4グリッド

ゆとりをうみだす

母が仕事をするという事は、まず、家事が自分なりにある程度OKがだせる状態にしておくという礎があってこそ働けるということがあるように思います。何故だか、まだまだ女性の役割のような傾向にありますよね。夫や家族と協力体制をもつ、子どもたちのご飯の時間や献立を考えておく、洗濯をする時間、掃除をする時間、お迎えの時間、行事ごとの準備、自分以外の家族のスケジュールや今取り組んでることの把握などめいっぱいあって、まさに両立してこなしていく必要性がでてきます。帰ったら、晩御飯がスムーズにできたら、洗濯がぱっと片付いたら、イレギュラーなことにも対応できる片付けがさっとできたら・・・なんて気持ちがいいって、生み出される時間までできるとそれがそのまま余裕となって心にゆとりがもてます。私も日々その奮闘の繰り返しです。そのたびにオーガナイズというお片付けの仕方の出番です。

買い物4グリッド

私は今では食材などはスーパーに買い物にほとんど行きません。自然派コープの生協とあわせて、他にもほぼ宅配で曜日を決めて食材を買っています。日用品などは買い物に行きますが毎日行くことはないですし、まとめ買いをするので2週間に1回行くか行かないかの時もあります。私は買い物頻度が多いものに関しては自宅に届くというスタイルを確立してきました。そうすることで節約にもつながりましたし、何より安心できる食材が届くことで生み出せる時間がめいっぱいできました。今では食材の把握もばっちりですし、無駄がなく管理もしやすくなっています。

日々の買い物でもオーガナイズという思考の整理はおすすめです。オーガナイズという方法では4グリッドで分割する方法があります。私の場合はこんな感じです。

①左上:緊急度も重要度も高い定番のもの

②右上:緊急度は低いけど、重要度は高いのが①、③、④に当てはまるセール品など

③左下:緊急度は高いけど、重要度は低いのが、試してみようと買ってみるもの

④右下:緊急度も需要度も低いけど、予期せず出会って買うもの

こんな感じです。

こうして分類してみるとどんなものがどこにあてはまるのか思考が整理できて、だいたいの予算を決めた中でやりくりするという感じです。常に意識しているというよりかは、自然とやっていることを俯瞰してまとめてみただけです。それだけで、整理って難しくなく自分にあったやり方でできるんです。おもしろいですよ~(*^_^*)

4グリッドという分類の仕方、何にでもあてはまるので是非やってみてください。面白いほど俯瞰できます♪

**********************ものぞいてみてください♪

新年あけましておめでとうございます。本年度もよろしくお願いいたします。

この画像は現在、ホームページ作成でお世話になっておりますゾロアスタの高橋ご夫妻が新年バージョンにと作成してホームページのトップ画像を編集してくださいました。ホームページに訪れる人の目線での作成としてご尽力いただき、私たち夫婦は信頼しておまかせさせていただき、またこうしたサポートをしてくださっています。

新年早々から本当にありがとうございます。今年も感謝からのスタートになりました。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

*******************

 

子どもの作品の片付け方

子どもの作品

川沿いで最近鳥をよく見かけます。釣りをしているオジサンたちもいます。何が釣れるのかな?と私たちは通り過ぎるだけですが、子どもたちは鴨が連なって泳ぐ姿に興味津々です。

家に帰るとハサミ、のり、紙、折り紙では満足できずに私に私のマスキングテープコーナーに目をつけられてしまいました。💦

デスクに置いているテープコーナー・・・マスキングテープは便利なので私もついついかわいいのを見つけると手に取ってしまいがちで、よく活用もしています。

子どもたちはどこに何があるのかよく見ていてびっくりします。

そして、何やら作り始めて、またまたハンカチコーナーからひっぱりだしてきて綺麗に並べて「おかーちゃん。みて。鳥さん泳いどーで」って・・・

あちこちぐちゃぐちゃですが、何か一瞬で気持ちがほころぶ瞬間です。

子どもの作品の片付け方

私、捨てれません。動かせません。こうしたのを見ると大事に置いておきたくなります。でも、毎日のように大量の作品をつくる子ども達ですので全て保存などできません。そこで、私なりに子どもたちと一緒にどうやって片付けようかオーガナイズ作業です。

まずはとにかく置いておく。それは気持ちの整理の為です。すぐには手放せなくても日々生み出される作品は常に更新されています。なので、日が経つと、バージョンアップしたものがえきていたりします。ただ、手放すか手放さないかは私の決めるところでなく、子どもたちが決める所です。

これは床から50㎝、60㎝の高さの位置にある棚板です。ここに空き箱をセットして、バラバラの折り紙や紙類、画用紙の切れっぱなしなどがめいっぱい入っています。この高さは子どもたちにはちょうどいいゴールデンゾーンです。なので「紙頂戴、折り紙頂戴、お絵かきしたい」と言われてもここを自分たちでとって自由に遊べるように配置しています。

そして、ハサミで切り貼りした作品も保育園から持ち帰った作品もいったんここにぐちゃぐちゃ~と入ります。

ここがあふれてくると、できる時は子どもたちと一緒に見直します。私が一人で判断する時も今はまだありますがいずれは子どもたちにあふれたら見直すをしてもらおうと考えています。

子どもながらに作った作品でも「置いておく」というのもあれば、反応なしのものもあります。「置いておく」と言ったもの、私が置いておきたいものの次の行き場所は大きい空き缶の中です。

ここにある程度保管です。私は空き箱や紙袋など使えるのは置いておくタイプで、100均でプラスチックの箱を買ってくるのがあまり好きではありません。かさばるし、変に場所とるので、ここはというところくらいしか買い足すことは滅多にありません。それで十分いいと思えるからです。

見た目にこだわる右脳が利き脳になる人は揃えておきたいという美的センスが働くのでこの方法はあてはまりにくい場合があると思います。

後は、子どもの作品、写真、お帳面などなど今は全く手放す気持ちがない子どもグッズは別の棚の足元の段に収納コーナーを設けて置いています。ここもたまには手に取ってみて楽しむのでこんな感じです。

こうして丸見えが嫌な場合はカーテンのように布で覆い隠すなどすればOKだと思います。

子どもの作品の片付け方ひとつとっても千差万別ですのであくまでこれは私のやり方です。

定期的に見直しもします。

ただ、「あいさつ」「へんじ」「あとかたづけ」は基本中の基本や。と祖母と母から教わり育った私ですのでやはり「かたづけ」というのは基本だと思ってしまいます。社会に出ても段取りやかたづけってなんにでも通じるなと今更思うことが多々あるので、子どもたちにも私は同じように「あいさつ」「へんじ」「あとかたづけ」だと同じように伝えたいという親バカ心と親心がでてきます。

それにしても「おかあちゃん、お花好きやろ」ってマスキングテープをもとめてきたのかと思うと、触られたくなくても差し出す私です。いいなり~~~だね(笑)

**********************ものぞいてみてください♪

♦今月のお知らせ

■ミニチュア屋台 屋根野地板作りワークショップ

8月に開催したミニチュア屋台作りワークショップ参加者限定ですが、見学は自由です。ファブラボタカサゴ内にデーターを無償提供しています。子どもたちが作れるように工夫をした作りを心がけております。ご興味のある方はお立ち寄りください。

日時:11月26日(日)13:00~15:00

場所:ファブラボタカサゴ(サンモール東館2F)

■住まいの設計はじめま専科

ひょうご木づかい王国学校にて毎週日曜日に開催しています。

詳しくはコチラをご覧ください。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

♦カッティングボードのキット販売中

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。残4枚

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

*******************

 

 

 

 

時間のオーガナイズ力がつく

時間のオーガナイズ

予定を手帳に記すとき、私は主に1週間単位で決めるようにしています。一週間の予定を確認してから、①自分が今やる必要があること、②すぐにはやらなくてもいいけど自分にとっては大切なこと、この2項目に分類したことをどこにあてはめていくかを決めています。調整ができるように詰め込まないがモットーです。

私は母ですので、家族のスケジュールも盛り込む必要があります。そしてその予定をこなすことが第一優先です。仕事よりもです。時に仕事の予定を優先させることがあるときは家族の協力が必要不可欠です。協力体制が取れないときは仕事の予定はいれません。柔軟に対応はしますが自分の中でぶれない軸があります。

子どもとの時間

自分の中でよっぽどでない限り基本的に夜は出歩きません。子ども達が保育園に行っている間が私の仕事時間です。そして寝てからがまた私の仕事時間です。それでもどうしても夜の時間に仕事があると、当然子ども達との時間が少なくなります。そうすると決まって子ども達からの反応があります。慣れてもらうこともあることはありますが、子どもたちの様子をみながら何をするか決めています。だから余計に私にとって、ここを削ってでもする仕事はしっかり努めようという気持ちに自然となるのです。

子ども達にあわせると私が費やせる時間は限られますので、この限られた時間内に今日やること、今日やる必要はなくても大切に取り組んでいることは勢いでやりきることができます。自分でこれを母親パワーと思っています(笑)

お手伝い

最近、何も言わなくても子どもたちがお手伝いを率先してやると言ってくれます。正直言うと、私がやるほうが早く終わるし、二度手間になることもあります。だけど、「やりたい」には必ずつきあいます。これも私のポリシーです。

自分で洗い物をしはじめます。

洗濯ものをたたむのもやろうとします。

季節の変わり目で気管支の調子がちょっと怪しい子ども達。自分でジュース作り勝手にしています。柑橘系果汁(写真はシークワーサー)を水で割ってスプーン1杯の蜂蜜をいれて作るだけのジュースです。我が家では定番です。

お客様にいただいたお味噌を使おうとするとちゃっかり味見してました(笑)

私にとっての時間のオーガナイズ(お片付け)は子ども達との時間がありきです。

でも・・・今年もはじまった💦

来月の祭りに向けて太鼓の練習が始まり、太鼓の音が響いて聞こえてきます。

いてもたってもいられない大志は晩御飯をピカピカに食べて「おかーちゃん。行くでー」って外へ飛び出していきます。目の前を駆け足で誘導してくれます。

もしかして・・・これから毎晩こうなるかも💦

必殺母親パワーでの時間のオーガナイズは常に磨かれている気分です。

*****************************

ものぞいてみてください♪

♦今月のイベントお知らせ

9月は10月開催予定のファブラボタカサゴでのデジタルミシン講習会に向けての準備のためワークショップを行いません。10月以降、お知らせできるように準備していきますのでよろしくお願いいたします。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

♦カッティングボードのキット販売中

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。残4枚

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

*****************************

天才は片付け上手

うわべ

おもしろい記事を目にしました。

天才たちは部屋が散らかっているみたいな記事です。その記事はコチラです。

画像をお借りしました。

スティーブジョブズの部屋

パブロピカソの部屋

そして、これは以前何かでポールスミスの部屋の記事を目にしたことがあったことを思い出し、検索して画像をお借りしました。出典元はコチラ

私からみたら、「片付いている♡」なんですけど。

片付けるとは何か

よく勘違いされていると思うのですが、①整理、②収納、③整頓、④片付け、これらはすべて意味も行動も違います。そして片付けるということはこの①整理、②収納、③整頓というステップをふんでこそ④片付けるなんです。

スティーブジョブズは、家具を買うのもこだわりがある人だと逸話があるそうです。①整理の段階で自分にとって必要であるもの、そうでないものの分別をするということにシビアだったということです。

ピカソの写真をみても、例えば②収納という点でみると使いやすいところに使いやすく置いてあるとみてとれます。

ポールスミスの写真を見て思うのは、この雑誌や書籍の量ですがおそらく、彼なりの整え方で整頓しているとすぐ気が付きます。

片付けるとういうのは、物の把握ができているか、そしてものを生かしているか、ということがベースでちゃんと物がもとに戻っているかのことです。

何番目の棚というようなスペシフィックは場所という定位置なのか、それとも自分のデスクという定位置なのか、あるいは部屋一部屋という定位置なのか(空間面積)の違いがあっても、モノが元に戻っているかどうかです。

そして私にはこれらの写真を見ただけで、おそらく必要なものがさっと取り出せる状態になっていると感じることです。

天才といわれるのは

誤解してはいけないと思うのは、物の量や物の散乱の仕方や巷の片付け本などで綺麗な写真のようにシンプルな空間、おしゃれに見せている空間のようなことを片付いた部屋ということではないという事です。一般的に人が把握できるものの量というのは個人差が大きくあります。

自分がもっている服の量は何着でしょうか?全ての数を把握していますか?ぱっと思いつくだけでも、着る服と分類したところで何着でしょう?個人差ありますよね。では冷蔵庫やパントリーにどんな食材がどれくらいの量ストックされているか把握できていますか?では、本は何冊あって、自分にとって本当に必要な本は何冊あるんでしょうか?

物の数の把握も、物の種類によって違うでしょう。また、例えば本も横積みにしておくか縦置きにしておくか、服も吊るすのか、たたむのかなんて使う人の利き脳や行動パターンによっても全く変わります。

天才と言われるのは、片付いていない部屋なんかではありませんよ。片付いていますよ。彼らは彼らの仕組みを知らず知らず作りながらすべてのモノを把握できていることでしょう。本が横に積まれていようと片付いていますよ。

というのが私の写真の見方です。

どうみても、彼らによって認められたものがここに集まっていると思いませんか?

つまり彼らの聖域ですよ。きっと。

あふれたものの把握もできずに、「あれどこやったけ?」「やろうとしたことができない」「その辺において紛れ込み、どこにいったかわからなくなってまたモノを足す」「探すことに時間を費やす」みたいなことであるならそれは片付いていないですよね。

結局何かを生み出すことでなく、時間をロスする、やろうとしたことができないなんてことになるなら①整理からの見直しがいると思います。個人ならまだしも、誰かと共有するところであるならなおさら片付けておくという仕組みは思いやりの一つであると思っています。

彼らの写真をみて、やろうとしたことができないなんて印象を私はもちませんでした。

オーガナイズというお片付けはそういうことです。まずは主体性を見直してから整理するところからです。

置き方、物の魅せ方、棚の配置などまで気を配りたいならそれはもうインテリアコーディネートですよ~。

 

*****************************

ものぞいてみてください♪

♦今月のイベントお知らせ

9月は10月開催予定のファブラボタカサゴでのデジタルミシン講習会に向けての準備のためワークショップを行いません。10月以降、お知らせできるように準備していきますのでよろしくお願いいたします。

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦家づくりへの第一歩!

   家づくりが楽しくなる!べーすしーと無料作成します。

♦カッティングボードのキット販売中

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。残4枚

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

*****************************

 

60歳からのお片付け

60歳

定年退職をむかえ第二の人生として過ごす方が多い世代。一昔前とはまた違う自分の軸もあるように接する機会があるとお話ししていて思います。自分自身の信念のような。私のようにまだまだあれこれ悩む世代にはあたたかく励まされることも言葉の端々に感じます。私は目上の方に学ぶことがこの上なく身になります。ところが、精神面とは裏腹に身体的な悩みがあるようです。これは自然なことだからと受け取りつつも健康管理も何が必要か、何が足りないかも自分でわかっているように思います。

お片付けステップ

どの世代においても一つ言えることはお片付けの基本となるのは「主体がだれか」ということです。子供部屋を管理し維持するのは母親の仕事でしょうか?離れて過ごす親の家の片付けは子供世代の仕事でしょうか?違いますよね。自分のことは自分でする。もよおしたら自分でトイレに行くのと同じです。できなくてもその人の様子をまずききますよね。自分の都合でなんてコントロールしませんよね。例えが変ですね(汗)でもね、そういうことです。個人の利き脳のような思考癖や行動パターンはそれぞれ違いますが、ある程度世代にあわせておさえておくべきポイントはあります。

60歳からのお片付け

減らす

どんな家で過ごしたいか。プラス、どういう最後を迎えたいかということも視野にいれるのが60歳からのお片付けです。死後の世界にモノを持っていくことはできませんよね。モノにあふれているのを何とかしたいのであれば、減らす作業は必要です。減らすにも気持ちの整理をしながらしないと後悔しますので慎重に行います。完全に手放せないなら無理に手放さなくていいですし、手放す先を見つけることも減らす作業の一つです。

整理する

分類して整理する仕方は様々です。衣類をたたみたいのか、つるしたいのか、本は立てるのか、横に置くのかとかのやり方は利き脳や行動パターンから見出せます。整理するやり方や収納グッズの活用は様々でも、「忘れない、探さない」工夫は必要です。今後の身体的なこともふくめて、一目瞭然にしておく仕組みや軽量化、配置する位置も行動する範疇にしておくことがラクになる一歩です。また経験値があることは仕組み替えする必要はありません。むしろ、自分の行動にあわせてセットにする分類のほうがすっきりまとまります。

維持する

モノを減らし、整理をしても維持できなければリバウンドするし、慣れても暮らしにくさを感じることになります。シニア世代は暗記記憶はすすめません。「ラベリングしてあそこに置いているからね~」って一見わかりやすいようにしてしまうことでなく、その人の持っている経験記憶にあてはめる方法のほうがおすすめです。体にしみついた習慣からの記憶で動くほうが苦でないからです。私たちも体で覚えたことは染みついていますでしょう。同じです。なので劇的Before、Afterのようなお片付けは不向きです。劇的Before,Afterのような期待値を持たないことを子供世代はしておくことをすすめます。

主体から理解してすすめます

身近な物と向き合い片付けることはそのモノに気持ちが入れば入るほど難しくなります。誰だってそうですよね。モノのない時代を生きてきた世代からすればもったいないからとっておくこともまた、苦労してきた経験があるからですし、必ずモノに付随している何かがあるのです。だからそれをゴミのように扱われると頑なになってしまいます。ここを理解することはとても大切です。

親の片付けに困っている。とか、こんな人生の最後をむかえたいから今どうやって片付けておこうという悩みは内に秘めずに全国にいる片付けのプロ、ライフオーガナイザーに頼んでみてください。

私もライフオーガナイザーです~(笑)

下記のお片付け診断も一度気軽にしてみてください♪

*********************************

♦「夏をむかえる」ワークショップOPEN

スペシャル講師はサードメディスンプロジェクト認定アドバイザー 三木和美さま

♢ワークショップメニュー

ワークショップ参加費・・・300円 ☆ワンドリンク(ハーブティー付き)

下記の中から好きな内容をお選びください。複数お選びいただけます。

♢サードメディスンチェック 15分

※サードメディスンとは8種のアロマの香りを好きな順に並べるだけで体質、体の不調、性格などの状態がわかります。自身の体調の整え方を知るための食べ物、健康法、必要な香りなどお伝えします。

♢虫よけスプレー作り 50ml ・・・500円

※お子様にも安心のオイルを使います。

♢除菌スプレー作り 50ml ・・・500円

♢消臭お掃除パウダー ・・・500円

date:6月17日(土)10:00~12:00

at:ファブラボタカサゴ 高砂市栄町東館2F

国産い草畳のキッズスペースあります。お子様と一緒にご参加していただけます。

夏の暮らしを健やかに過ごしていただけるワークショップです♡

お問合せコチラ or Facebookページからお願いいたします。

 

♦お片付けタイプ診断 是非チェックしてください♡

衣替えの季節ですね。お片付け見直すきっかけにしてください。私ってどんなタイプ?簡単アドバイス付き診断です。自分のタイプを知ることからお片付けはじめてください。

お片付けの悩み、収納の仕方など無料相談受付中です。お気軽にお問合せ下さい。

♦カッティングボードのキット販売しています。

ヒノキ、カラマツ、コエマツの中から好きな樹種をお選びください。

蜜蝋ワックス、ウエス、お手入れについての説明書付き

ファブラボタカサゴにて2,000円で販売しています。

好きなイラストや文字をレーザー刻印してオリジナルの一枚に仕上げてみてください。ファブラボには木工工具コーナーもありますので他にも穴あけなど加工もできます。

 

♦家づくりへの気持ちが芽生えたら・・・

   自分たちにはどんな家が向いているのか?整理しませんか?
 家づくりに関する情報収集をする前にまずは自分の内なる想いをまとめてください。情報収集に役立ちます。
 BASEシート無料作成します。
家づくりのことお気軽にご相談ください♡

 

バトンパス

帽子

小さい子ども用の麦わら帽子です。どこにでもありそうな普通の麦わら帽子です。実家の片づけを少しづつしていてでてきたこの帽子はお母さんが内側に私たちの名前を書いた形跡が残っているし、うっすら想い出も残ってるし、手入れも保存も丁寧で綺麗に残っていました。私たち姉妹が小学生頃にかぶっていた帽子です。妹が2人目の女の子を産んだとき、片付けながら自然とこの帽子は姪っ子たちが次かぶれるなって思いました。帽子の次の行先です。

入学にあたって

妹の2番目の子があっという間に1年生です。小学生になって少しお姉さんになります。自分のことは自分でということもこれからどんどん身につけていくでしょう。あなたたちのおばあちゃんが大切に保管していた帽子だよって。きっとくるかわからないこんな日に渡したかったんちゃうかな?って勝手な私の判断ですが。

姪っ子三姉妹。私たち三姉妹の時の帽子がそのまんまぴったり♪お母さん。タイムスリップしたみたいじゃない?なんて(笑)

大切にしてくれていたから

私のお母さんは年に一度お正月用に着る新しい服を年末に買うことを楽しみにしてました。いつもよりちょっとおめかし用にクリスマス前にみんなで百貨店に行って。お母さんにとっては楽しみの行事だったんだろうなって今は思います。私も楽しみの時間でした。お母さんの影響で私は今でもファミリアは大好きです。成長して着れなくなっても綺麗にお手入れして大切においていてくれたから。それにやっぱり質も縫製も全然違う。片付けしてでてくると懐かしさとやさしさがこみあげてきます。眠らしておくよりは活用してその姿をみせたいな。姪っ子や娘たちの好みにもよるので出番があるかわかりませんが、大切に保管していてくれたから時々チェックしてます。

目に見えなくても私の中で生き続けています。お母さん62歳のお誕生日おめでとう。いつも見守ってくれてありがとう。お母さんがくれためいっぱいの愛情は娘たちにも伝えていきます。

改めて

私は片付けって捨てることでないってお伝えしています。ライフオーオーガナイズ的お片付けの仕方は捨てることでないから。理解するところからだから。そして主体性ありきだから。暮らしの中は整理整頓、片付けることの繰り返しでもあります。だから単に見栄えのいい収納法とかよりもいかに暮らしに添えるかというところは今後も大切にしていく姿勢は変えません。すべては自分の経験や想いがべーすとしてあるから。インテリアコーディネーターとしても同じです。健康ありきというところを満たしながら、暮らしから見つめる家づくりを今後もプランニングしていきます。

**********************

♦ファブラボタカサゴOPEN!!

毎月1回 土曜日 「親子で楽しめるワークショップ」開催

第1回 4月29日(土)10:00~
オリジナルカッティングボード作り
カッティングボードに焼き鏝で焼き印もOK
レーザーカッターでイラストなどを刻印もOK
仕上げは蜜蝋やオイルを塗りながら参加者同士ワイワイおしゃべりしながら仕上げていきます。
数に限りがございます。予約優先とさせていただきます。
ご予約、お問い合わせはコチラからお願いいたします。

♦家づくりへの気持ちが芽生えたら・・・

   自分たちにはどんな家が向いているのか?整理しませんか?
 家づくりに関する情報収集をする前にまずは自分の内なる想いをまとめてください。情報収集に役立ちます。
 BASEシート無料作成します。
家づくりのことお気軽にご相談ください♡