってほしいと願う小さな平和がある暮らしを切に願う。

自然に動かされる娘と同じ小さな夢というか、小さな行為が世界共通の夢のように思えてならなかった。

 

 

 

 

 

 

芽、目、眼

何だかわかりますか?

花芽を見て、後10日程で開花するかなぁ・・・どうかなぁ・・・と想いながら来週にまた会おうね~と後にしました。

枝の皮の様相やつぼみのふくらみ、この季節から桜だと想像がつきますよね。

ドアップで見ると、細かいことによく気が付きます。そしてさらにドアップで見ようとする。ドアップで見て掘り下げていけば、一滴の血液が体の状態を伝えているようにきっと根の状態も花の咲く時期もこの樹のもつ特徴やメッセージを受け止めることができて全体像を把握できるのかもしれません。

掘り下げて理解できるようになるにはどんな濃密な時間を過ごしたかに比例するのかな。それによって瞬時にわかることもあるかもしれません。

それも一つの見方で一つの生き方。

掘り下げてみるのとは別に、離れたところから全体像を捉えてこの樹を見ることもできます。きっと鳥がどこの枝にとまるのかを探してこの樹の全体像を伝えることもあるのでしょう。

見方はいろいろ。

鳥の目、虫の目、魚の目という言い方をすることがありますね。

鳥のように遠くから全体をみる目

虫のように深く、詳細を知る目

魚のように流れを見失わない目

赤ちゃんのような曇りない眼とは違う私は雲煙過眼の境地にたちたいなんて思ってしまう・・・けどそれも、きっと多眼ゆえに養われるものなのだろうな・・・

 

 

冬を越して

根付く

日に当たる時間も短くて、冬の乾燥した空気、冷たい気温に縮こまっても、ぎゅっと引き締まり強くなってました。

徐々にあたたかくなってきた季節に背伸びしたラベンダー。今年は花どれくらい咲くのかな。

ミントは横に横に広がりをもたせて冬を越し、今度は太陽目指すように上へ上へ伸び始めました。

セージはどんどん新しい芽吹きを迎えて、根づいた分、幹がさらに太くなりそうです。

夏頃はとうが立っていたパセリが縮んだように思ってたら

茎が太くしっかりしていて、さらに強くなっていました。

花は美しいです。その花が咲くのは土の中でどれだけ根付き、冬を越し、こうした花が咲ける状態になってからある姿です。そこを見落とさないようにしようといつも教わります。

私は花も好きですが、こうしたプロセスが本当に愛おしい。

気付かれにくい部分であるけれど、ここを知る人で在ろうと思います。

 

花咲け~。何で花さかんの?形そろえなあかんやろ。もっといっぱい咲いたら収穫できるのに~。

時々、人間社会の中にいたら自分がこんな風になる気がして自分で自分に嫌気がさすときがあります。そうならないとダメな気がして・・・

のまれたくないって思ってしまう自分もいるし・・・ぐちゃぐちゃ。

この子たちには不思議とそんなこと微塵も思わないのに。

強くなったね~。花咲いたね~。今年の冬はやっぱり寒かった?あたたかくなってきたね。って感じなのに。

歯がぐらぐらするのはなぜ?

春のお別れ遠足

雨で延期になっていた遠足が今日ということをちゃんと数え待っていた子ども達。朝の寝起きまでよくて準備も早い。年長のお兄ちゃん、お姉ちゃんと最後の行事、お別れ遠足。子どもたちにとっては楽しみの日。いつもより早めのお迎えで今日は歩いて帰ってきた。帰路での子ども達の半分解読必要な話をきく。子ども達って「楽しい」をいつもお裾分けしてくれる。

「こう行って、ここがお家~♪♪♪」

歯がぐらぐら

2日ほど前、「お母ちゃん。歯がぐらぐらする」という一言にやけに胸がじーんとなった私。

子どもの成長がこれほどまでに嬉しい。

母親であることを堪能させてくれる小さな瞬間はなんでこんなに幸せなんかなって。

歯の観察

歯がぐらぐらして、大人の体になっていくよーというサインと私は思ってる。大人の体になるとは子どもを産める状態になっていくということ。ぐらぐらはじまったら、そうやって体の中が成長しはじめているってこと。

前歯(切り歯)が生え変わったら、どんな野菜が自分で噛み切れる。

糸切り歯(犬歯)が生え変わったら、お肉や魚もしっかり食べて消化できる。

奥の歯(臼歯)が生え変わったら、自分の噛む力ですりつぶして食べて消化できる。

人間がどんな食べ物をどんな割合で食べる生き物かも歯が教えてくている。

子どもの歯の間は消化負担を考えながら食べていけばいいということをちゃんと体が教えてくれている。

自分の体を知ることは大事。そんなこともちょっとは話していこうかなって思う。

何を食べさせればいいの?お料理の仕方どうしたらいいの?

歯、見たらわかる。母子手帳はあくまで参考程度で私が信じるのはこうしたおばあちゃんの知恵。

子どもの成長、その子、その子に応じた体の変化見たらいい。

抜けたら・・・さて、どこで投げようか?

下の歯が抜けたら上に向けて投げる・・・懐かしいな(*^_^*)

AIをうみだそうとしている時代

人間力

未来はAIによって職業がなくなるとか言われていることに一筋の光を見出したいと思いませんか?子を持つ親としては・・・

まだ訪れてもいない未来を不安だらけだと語りたくない。

これは私の考えですが、グローバルな視野で、ローカルに生かしていくという気持ちがあります。世界中がつながっているんだから・・・

殴り書きしていた私のメモ整理してたらでてきた、世界の大手企業や主要団体が加盟する世界経済フォーラムで発表されたTOP 10 SKILLS in 2020(2020年に必要なスキル、ランキングトップ10)

1.Complex Problem Solving(複雑な問題解決力)

2.Critical Thinking(批判的思考)

批判的という日本語ですが、否定、非難、攻撃と捉えがちにされる批判の意味ではありません。Criticalって言葉は自分の考えに「本当にこうなのか?」という考えをもつことのことです。

3.Creativity(創造力)

4.Peopole Management(マネジメント力)

5.Coordinating with Others (人間関係調整力)

6.Emotional Intelligence(情緒的知性)

7.Judgement and Decision Making(判断、決断力)

8.Service Orientation(サービスの方向性)

わかりにくいと思うので、以下転載・・・・・・・・・

  • UI(ユーザーインターフェース、見た目やデザイン)
  • UX(ユーザーエクスペリエンス、サービス体験そのもの)

を良いものにする判断力、決断力です。

PDCAを回す力や、実際に消費者に聴いてみるフットワーク、消費者の気持ちになって考えるクリティカルシンキングなど、複合的なスキル。

転載元:https://brave-answer.jp/12840/#outline_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9.Negotiation(交渉力)

10.Cognitive Flexibility(認識の柔軟性)

固定概念にとらわれないという意味です。

 

このTOP10スキル。なんかAIがどこまで進歩するかはわからないけど、人間力という言葉にまとめることができると思いませんか?

人間らしさを問う

人間力、人間らしさみたいなことを聴くことがありますが、イマイチそれって何やねん?って思います。

おもしろいのは、AIやグローバル社会の中で新しい技術をうみだしている世界の大企業などが直面している問題、または、求めているスキルだと読み取れるということと、それと同時に、こうした人材の確保につとめてさまざまなモノ、コト、体験、そして経済活動をうみだしている、または、いこうとしているということ。

ここにはどうもAIには実現できそうにない人間だからこそ問われる力ともいえるのかなと。時代が変われど求められるスキル何て変わるモノ。ルールなんて書き換えられていくものだとは思っていますが・・・

人間力、人間らしさとは何かが見えてくる気がして・・・どうも生物学的な、自然界の一部であり動物であるという一面と、どうも、文明、文化的な渦の中にいて、進化する動物という一面が重なり合っているという過程にいる段階(時代)であること・・・

そういう過程(時代)の中に生きていて、今を見るとおもしろいな~って。

流されていてはどうなのか、私が思う経済主導のこの世の病「自分さえよければ病」にかかっている状態では、AIに飲み込まれるってことだと思うなぁ。

ミヒャエル・エンデのモモの世界は予言書に思えてならない・・・

人が動くときって、自分事と思えたときなんじゃないかと思う。すべてを自分事と思うのは難しくても、自分で考える力があれば、ここを失っていては果たして・・・どうなるのかとも思ったなぁ。

(大志が描いたドラえもんが上達してることにびっくりした!!!)

あれ?私が子どもの頃、ドラえもんって21世紀から来たって言うてなかったっけ?

今は22世紀からって設定みたい???

このTOP10スキル、22世紀?からきたドラえもん(AI?)は持ってる気がした(笑)