絶対的幸福とは

アパレル通販サイトで有名なZOZOTOWNの前澤社長の10年前のラジオトークを聞く機会がつい最近あった。
ZOZOTOWNは知っていたが、この有名社長の事はほとんど知りませんでした。
話が流暢で分かりやすく、しかも未来のビジョンも素晴らしい。とても頭が良い印象を受け興味を持った。
(10年前の)彼の話の中で、社員共々「何のために」という目的を常に意識しながら仕事をしているというエピソードがあり、
ここ最近ビジネスモデルの手法に意識が向いていた自分にとって、目的を考え続ける重要性を再認識することになりました。

「何のために」この仕事をするのか、「何のために」その選択をするのか、普段から考える大切なことです。

そこでちょっと調べてみたんですが、人は何のために生きるのかと言えば、ザックリ言うと「幸福」のためで、人それぞれ「幸福」の中身は違いますが、どの選択、行動においても、例えば苦労を選ぶこともその先にある幸福のために、自殺であっても現状の辛さよりもそれが幸福であると考えて選択している。

この幸福というものには大きく分けて二種類あるそうで、相対的幸福と絶対的幸福。

相対的幸福とは、人と比べて収入が多い少ない、学力が高い低いという、他人との優劣で感じる幸不幸のことで、上を見ればキリがなく、永久に幸福を感じる事はない。
むしろ上に行けばいくほど更に上を目指そうとしてしまうそうです。

話がそれるが、少し似たような話で前澤氏の話で、「経済成長には限界がある」、人は地球資源を加工して販売して利益を上げている訳だけど、地球資源には限度があるから経済成長にも限界があるから、経済成長に求めるべき幸福はない、というような話をされていました。

話を戻して、相対的幸福とは別に、絶対的幸福というものがあり、これは、周りとの比較ではなく、それ単体で幸福を感じるもののことで、例えば「おふくろの味」は特に他と比べる必要もなく、好きな者にとってはそれ単体で十分幸福を感じることができるものである。

分かりやすく言うと、相対的幸福はナンバーワンを目指すもの、絶対的幸福はオンリーワンを目指すもの、であると気付きました。

目指すべきは、周りの環境に左右されない絶対的幸福、オンリーワンだということがわかる。

周りの意見を聞くことも大切なことだけど、いろんな意見を聞いて廻るうちに、当たり障りのない平べったい人間、無難な人生になってしまう。

自分の意見を優先させて、自分らしさを伸ばしながらオンリーワンをめざすことが絶対的幸福に近づくことになる。

自分独自の「好き」「楽しい」には、大きなメリットだけではなく大きなデメリットも含まれている。
人の意見を聞くことによってこのデメリットを回避できるものの、当たり障りのないものになってしまう。

当たり障りのない人生で満足して死ねるとは思わない。
目指すもの、選択するものの基準は「オンリーワン」というキーワードがあることに気付くことができた、という話でした。

早速、ZOZOSUIT注文しました。ZOZOSUITとは、自分の体のサイズを採寸するための服で、スマートフォンで360°撮影することで正確な自分の体のサイズが分かり、ぴったりサイズの服を注文できるようになるというもの。デニムジーンズの履き心地がかなり良いという情報もあり、また前澤氏の考えに共感したこともあり、今後はZOZOで服を購入したいと思いました。
今回の件で、いくら代表者の考えに共感できても、販売されている商品に魅力がなければ買う気にはなれないこともわかりました。

第61回職人起業塾 振り返り その2

職人起業塾でのホットシートで得た「大工とプランナーの夫婦」「ステージⅣの末期がんからの回復した経験」という弊社の大きな2つの強みのうち、前者は「振り返りその1」にて整理できたので、今回は「ステージⅣの末期がんからの回復した経験」の強みについて整理します。

自分の末期がんから回復した経験には大きな価値があります。

この経験は多くの人に興味を与え、必要な情報を与えることができます。

病気になる原因や根本的な解決策、手術、通院、抗がん剤、食事療法、休業、家族、借金、回復、仕事復帰などの様々な経験談を発信することができます。

末期がんから回復した者として、情報を必要とする人に役立つ情報を届けたいという、ビジネスとは関係のない単純な願望もあります。

それを建築屋としてのビジネスとを直接的に繋げる要素は少ないですが、がんに限らなければ、電磁波過敏症やシックハウス症候群、ヒートショック現象など、住まいと健康とが密接に関係している問題はいくつもあり、健康を意識した住まいを提案・提供する上で、自身の健康意識の高さが強みになります。

また、この経験を発信することは、建築屋としての収益とは直接関係のないように一見みえますが、職人起業塾的マーケティング手法である「在り方を伝える」という観点から考えると、(あざといかも知れませんが)自分の在り方を発信する上で非常に有効であると考えます。

この自身の経験を以前ブログで発信したことがありましたが、改めてコンテンツとして作り直し、ホームページ閲覧者に興味を持って頂くキッカケにできれば、マーケティング効果が十分あると考えます。

自分にとってのがん免疫療法

「がん免疫療法」の発展に貢献された京都大学の本庶特別教授(76)が2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞することが、本日の新聞記事に書かれていた。

がん細胞が免疫を働かないようにしていることを突き止め、その鍵を握る存在として免疫細胞の表面で「PD-1」というたんぱく質を見つけ、1992年に発表したとのこと。
今から26年も前ということ。

免疫細胞の働きを阻害するこのPD-1というたんぱく質を働けなくすることで、免疫の力を生かしてがんを叩くことが出来ることがわかったそうです。

これの原理を生かした治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)を製薬会社が開発し、2014年に発売している。
副作用が少なく効果が高いとされ、世界中の製薬企業が開発に乗り出し、抗がん剤研究の新しいトレンドになっているそうです。

ちなみにこのオプジーボの当初の価格は、1回約130万円、1年間の投与で3500万円。
現役世代の医療費自己負担は3割。更に患者負担に月額上限を定める高額医療制度があり、年収370〜770万円未満の人の自己負担は月に約60万円で済む。

自分が休業して県立がんセンターにお世話になっていた頃は、年収はもっと少なかったので、月額上限は8万円くらいだったと記憶している。
それ以外は全部税金で賄われていることになる。
当時、自分のがんを治すためにがん治療に関する知識を調べていた頃、この新聞記事の免疫療法とは少し方法が違う免疫療法について知り、その方法で商売している病院が、
「手術療法」「化学(薬物)療法(抗がん剤)」「放射線療法」の三大療法に次ぐ第4の療法と謳っており、非常に興味を持った。
しかし、自分が見たこの免疫療法は保険適用ではなく、到底支払える金額ではなかったので選択肢に入らなかったが、この過程が「免疫」のメカニズムについて興味を持つきっかけになった。

「免疫」とは、本来からだが持つ機能で、人間の体には1日数千個のがん細胞が作られているが、体の免疫機能がこのがん細胞を殺している。これは、現代医学では常識となっている。

そして「免疫」ついて情報のアンテナを張っているなかで、がん患者というのはこの免疫機能が正常に働いていないということが段々とわかってきた。
抗がん剤はがん細胞を縮小させるだけではなく正常な細胞を痛めつけることがわかっている。正常な細胞には免疫機能がある。がん治療に抗がん剤など以ての外だということがわかった。
しかし、現代医学という常識、権威に洗脳された自分の頭では、この単純なメカニズムを理解できても治療法の選択という得心に値するまでに時間がかかった。常識とは怖いものだ。それは自身の学生時代に偏差値教育に違和感を感じながらもその解決策を自分で考える力がなく、常識に従いながら皆と同じように学歴社会に従って、貴重な時間を暗記や板書といった意味のないことに時間を費やしてしまい、考える力が弱いことから様々な場面で苦労もしてきた自身の体験からよくわかっているつもりだ。

話が逸れたが、今回ノーベル賞を受賞されるこの免疫療法であっても、免疫機能を働かせるというメカニズムは素晴らしいが、がん患者の弱った免疫機能や代謝機能を回復させるという根本的な治療ではなく、薬を投与したときだけ効果がでるという一時的なものであると自分は考えている。
ただ抗がん剤とは違い、免疫機能を働かせることが目的なようなので、この治療法を続けることで免疫機能は回復する可能性はあるのかも知れない。
しかし、なぜ免疫機能・代謝機能が弱くなったのかを考え、そこを本人が改善しない限り対処療法でしかないと考えている。

この新聞記事を読みながら、自身の闘病のために情報を収集していた頃(特に2014〜2015年ごろ)、免疫療法というものが世間で注目されていたおかげで「免疫」に興味を持ち、自分のがん体質の根本的解決に導かれるキッカケになっていたのだということに気づき、感謝するとともに、多くのがん患者にとって、根本的解決のキーワードでもある「免疫」に注目するキッカケになればと思いました。

セリングとマーケティング その2

弊社の事業を軌道に乗せるために学び始めてもうすぐ3年になるマーケティングですが、分かっているようで分かっていなかった「セリングとマーケティングの違い」という根本的なところをWEBで調べ、整理しました。
経営の話なので興味ない方はスルーして下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【セリング】

顧客が商品を見た時点では手に入れたいとは思わなかった商品を、セールストークなどの技術で販売すること。

・商品が出来上がってからの活動
・「今日の糧をいかに確保するか」という比較的短期志向
・作ったら売れる(需要の高い)時代に効果を発揮しやすい
・顧客のニーズと一致していない商品をセリング(売り込み)すれば、顧客の心は離れていく

【マーケティング】

顧客が商品を見て、自然に行きたい・体験せずにはいられないという状態を企業が総合的に演出・作り出すこと。
一言で言うと、自然と売れる仕組み作り。

・顧客満足度の先にある継続的な利益を重視する
・時間を掛けてじっくり取り組む
・セリング(売り込み)や価格競争を避ける上で必要
・「今日の糧も大事だが明日の糧がより大事」という短期・長期並立志向
・惚れ込むべきは自社の商品ではなく顧客

商品の特徴を説明することは、マーケティング・セリング共に共通すること。

マーケティングに取り組まなければ、市場に合った商品は偶然以外に生まれにくく、顧客が求めていない商品をセリング(売り込み)しても顧客の心は離れていく。

マーケティングが機能していればセリングせずとも売れる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マーケティングとは、事業を行う上での一つの手法に留まらない「必要不可欠な活動」で、利益を収穫し続けるための種まきです。
マーケティング活動を続けることで、市場のニーズに合う商品を生み出す能力が研ぎ澄まされていくのではないかと思います。

セリングとマーケティング

昨日はオンリーワンスクールの後、ブログワークアウトvol.8に参加してきました。

一昨日は職人起業塾と勉強会づくし。

このブログワークアウトは鹿肉料理を提供されている姫路スプーンさんにて、弊社のウェブサイトの顧問であり何かと相談にも乗って頂いているゾロアスタ高橋さんのご主人が主催されているブログの勉強会で、ゆるい雰囲気の中、ブログでマーケティングするという、小規模事業主にとっては重要性の高い内容を学んできました。

数時間前に受けたオンリーワンスクールの中で、「質問することの重要性」を松保先生から学びましたが、このブログワークアウトの時間に意識したものの中々質問が思いつきませんでした。

質問が思いつかないということは、自分にとって特に新しいことに遭遇していないから疑問がわかない場合と、新しいことに遭遇しているにも関わらず質問が見つけられないという問題発見能力が低さが理由の場合とがあると思いますが、問題発見能力の低さは事業をしていく上で致命的だと思います。

比較的会話が途切れやすい自分にとっては、質問力(問題発見能力)を鍛えることで、話し相手に質問を投げかけるようになり、会話が途切れるということがそれほど起こりにくくなります。

本来、人それぞれ違いますから、質問することなど山ほどあるはずですが、何もせず会話が途切れるなどもったいないことをしているのかもしれません。

話し相手との会話を、より価値あるものにするためにも、問題発見能力を鍛えるためにも、質問力を鍛えていきたいと思いました。

ブログワークアウトでの内容で特に勉強になったのが、セリング(selling売り込み)とマーケティング(marketing売り込まない)の違いについて掘り下げて考えたことです。

職人起業塾でも、セリングとマーケティングは真逆のものであることは何度も説明を受けています。

セリング(売り込み)をするとお客さんは逃げていくので、セリングとマーケティングを同時に行うと、

魚釣りに例えると、エサで釣りながら(例えが悪いかもしれませんが客が食いつくマーケティングをしながら)石を投げる(客が逃げるセリング)ことになるので

セリングとマーケティングを同時に行ってはどちらの効果も無くなる、ということを教わりました。

自分で掘り下げて考えてみたところ、お客さんが逃げていくセリングでなぜ商品が売れるのか?という疑問が湧いてきて、セリングと言えど、商品の良さを説明するからそこに価値を感じて買い、ただ「買って、買って!」と連呼したところでは客は逃げるだけで、

その商品が提供できる価値を明確にしながら認知されていく方法のマーケティングとの違いにおいて、短期的か長期的かの違いはあれど、どちらもやっていることはその商品の価値の認知活動なので、同じではないかという疑問が湧いてきました。

客に買わせようとする(セリング)か客が買うまで待つ(マーケティング)かの違いで、商品の価値の説明自体はセリングとマーケティングの違いにはならず、短期的に売ろうとするか、長期的に売れるまで待つというスタンスの違いである、という結論に至りました。 

またマーケティングは、強みをコツコツ磨いていくので、長期に渡れば渡るほど効果が現れてくる手法であるとも考えられます。

オンリーワンスクール ファミリー2018.9.26

本日は昼からオンリーワンスクール ファミリークラスでした。
最近一気に参加メンバーが増え、良いもの(オンリーワンスクール)は似た価値観の人を通して紹介・口コミで自然と増えるということを感じました。

新規の方もおられましたので、今日のお題にはほとんど触れず、日本の教育と世界の教育の違いや、子供の教育に対する親の意識改革の重要性など、根本的なところを松保先生がいつもながら熱く説明され、参加者それぞれが様々な質問をしました。

私は今回で3〜4回目ほどの参加になり、学生時代から感じていた偏差値教育の矛盾と、本来すべき教育とのギャップについて理解し、学校で習う勉強・宿題に関してはほぼ無駄であるという考えになっておりましたが(社会に出て肌でもそう感じている)、学校における人との関わりに関しては決して無駄ではないし、松保先生もそう仰られていましたが、
日本特有の集団教育は、「答えが一つ」の教育で多様性が認められず、周りに合わせる従順な生徒が褒められ、好奇心から様々なことを質問したり意見する生徒、別の見方をすると、先生が決めたその時間の教科書の進行を妨げる生徒は、比較的邪魔者扱いされる風潮があり、本来社会に出て必要とされる能力が育ちにくいので、
日本人は自己肯定感が低く(多様性が認められないから)、集団における関係を学ぶ上でも逆効果な要素の方が、多いように感じました。
偏差値教育の中でも、要領の良い子は要領良くやっていますが、それは日本という村の中での話で、世界の教育に目を向けるとそんなことも言ってられないことを強く感じました。

今回の感想として、インターナショナルスクールのことを調べようと思ったことと、子供との教育の時間を1日30分でも強制的にスケジュールに入れて、形に変えていこうと思いました。

一見、少々過激な内容に見えるかもしれませんが、世間一般的には面倒くさい人になる覚悟を持って、自分の教育方針をしっかり主張できる親になって、変化の激しいグローバル社会を生きる子供にとって本当に必要な教育を受けさせたいと思います。

第61回職人起業塾振り返り1

昨夜は、自分が取り組んでいる(緊急でなく重要な)第二領域の中でも最も重要だと考えている(マーケティング勉強会の)職人起業塾に参加してきました。

通い始めてもうすぐ3年になる勉強会ですが、現地に向かう道中、未だに緊張している自分に気づきました。

自分を等身大以上に見せようとしているのか、素の自分ではない自分を作っているのか、もしくはなにかの強迫観念からあまり意味のない緊張が生まれているのか、結局分かりませんでしたが、また考えてみたいと思いました。

少なくとも、大きな緊張を伴う出来事を経験する過程で何かしらの成長をしているとは思います。

前回は弊社のホットシートの回で、今回その振り返りを発表しました。

塾長と参加者の皆さん約30名に弊社のビジネスモデルについて意見を出し合って頂き、様々な意見があった中で特に重要だと感じた2つは、「大工×プランナーの夫婦」と「末期ガンから復帰した経験」でした。

今日は1つ目の「大工×プランナーの夫婦」について分析してみたことを備忘録も兼ねてここに書きます。

まず大工は現場の状態や作業を熟知しており、家の様々な箇所の強度、耐久性、施工性、使い勝手、作業に必要な費用、工程途中や仕上がりをイメージ・把握する能力に長けています。

そしてプランナーは、職人の出来ることを費用対効果も含めて把握し、

クライアントが言葉にできない気持ちや、まだ気づいていない要望を読み取り、そのクライアントにあったプランを考え、工事後のクライアントの生活をイメージする能力に長けている、と考えています。

この2つの視点からクライアントに提案できることが強みだと分かりました。

そして伝達事項が必要になる外注業者に工事を依頼するのではなく、現調や打ち合わせ、プラン提案、工事契約まで立ち会った大工本人が直接現場管理しながら意図を理解した施工が出来ることも強みであると考えています。

あと、塾長が言われている「絶対エース理論」という、会社の代表者は気持ちの面では誰にも負けないことからクライアントの心を掴む能力が比較的高く、弊社は大工・プランナー共に夫婦の事業主であるため、この点も強みと考えています。

そして、夫婦という一つの家庭に必要な利益を確保すれば事業として成り立つため、我々より事業規模の大きい会社と比べて、よほどのブラック企業でもない限り、費用の面ではほぼ負けることはなく、その差額を少し値段の良い材料や工事、サービスなどに還元することができることも強みです。

夫婦で事業を行っていうことが強みであると、以前から塾長から言われておりましたが、今回のホットシートを通して今更ですが腑に落ちたということです。

こうして強みを整理してみると、かなり有利な条件でハンデを頂いて事業をしていることがわかり、結果として「自信」を持つことができたことが一番大きな変化です。

それによってクライアントとの関係を築く上でも、提供できる価値を自信を持って伝えることが出来ます。

ただ、そこであぐらをかくのではなく、若い子を育てていく事業になれば、小規模事業による費用の安さというメリットは少しずつ薄れて行きますので、他の強みも伸ばすべく学び続け成長し続けたいと考えています。

塾長がビジネスモデルキャンバスをまとめて下さいましたので、改めて目を通して後日整理したいと思います。

次回は「末期ガンから復帰した経験」の強みについて振り返ります。

提供できる幸せの形

一般ユーザーからリフォーム工事の現調以来を頂くまでの選ばれる率を上げるための取り組みとして、前回は「当たり前のことを当たり前にする」ことについて考えました。

今回は「弊社が提供できる幸せの形」を具体的にホームページに明記するために、先ずここに挙げていくことにします。

「弊社が提供できる幸せの形」

・建築士の資格を持ちながら、リフォーム現場に専念してきて、家の構造や性質を熟知した大工による対応力の高さ。

・女性であり主婦であり二児の母であるプランナーの視点からの提案力。

・現場作業の専門家(大工)とプラン提案の専門家(プランナー)の夫婦が、クライアント(施主)にとって最適なプランを話し合いながら費用対効果も含めて提案&施工できること。

・夫婦という家計をともにした最小単位の利益で成り立つ事業形態による工事費用の安さ。

安さを売りにしているわけではないが、必要な利益を確保しても、弊社より事業規模の大きい建築屋に安さで負けることはほぼ無い。

・毎月売り上げノルマを課せられた営業系の会社と違い、無理に大きな工事や多くの工事を契約する必要がなく、顧客に寄り添った提案を優先できる。

・顧客に対する直接的価値に繋がらない宣伝広告費にはお金をかけず、口コミや紹介といった自然と売上が上がる方法を最優先しているので、高い顧客満足度を向上させ続けることに専念している。

・「無料アフターメンテナンス」をはじめとするアフターメンテナンスに力を入れており、工事後の快適な住環境の維持に努めている。

・現状に満足せず、自分にとってもクライアントにとっても「楽しさ」を提供できるDIYの分野でも、事業を成り立たせるために未来への種まき(準備)をしている。

・これらをまとめると、「大工とプランナーの夫婦」という最小規模で「提案力の高さ」と「施工力の高さ」「費用対効果の高さ」を約束し、短期的な儲けではなく、顧客満足度の高さによる事業の継続や「楽しさ」という新しい価値の提供への取り組みなどの長期的な視点を重視しており、今現在も近い未来も総合的に我々の右に出る存在は想像しにくい、と考えています。

「弊社の提供できる幸せの形」と言うよりは「弊社の強さ」についての説明になってしまったように感じます。

後日、もう少し訂正して「提供できる幸せの形」を具体的にしていきたいと思います。

当たり前のことを当たり前にする

弊社は、「リフォーム工事の現調(現地調査)&見積もり依頼」を頂くと、ほぼ100%で受注する自信があります。

その理由については、今すぐ改善する必要はないので後日触れるとして、

「現調&見積もり依頼」の声を掛けて頂くまでが弱い、ということが分かってきました。

そのためには、弊社の存在の認知とともに、「依頼主にどんな価値を届けることができるのか」を認知される必要があると考えます。

弊社のWEBマーケティングを担当して頂いているゾロアスタ高橋さん御夫妻との打ち合わせを先ほど終えて、

「当たり前のことを当たり前にする」

「提供できる幸せの形」

の2つを明確にし、ホームページ等に明記して認知されることで、お声掛け頂きやすくなりそうだという、問題と解決策が見えてきたので、滞っていたブログの発信も兼ねて、

今日は、

「当たり前のことを当たり前にする」について、自分が工事依頼する立場の一般ユーザーと仮定して、どんな建築屋であって欲しいか具体的な事例を挙げていくことにします。

「当たり前のことを当たり前にする」事例

1.依頼主の要望を的確に把握してくれること。

2.依頼主にとって本当に必要なことを提案してくれること。

3.依頼主にとって費用対効果の高い提案をしてくれること。

4.短期的ではなく長期的な視点で、提案&施工してくれること。

では、この4点を弊社が約束できる、と信用に値する判断材料は何か?

これらを打ち合わせなどの対面時に証明するのではなく、現調依頼などを頂くファーストコンタクトまでに証明する必要があります。

それを証明する効果の高そうな方法は、今までの依頼内容とそれに対する提案&工事の内容をストーリー付きで紹介することではないかと思いました。

施主さんの了解を得てブログで紹介しながら、施工事例集として蓄積していけば、閲覧して頂く方にとっても興味のある工事内容を見て頂きながら、弊社の在り方や提案力、施工力を知って頂くことができると考えます。

ただ弊社のような個人事業主のホームページなど、大した訪問者数があるわけでもないので、地道にコツコツ発信し蓄積していくことでジワジワ時間を掛けて変化が現れると思います。

個人事業のリフォーム事業は、地域密着のビジネスモデルなので、WEBの取り組みだけではなく、リアルやアナログでの認知も効果的であると思いますので、リアルやアナログでの認知後ホームページに誘導する方法も大切だと考えます。

第60回職人起業塾 振り返り

今回はビジネスモデルの刷新を図るホットシート回で弊社が発表しました。

まず自分の生い立ちからこの業界に入ったキッカケ、経歴、休業の経験、これまでの教訓と今後の目標やその元になる志、これから行おうとしている新規事業、などを発表しました。

発表する自分の声が小さく聞き取り辛かったようで、参加者の皆さんにはご迷惑をかけてしまいました。

また新しく考えているビジネスモデルについての質問に対しても、まとまりのない解答になりました。

何のために儲けなければならないのか、志とどう直結しているのか、についても、自分の下手くそなプレゼンでうまく伝わっていなかったようです。

儲ける理由が伝わりにくいビジネスモデルはやめたほうがいいと感じました。

まだまだ具体的なところを全く詰めておらず、収益をどこに持ってくるのか、どの部分で集客するのか、整理する必要がありました。

しかし、細かいことを具体的にしてしまう前に、参加者方々に出し合って頂いた弊社の強みやリソース(資源)を整理し、何度も何度も考えながら、USP(他社に負けないウリ)をあぶり出したいと思います。 

また、今ある問題ばかりに意識が向いてしまう問題思考の癖を解決思考に変えていきたいと思います。

今回は思うことが色々ありすぎて上手く書けませんが、ビジネスモデルに頼る前に、まず当たり前のことを当たり前にするという基本を大切にすることを気付かされました。