なつかしいパン

10年以上前から・・・

私、神戸、三宮にいく機会があったら必ず寄るところがあります。

さんちか7番街にあるハウネベーヤというパン屋さんです。お店は小さくて、通り過ぎてしまうような感じですが、いつ行っても変わらずある玄米パンと十五穀米パンが嬉しいんです。

大学入学して間もないころ、出会ったパン屋さんです。玄米パン、十五穀米パンを買って、美味しいなぁ~。やさしい味だな~。って感じたことが忘れられず残ったんですね。玄米パン、十五穀米パンを選んだのは、「お米がパンなら腹持ちするかも」という理由でした(苦笑)

もともとごはん派であまりパンを買って食べることがなかったのですが、(パンはすぐにお腹がすくから貧乏時代には、パンは痛い出費でした。)

動機はともあれ、食べた時にパンが美味しいって思った出来事だったんです。単にパンが久しぶりだったからかもしれませんが・・・

美容学校に通いだした妹が神戸に来た時に、「ここのパン美味しいねん」ってせっかく神戸に来たから、この感動を分かち合いたいと食べてもらったら、

「まぁって昔からおばあちゃんみたいなん好きよな」

としれっとばっさり言われてチャンチャンって気分だったこともあります(笑)(おねーちゃんと呼ばれず、まぁと呼ばれています)

(これは、おばあちゃんみたいなのか???)

それでも三宮に行ったら、玄米パンと十五穀米パンを買うのが楽しみで、変わらない味が嬉しいのと、そして、貧乏時代に出会った忘れられないパンだから今も食べられることの感謝を思い出すんです(笑)

今では・・・

先月、住宅ローンアドバイザーの試験で三宮に行った帰りにもやっぱり寄りました。

いろいろあるけど選ぶのはやっぱり玄米パンと十五穀米パン。

今では、夫の両親にもお土産にします。まとめて多くを買うことはしません。明日の朝に食べる分だけ。

朝食にだすと今は子ども達のおかげであっという間に私の分がなくなります。

たまにの楽しみが味わうどころか、噛みしめるどころか、堪能するどころか、一瞬で目の前からなくなるんです。

一つを食べるどころか、一切れを食べられるかという今ですがそれもまた想い出になりそうですね。

私にとって三宮でパン屋さんと言えば、ハウネベーヤの玄米パンと十五穀米パンです。

人気だからか、焼きたてで買えることが多いです♪

食でいつも思うのは、安心安全な材料も大事ですが、そればかりではないということです。

ここのパンは材料も厳選されていますが、それは後で知ったことです。

今では子ども達に材料もですが、「おいしいやろ~」って一緒に食べられる時間を大切にしたいです。