既存住宅を活かす

既存住宅

最近、中古物件を買ってリノベーション、リフォームということを見聞きするようになってきました。

中古物件というよりは私は既存住宅とよぶことにしています。

中古と言うと建物の状態や質に対する不安がつきまとっていて、流通がなかなかな気がします。私たちは、日々「イメージ」というのに弱いですね。広告に影響されるものですから。

最近では、国土交通省でも「既存住宅」という言葉を使うようになっています。

気にしない人もいると思いますが、「既存住宅」と私も呼ぶようにしていっています。

インスペクション

人それぞれ価値の見出し方は様々ですが、建築業を営む者として家=住宅にはやはり担保すべきコトがあると思っています。安心して健康に暮らせる家というとふわっとしていますが、自分の健康を守るうえで自分の体を知るのが大切なのと同様、建物の状態などを明らかにしておくことは既存住宅には必要です。

そして2018年4月以降、つまりもうすでに既存住宅を媒介契約する際にはこの「インスペクション、建物状況調査について依頼主に説明することが定められました。

ですが、義務化ではありません・・・

ですが、建物状況調査を行っている物件かどうかをしっかり告げる必要があります。

新築でも何でもそうですが、建物の状況を知って、その建物に添った暮らし方ってありますね。だからこそ、建物の状態を把握しておくことは住まい手の責任にもなりますし・・・

 

インスペクションができる人は限られている

インスペクション、つまりこの建物状況調査ができる人は限られています。まずは二級建築士など、建築士の資格を有する人であり、なおかつインスペクションの講座を終了している人です。

そねべーすは秋田大工がしっかりと受講しております。秋田大工は既存住宅のリフォーム経験が約10年以上あり、作り手だからこそ建物の状態にふれてきた経験の持ち主です。

私は素材を見分ける、既存を活かす、そして主婦目線でのプランニングを強みとしています。

建物状況調査というハード面とソフト面を持って調査からご提案などしております。

既存住宅でリノベーションを検討の方、また物件を見に行くことに動向もしておりますので気軽にお声かけ下さいね♪

空き部屋の賃貸物件がうまれかわります♡現場はラストスパート!

 

**********************

も是非のぞいてください♪

私たちは設計&大工という最小クラスの工務店
今ある家を循環できる仕組みにして活かしていきたい

住む人はお腹の調子が整う暮らし(ここ深い)
家は土に還る素材でできる限り造る(ここシンプル)

そうすれば、自然と人、繋がって元気な循環システムができるね♪
そんな未来を作っていきたい♪

なので♡↓↓↓に日々取り組んでいます♪

#リノベーション #リフォーム #DIY #既存住宅# 持ち家 #空き家 #空き部屋 #インスペクション #自然素材 #そねべーす #設計施工 #大工とつくる #インテリアコーディネーター #お片付け #収納 #お腹の調子が整う暮らし #土に還る素材 #循環する家づくり

 

素材同士の相乗効果

素材同士

リフォームを行う時は、既存の素材、経年変化で味わいがでている素材、そして新たにリフォームをして新しくなる素材があります。この素材同士のコラボレーションもデザインの要素の一つだと思っています。

左から、新しい木製建具のアガチス材、古くなった丁番を新しく交換、既存のままのドア枠、新たにヒノキ枠、そして壁(ここに竜山石塗り壁材がきます)

細かいところですが、これからの経年変化も考慮しつつこだわります。丁番の色は職人さんにも意見をききご提案させていただきました。

活かす素材

リフォーム前は折り上げ天井でした。

ご主人の身長からすると本当に低いサッシですし、部屋が薄暗い感じでした。ここを明るくしたいとのご希望が優先順位NO.1でしたので、サッシを高くして、南、東からの光を思う存分いれることになりました。となると折り上げ天井は雨漏りのにじみもでていたので撤去することになります。折り上げ天井は空間を豪華にみせてくれます。またこのシーリング照明廻りの枠と布クロスが経年変化で美しい色合いがでていました。そしてまだ状態が綺麗でした。

天井もすっきりフラットにしてシーリングライトをポンと設置するのはあまりにも味気ないので残すことにしました。

となると・・・天井にほしいのはこの経年変化をも包み込みながら新旧のコラボをいかにするかというところ・・・

そして今日、クロス屋さんに貼ってもらったのはFARROW&BALL壁紙です。柄ものですので合わせ技がいるところ。新旧味わいが相乗効果でマッチしています。

床材は国産山桜です。まだ無塗装状態。ここをお客様と蜜蝋ワックスを一緒に塗ります。塗るとまた深みのでる色合いになるのが楽しみです。

残すは壁!竜山石の塗り壁DIY♪♪♪左官道具一式スタンバイOK!!

ラストスパート。最後までぬかりなく!!!

**********************ものぞいてみてください♪

♢お知らせ♢

今月開催した国産ハーブのリース作りワークショップが高砂経済新聞に掲載されました。

■住まいの設計はじめま専科

ひょうご木づかい王国学校にて毎週日曜日に開催しています。

詳しくはコチラをご覧ください。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

*******************

 

 

 

職人さんありき

職人さんありき

36年前、当時の大工さんが「100年は持つからな」と言って建てたんだとお客様から聞きました。玄関入って、立派な回り縁がある座敷を通り、片開き戸を開けると家族が長く過ごすリビングがあります。このリビングをこれから長く過ごすにあたって、明るく、そして新築して2年目からの雨漏れ被害の原因をつきとめて修繕するという内外装、サッシの交換など含めたリフォーム工事を秋田棟梁が日々励んでおります。リフォームするにあたって、36年の家が経てきた年月に相応しく、そしてこれからの暮らしにも添える、そうなるようにと私ができることは経てきた家から受け取るもの、そこに住まう人双方から感じることをどうすればマッチするかに想いを込めて形になる様に段取りすることくらい。職人さん達の言葉ひとつひとつの理解には日々奮闘モード。それでも基本、家づくりは職人さんありきということだけは絶対はずさないよう心掛けています。

100年持つ家だと言って建てた大工さんは亡くなられているそうですが、こうしてしっかり住める家として残していることを想うと、ちょっと今の暮らしにあわせてリフォームするということで十分いいお家であることに家づくりについて考えさせられます。で、私は秋田大工!頼むで!!!って気合いこめた応援を日々しています(笑)

木製建具

そんな中、2日前に建具職人さんから連絡があり作業場に打合せに行くと・・・アガチス材が並べられ「こんな感じになります」って♪

そうです。座敷を横切る廊下を通り、リビングに入る時の木製建具の製作に入られているため、細かなデザインの打合せ♡

ほぼ確認という感じですが、アガチス材のとりかた、面の取り方、材の確認、ガラスや天井にあわせたFARROW&BALLクロスを貼る部分、寸法など・・・丁寧にこうなるよって説明してくださる姿勢が有り難くも私はテンションあがる瞬間。どうすればお客様が喜んでくれるか一緒に考えて作るって最高に楽しいです。

結局、人

私は作る側でなく、設計側という役割分担ですが、設計という役割をもってしてつくづく思うのは、モノをつくるのは結局、人ということ。

モノをつくる仕事って労働とは違って、ある程度苦労などもついてくるけど達成感を味わい職人さんの誇りも私はあってほしいといつも思うのです。だから、お客様と設計だけでなく、お客様や職人さん、みんな顔の見える関係でといつも思います。今工事中でお世話になっているのはお客様の隣の家に住む左官職人さん。私たちははじめてお仕事する左官職人さんだったけど、お客様にとっては何十年とご近所の方です。隣の方が左官職人さんと聞いた瞬間、その方に頼みましょうって即決でした。

いい家の定義は人それぞれですが、素材ももちろん、社会循環の担い手になる選択というのももちろん、そしてやはり顔の見える関係っていうのももちろんかと。

私ももうすぐ左官DIYお手伝い♡設計という顔からへーんしんって技術など敵わない左官職人さんきどりのもどきで塗るのですが、気持ち込めるぞ!!って職人さん達の姿勢見てたら背筋のびます。

朝一のレモン水飲んで寒さ吹っ飛ばして乗り切るぞ~♪

**********************ものぞいてみてください♪

♢お知らせ♢

今月開催した国産ハーブのリース作りワークショップが高砂経済新聞に掲載されました。

■住まいの設計はじめま専科

ひょうご木づかい王国学校にて毎週日曜日に開催しています。

詳しくはコチラをご覧ください。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

*******************

 

 

 

現場管理

確実にあるオーラ

私は、自然界の生物すべてにその個々がもつオーラがあると信じています。それは私たちの身近な暮らしの中で目に見えるものでも、数値化できるものでも、データーがあるわけでも何でもない現代ですが、もうすでに色で視覚化するとか、波動分野で研究されている、または実用されているということで十分説明ができるのではと思っています。

視覚で認識もできないし、波動をよめるわけでもないですが、自分の感受性で感じ取り、それを読み取らなくても言語化して表現することは努力したらできると思っています。

現場管理

自分のポリシーとは裏腹に今、寝込んでられないと市販薬に手を出してから2~3週間ほどずっとしっくりせず、引きずっていた自分の体調をしっかり整えていました。迷惑かけてもやはり体調がその時に整えてねと言ってるのであればやはり押さえつけることはしないほうがいいと痛感しました。身をもって体験です💦そんな反省の中、進行中の現場に足を運びお客様とお話ししてるとすごい気持ちが和みました。お客様のオーラ、現場のオーラが最高でした。心から感謝です。

現場作業中の秋田大工です。

築36年の家、これから長く過ごすリビング工事を明るくリフォームします。壁をめくるとでてきたのはしっかりした土壁、そして桧の柱。36年前のオーラに包まれています。いろんな家がありますが現場で感じるオーラはすべて違います。夫婦のカタチはいろいろありますが、大好きな心から尊敬するご夫婦です。秋田大工もとてもニコニコです。

私たち夫婦はというと、役割分担があって、私は現場は棟梁がしっかりと進行するのがいいと思っています。そうやって子どもの頃にみていたからかもしれません。今の時代でもできると思っています。棟梁が苦手とする女性的目線、暮らしの住まい手目線、そして、建築系のカタログは時間が許す限りずっと見ていられるほど大好きなので、ここで身に付いた情報をコーディネートすることは私の役割です。現場管理といっても、私と秋田大工とみている視線も違うし、合致することもあるしという具合ですがこれが自分たちで言うのも何ですが、役割分担としてうまくできているなと思うのです。夫婦だからこその強みです✌

工事中

そして、基本的に私たちは工事中は安全を考慮していますが、現場をいつでも見に来てもらっていいし、DIYご希望であればお手伝いすることもします。工事中はいつの間にか工務店サイド、作り手の仕事という風潮ですが、住む人が作業までしなくても見学して家がどうやってできていくか、また実際に自分たちで手間をかけてみるということも体験していただけたらと思っています。それは家は決して使い捨てでないからです。どのような工程であったか、またメンテナンスをするときはどうすればいいか、家とともに過ごしていく住まい手が家のことを知っているときっと未来へ形をかえながらでもつながっていくと勝手に信じているからです。

いろんな思いはあるけれど、一番は、工事中安全に段取り良く、そして工事後の暮らしが健やかに営まれるようにというところにフォーカスしています。

工事が始まるまでは、3歩中、0.5歩くらいしか引かない私ですが、工事が始まると秋田大工はじめ、職人様たちに3歩以上さがってついていきますというのが私のオーラかしら・・・

**********************ものぞいてみてください♪

♢お知らせ♢

 

■HERB WREATH作りワークショップ

お問い合わせはコチラ

詳細はコチラ

をご覧ください。

■住まいの設計はじめま専科

ひょうご木づかい王国学校にて毎週日曜日に開催しています。

詳しくはコチラをご覧ください。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

*******************

 

 

工夫

コストを抑えるには

人生の3大支出と言われるのが何かご存知ですか?老後費用、教育費用、そして住宅費用です。ここで気を付けなければならないのは、個人によってここの金額設定はバラバラです。これから住宅を取得しようとする年代は今までの世代とと違ってどんどん年収所得金額が減っています。それなりに学校で教育を受けてそれなりの大学に行ってそこそこ安定的なところに就職でなく就社して・・・という時代はとうに過ぎ去っていると私自身は実感しています。自分たちにとって本当に価値のあること、もの、ひとに投資するかのようにお金を使いたい。そうした中でできる限りコストを抑えたいというのも当然だと思います。

コストを抑えるとは何なのでしょうか?

例えば、お客様のリフォームプラン。建具のデザイン、見積もりです。ここでなんとか予算を抑えたいと思ってすることは、材料を安価にすることでも職人さんの手間賃を値下げすることでも何でもありません。むしろ私はそうしたことをするのは大嫌いです。材を落とせばそれなりのコストが後に帰ってくるし、職人さんの手間をさげようなど今の建築業界に自らもいながらあろうことか真っ先にそういうことをする人がいるようなものなら私はどんな人物であろうとハナから信用も信頼しません。では何をするのかというと工夫です。

工夫したいなら天狗にならない

オーダー建具。寸法は決まっている。細かい材や作りなどのおおまかな案を考えました。見積もりもしました。でももう少しコスト抑えたいとなるとどこまで細かい納まりを考えられるか。建具の世界なんてミリ単位でなくミクロン単位の世界。そしてそれをするとなると手間もですが、例えばどのような作り方、材の取り方でコストを抑えられるかという世界。ここが工夫です。常に勉強です。

そして私はインテリアコーディネーターであって、建具職人でありません。なので天狗にならずに職人さんに相談です。

懐石料理の世界と一緒です。私は懐石料理の料理人ではありません。でも、食べたことはあります。となると、見た目、食べる順番、季節ものの食材など目にして食して味わい、その味覚を堪能することはします。そしてその感性に感化されてインプットされ、自分なりにアレンジしたいと思ったとします。きっとその絵は描けるでしょう。ところが、その食材はどこでどのように仕入れたのか、料理人が何年がかりで体得した腕で調理するのか、また調理の仕方、基本は何なのか、仕込みや調理にかかる時間はどれくらいなのか、どんな道具を使うのか、これらを実際に試してみないことには詳細はわかりません。そういうことです。だから知りたいし、近づきたい。真似してみる。でも常に同じ世界ではないですよね。どの世界も基本ありきの応用ありまくり世界だからです。慣れて終わっていては進歩なしですね。それに、作ってもいない人間がいきなり頭がどれだけ切れようが、同等のものができるなんてことはないのです。

プランナー、コーディネーター、設計士、建築家なんて基本橋渡しだと思っています。作る人と建てる人とをつなぐための。そして作ったものと自然とをつなぐ。だからこそ、常に双方の理解に励みたいと思うのです。だから私は設計する立場として職人さんのいろんな面を見て学び血眼になって設計する眼と徹底的に自分自身も日々暮らしを営む主婦、一、人としての建てる人目線という眼を両目あるなら持っていたい。そういつも思います。

これなーんだ(笑)いつも工場はわくわくする!!話がおもしろいし、何でも相談できる心強い職人さんに感謝です。

建築の仕事の醍醐味。人の知の結集。最高に楽しい世界。

よし!血眼タイム。書いてみよう!!

*****************************

ものぞいてみてください♪

♦今月のイベントお知らせ

■デジタルミシン講習会

10月25日(水)13:30~16:00(要予約)

場所:ファブラボタカサゴ

詳しくはコチラをご確認ください。

■住まいの設計はじめま専科

ひょうご木づかい王国学校にて毎週日曜日に開催しています。

詳しくはコチラをご覧ください。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

♦カッティングボードのキット販売中

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。残4枚

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

*****************************

 

 

 

 

おかげさま

打合せ

家をこれから作りたいと願う人はどうやって設計士さんに自分たちの要望を伝えたらいいのかわからないと言います。設計士は要望を聞き出すために要望チェックシートなるものを基にする人もいると思います。私はこうしたシートは参考にしますが打合せの時は一切使いません。打合せの時は雑談8割くらいです。それでプランが出来上がります。ここには会話の端々にいろんな家づくりの希望や不安が入り混じっています。ただ、時折その中に熱くなる部分というのがあるのです。そこが本当の要望だと気づかされるからです。会話の端々にちらっと顔をだすように些細なことが引っかかるのです。これを要望ヒアリングシート化はできないです。

ただ、家づくりをこれからしたいと願うのであれば自分たちの要望をある程度伝えられるように準備しておくことは大切だと思っています。双方が歩み寄った時、コミュニケーションがより深まり、共有できることがあるからです。ここのギャップが少ないほうが家づくりという名目のこれからの暮らしづくりという点で暮らしやすさが変わると思っています。それはひょうご木づかい王国学校のスタッフとして「住まいの設計はじめま専科」で全4回にわけてお伝えしています。

暮らしをつくる

プランニングをしていていつも思うのは間取るのではなく、暮らしをつくるということです。そして、プロとして心がけたいと常に思うのは本人も気が付いてない理想の暮らしの部分。気が付いてないというか潜在的にはあるけどなかなか伝えきれない部分というところをくみ取れたらと私なりの目標があります。

目的はやはり健やかに心地よく暮らしてほしいという願いが強くあるからです。

リフォームの醍醐味

リフォームのプランニングの際は既存との関わり合いが問われます。現実的にどこまでするのが可能なのか、全てを新しくやりかえることがリフォームではありません。なので必ず問われるのはイメージをどれだけ共有してコミュニケーションが図れるかだといつも痛感しています。

お客様の人柄と希望、そしてこれからのこの部屋での暮らし方、今あるインテリアの雰囲気、こうしたことにお話ししながらふれていると、「これは生かそう」ってのが見えます。

予算をかけて触る必要なく、生かせるものは生かし、必要なことにしっかりと手間暇かける。小さなことまで目配りしてテイストやデザインを考えていく。こうしたことを仕事としてさせていただけることに心から有り難く感じて仕方がありません。それがすべてエネルギーになって没頭できる喜びまでいただきます。

おかげさま

それでも、今日ははじめ建具デザイン5パターンくらい思いついて悩みながら2案までに絞って建具屋さんに投げかけて見積もりしてもらって・・・お客様にどちらか判断してもらおうと思っていたら「もう秋田さん、決まってるやろ」って言われて・・・やっぱりこっちだろうなって思ってた要素をいう前に見破られました。人生の先輩は私よりもはるかに人を見る力が備わっています。こっちだろうな・・・と思いながら望まずに、こちらでいかがでしょうか。と気持ちよく言えばいいんだって逆に自信をもつことを教わりました。

お客様に私はいつも学ばせていただきながらお仕事させてもらえる幸せ。私たちみたいな吹けば飛ぶような首の皮でつながっている個人事業主ですが、お仕事をさせていただける有り難さ、そしてだからこそ全力でまっすぐ取り組む姿勢だけは誰にも負けないのだと胸をはっていいのだと。

それが私たちなのだと。私はすごい力がみなぎり、つくる専門の大工さんは慣れない打合せにお疲れモードでした(笑)この役割分担コンビがちょうどいいのかもね。熱いくらいワクワクする気持ちとクールダウンしながら冷静沈着に進めるコンビだと思うことにします。

今があるのは本当にいろんなおかげさまですね。

*****************************

ものぞいてみてください♪

♦今月のイベントお知らせ

■デジタルミシン講習会

10月25日(水)13:30~16:00(要予約)

場所:ファブラボタカサゴ

詳しくはコチラをご確認ください。

■住まいの設計はじめま専科

ひょうご木づかい王国学校にて毎週日曜日に開催しています。

詳しくはコチラをご覧ください。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

♦カッティングボードのキット販売中

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。残4枚

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

*****************************

 

 

ゴミになる家づくり

ゴミの行方

最近、解体現場をよく見かけます。古民家解体現場を目撃した時の解体現場は木材、竹小舞の竹、土、瓦、畳、建具や設備関係、細かくいうとタイルや木くずは石などもありました。こうした解体された現場からでた壊された家の素材はどこにいくかというと、リサイクルできるものはリサイクルにまわされます。

リサイクルできないと判断されるとさらに粉砕、焼却、中和、脱水、溶解など特殊な工程を経る施設にまわされますが、それでもリサイクルできないとどうなるかというと当然埋め立てられます。よく社会問題になるのはこうした産廃ゴミの埋め立ての時には大抵有毒であったりするので雨水や地下水で染み出さないようにと水を遮断するシートを敷きつめてから埋め立てられるとのことですが、このシートの耐久年数が50年もつのかどうかとか言われていたことがありましたね。

質問ですが、埋め立てられた土地に自分が食べる野菜を育てますか?例えばですがこの近辺から出る水を飲もうと思いますか?思わないですね。だから海の近くに埋め立てられ処分場ができます。海に流れ出るのもまた悲しいですね。

ゴミはお金がかかる

今、それぞれの自治体でゴミの出し方のルールがあると思いますが、ゴミをだすのにお金を払っていますよね。ゴミを処分するのはどんどんこれからお金がかかるということを私たちは知らないふりできないのではないでしょうか?

家もいずれは解体され処分場へといく日がやってくるけど、家の素材で一番お金がかかるゴミは何か知っていますか?石膏ボードです。しかも、クロスや左官材料がへばりついた石膏ボードはリサイクルできません。行く先は最終の埋め立てです。木材単品ならリサイクルできることもべちゃっと張り付いた断熱材がくっついた木材や防腐処理のために薬剤が注入された木材も同じく最終の埋め立て地にいきます。

そして、今、家はどんどんこうしたリサイクルできない素材となり寿命を経て解体されるときは大量の産業廃棄物として大金を支払って処分しないといけないのです。それは家に住む人が当然支払います。30坪の家なら解体すると100~120万かかると言われています。

循環型って?

性能にこだわり循環型ですと言っても、ゴミになる日が来る時は大金支払って処分する必要がある上に環境に負の遺産となって残してしまう埋め立て処分に行ってしまうのです。それで循環型、環境配慮といえるのかなっていつも私は疑問を感じてしまいます。もっと正直に目先はこうだけど、最終こうなりますまで教えてくれるところなんて少ないんだろうと、おそらく逆にこういうことを言うと「どうせ今の社会がこうなんだから、今の環境がそうなんだから」ってどうせ話からの仕方がないですむんでしょうね。そして嫌われるのでしょうが、嫌われても私は提案者としてはここまで話をする必要があると思っています。

これからは作る側、住む側、双方で考えていく必要のある課題だと思っているからです。

歩いて保育園までお迎えにいきました。帰り道、外壁がはがれ、土壁がむきだしになり木が朽ちている民家をみて、補修する必要があると思うのと同時に、このまま朽ち果てても時間をかけ土に還るのだと思うと、先人たちは自然という恵みに対して感謝を忘れてこなかったんだろうと思ってしまいます。

今、快適に過ごしても子どもたちにバトンタッチする時に解体処分費なんてきっとどんどん値上がりの傾向に走る世界なのにお金もかかる、環境に負荷もかけるではなんだかな~って思ってしまいます。狭い日本で埋め立て処分場作り続けることに貢献したいとは私は思えないから・・・でもこういう問題って大きすぎてびっくりする。だからこそ、たかが一個人でも「こういう現状だけどどう思う?」「こういうふうにしてみたらどうかな」「これならできそうだね」って話ができる自分になろうと思うのです。

*****************************

ものぞいてみてください♪

♦今月のイベントお知らせ

9月は10月開催予定のファブラボタカサゴでのデジタルミシン講習会に向けての準備のためワークショップを行いません。10月以降、お知らせできるように準備していきますのでよろしくお願いいたします。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

♦カッティングボードのキット販売中

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。残4枚

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

*****************************

 

ほどよい距離

縁側

保育園から帰ってきたらまずは夫の実家へただいまと行く子ども達。私も晩御飯までのつかの間の時間を子どもたちと過ごす時間です。夫の実家は夫のおじいちゃんの知り合いの大工さんが建てた家だそうです。西面には窓はひとつもなく、6畳、8畳の二間の畳の部屋の南面には縁側があります。今の季節風が通って最高に涼しいです。

ほどよい距離とは

ほどよい距離を保つって私はあると思っています。人と人のコミュニケーションも同じで、パーソナルスペースというのがあって心地よい距離感というのがあります。自然の中にいてもありますよね。髪の毛がなびく程度の風を感じるのは心地よくても息がしにくいほどの強い風だと苦しいです。自然界と建築とは憑かず離れずほどよい距離感を保ちながら共生をはかっているのではないでしょうか。

ちょとラフすぎる絵ですが、言葉にするより説明しやすいので・・・

家をすぱっと断面にしたらね。外にはいっぱいいろんな恵みがあるわけです。季節によって太陽の高さもあるけど、いわば自然エネルギーですね。夏は庇や軒があることで暑い日射をやわらげるけど冬は部屋の中まで光や熱を届けてくれます。窓はいろんな通り道になります。自然のエネルギーを上手にとりこむように縁側はこの中と外の縁を結ぶみたいな役割があって、ただの建物の縁(へり)という意味だけではないと思います。

シングルガラス(ガラス1枚)の窓は日射も冷気も防ぎきりません。でも、この縁側があって、障子などでまた一枚建具をしめると障子の紙が今度はクッションになり中と外の縁をうまくとりもってくれていますね。

こうしてほどよい距離、心地よい関係性を保つための距離をうみだしている縁側ってまるで橋渡しみたいな役目に思います。

でもね、狭い日本でちゃぶ台生活でなく椅子に座る生活スタイルに変わると、テーブルにソファに・・・家具を置くスタイルになってくると空間に広さが必要です。

広さを優先して縁側をなくしてみたら・・・

外と中の距離は近くなったのですが、そうすると窓の性能を高めないと寒さも暑さも遮られないから、どんどん高性能の窓がでてきています。今ではペアガラス(2重ガラス)の窓が主流です。断熱しようぜ、紫外線カットしようぜ、ガラス代けちったら結露だぜ・・・みたいな。

保ち、つなぐ

高性能を追求することをするのであれば、私はそこだけに固執せずに物事をみたいと思います。温故知新。ここを忘れたくないのです。窓廻りの提案の時には単に高性能にしましたとか、今の主流ですとかそういう問題でないから。必ず自然と建物の縁をつなぐところだと思うから、まずはほどよい距離感をどううみだすかを考えています。縁側があってもなくてもね。性能だけでみたくないって私のスタイルなだけだけどね。

鈴虫の声ききながら、目の前のお手紙にほどよくリラックスさせていただきながら♡

ほどよい距離ってうまく言えないけど縁をたもつ、縁をつなぐことだねと思いました。

 

*****************************

ものぞいてみてください♪

♦今月のイベントお知らせ

9月は10月開催予定のファブラボタカサゴでのデジタルミシン講習会に向けての準備のためワークショップを行いません。10月以降、お知らせできるように準備していきますのでよろしくお願いいたします。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

♦カッティングボードのキット販売中

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。残4枚

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

*****************************

 

ゴーカート製作

パース図

2か月前に送られてきたドリルドライバーを動力にして走るゴーカートの動画と共に製作ご依頼がありました。動画を見ながら、実際に作るとなると手に入るパーツを探してまずはパース作成。納品は8月18日までということでした。

バトンタッチ

秋田大工の出番。変わった依頼でしたがおもしろがってました。あらかじめ材料をそろえておいて後は自分の身の空いた時間に作業開始状態でした。一番うずうずしていたのは大志です(笑)昨日と今日と作ることを知って今日は朝から秋田大工と作業場まで出勤していました(笑)

試運転中。

アクセルとブレーキ、そしてハンドル操作。なかなか上手ですし、まこは一切興味持たないのにやっぱり男の子だな~って思いました。

YEG TakasaGO納品

右の後輪と触れさせているドリルの動力にワイヤーを接続してアクセルをふむとスイッチONで走ります。回転を逆モードにするとバックもできます。アクセルをはなすと走らないけどブレーキもあります。

ブレーキを踏むと左の後輪をおさえる板が働いてとまります。

ハンドル操作は前輪で。実はハンドルはフリスビーです。

バックシートもこうしたのが売っているので取付ただけというシンプルな造りのゴーカートを今日はお届けに行きました。

加西で開催されるドリルカート大会にでるみたいです。ということは一応レースカーですね♪

今日納品させていただきました。

家族で楽しませていただきました。おもしろいご依頼ありがとうございました。

******************************

♦EVENT

☆高砂あきんどゼミナール☆

【ミニチュア屋台作り】

8月20日(日)、27日(日)13:00~15:00

at:ファブラボタカサゴ(サンモールタカサゴ東館2F)

パーツを組み立ててミニチュア屋台神輿を作ります。
対象:小学生 6名まで 満員御礼 受付を終了しました。

詳細、お申し込みはコチラ

 

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

夏休み目前!お子様と一緒にお片付け見直すきっかけにしてください。私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦カッティングボードのキット販売しています。

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。残4枚

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

 

♦家づくりへの気持ちが芽生えたら・・・

   自分たちにはどんな家が向いているのか?整理しませんか?
 家づくりに関する情報収集をする前にまずは自分の内なる想いをまとめてください。情報収集に役立ちます。
 BASEシート無料作成します。
家づくりのことお気軽にご相談ください♡

時をつむぐ

ダイニングテーブル天板塗装

20年家族とともに過ごしたダイニングテーブル。天板の傷もあめ色に変化して年月を感じました。子どもたちが独立し、これから新たな暮らしがはじまる節目にあわせて天板を綺麗にしたいとお話をいただきとても嬉しかったです。

スペイン製パイン集成材の天板。丸天板ですがスライドさせて真ん中に普段は収納されている天板をはめて広げることもできます。20年の時を経てこのスライドさせた時のストッパーとなっている木材がおれていました。広げて使う時に使う収納されていた天板は普段使っている天板と色味が異なっていました。今は広げて使う機会が減ったとは言え、子どもたちが帰ってくる、お客様をお迎えする時には使えるようになったらいいなと感じました。

お色直し

ウレタン塗装がしてある天板の表面をきれいに削り新たに塗装を施すという修繕内容ですが、塗装の違いがあることを簡単にお伝えさせていただきました。

 

ウレタン塗装

木の表面にウレタン樹脂という薄く透明な膜を作る塗装方法です。 膜を作るので汚れやしみがつきにくいですが、木の呼吸は妨げられますので木の風合いでなくプラスチック樹脂の膜に触れることになります。化学物質を多く含みますが木の割れや反りは少なくメンテナンスもしやすい点があります。劣化してはがれてくると自分でメンテナンスは難しいです。

オイル塗装

オイル仕上げは木の表面に植物油を塗りこむ方法です。木の呼吸は妨げないので表面に触れても木の風合いが楽しめます。有害な化学物質は少なく、使うほどに味が出ます。塗膜がないのでシミや汚れはウレタン塗装よりつきます。また使い方によりますが数年に一度はオイル塗装をする必要があります。メンテナンスは自分で簡単に再塗装ができます。

ダイニングテーブルの天板ですので、お手入れ性や質感の好み、生活スタイルの変化などいろいろ考慮してお選びいただけたらと思います。

上記をお伝えさせていただいたうえでオイル塗装仕上げとなりましたが、オイル塗装でも種類さまざまですのでサンプルを作成して見てもらいました。色味だけでなく、成分、触れた時の質感、お手入れの仕方などありますので・・・

そしていよいよ作業開始です。

まずは秋田大工が丁寧に天板を削ります。天板の素地が綺麗にでました。

ここにプラネットカラーの塗料をよく攪拌し、刷毛で丁寧に塗り伸ばします。その後、ウエスで丁寧に拭き取り仕上げていきます。24時間乾燥させたら、撥水効果を高めるためと少し艶がでるようにクリアオイルを同じように塗ります。

程よい艶と綺麗な色味に変身しました。

これならテーブルの脚、椅子、お持ちの家具の雰囲気にもあうと思い私も納得いくまで塗り仕上げしましたが、お届けしてお客様の反応をみるまでは緊張です。

塗装方法が違う上に、20年の時の中に入っても違和感なく納まりましたし、お客様の反応をみてほっとしました。

壊れていた部品も秋田大工が見事になおしました。

時間が違うもの同士をマッチさせるのは素材力が問われます。まさに時をつむぐ感覚です。それでも違和感なくなじむのが自然に近い素材の魅力でもあると私は感じます。

これからは今までの時を思いながらもお色直しでうまれかわった天板を拭いていただくことでさらに味がでてくるのが楽しみです。

この度はお仕事させていただき本当にありがとうございました。

*********************************

♦EVENT

☆高砂あきんどゼミナール☆

【ミニチュア屋台作り】

8月20日(日)、27日(日)13:00~15:00

at:ファブラボタカサゴ(サンモールタカサゴ東館2F)

パーツを組み立ててミニチュア屋台神輿を作ります。
対象:小学生 6名まで (残り4名)

詳細、お申し込みはコチラ

 

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

夏休み目前!お子様と一緒にお片付け見直すきっかけにしてください。私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦カッティングボードのキット販売しています。

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。残4枚

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

 

♦家づくりへの気持ちが芽生えたら・・・

   自分たちにはどんな家が向いているのか?整理しませんか?
 家づくりに関する情報収集をする前にまずは自分の内なる想いをまとめてください。情報収集に役立ちます。
 BASEシート無料作成します。
家づくりのことお気軽にご相談ください♡