ストーリーのある食事

昨夜は神戸市西区で農家をされているキャルファーム神戸さんの月一の勉強会に参加してきました。

職人起業塾の内容を基にした勉強会で、本家より少し砕けた雰囲気で毎月開催されていて、私も参加させて頂くようになって早一年半ほど経ちます。
ここ数回は本家と少し路線を変えて主催者兼塾長大西さんの切り口の議題でディスカッションしています。

今回は半年に一度の夕食付きで、参加者の農家さんたち持ち寄りの野菜を使って、同じく参加者の野菜ソムリエの佐々木さんが料理し、参加者みんなで一緒に頂くというなんとも贅沢な時間を過ごしました。

長く一緒に勉強してきた仲間が育てた野菜を、そして作った料理をその仲間たちと一緒に頂けるだけで十分に美味しく感じますし、佐々木さんが料理したので美味しいのは当然で、しかも私はここ数年大の野菜好きですから大満足でした。

もうこれだけで立派なレストランが出来てしまいます。
そもそもキャルファーム神戸の大西さんがこの勉強会を始めとする様々なイベントを開催されて、人の繋がりがこのように生まれたことでこうした時間を過ごせた訳ですが、聞くところによると、このようなイベントをするようになったのは大西さんが自発的に始めたのではなく、ご友人から仕事としてご依頼されたことがキッカケで、たまたま参加者の反響が良くその流れで「畑で婚活パーティー」などをしてみたり、JA青年部の全国代表の声がかかったりと、たまたま頼まれごとに応えてきたという感じで、私はもっと意図的にされていたのかと思っていました。
たまたまそんなニーズがあってその中で大西さんがやりたいと思ったことを選択されて来たといった感じでした。

一般的な農家さんのイメージとはかけ離れていますが、柔軟な思考を持てば農家さんに限らず業界を面白くできる可能性がまだまだあるように感じます。

そんなところに集まってくる人との交流を大切にしたいものです。

 

今日のまとめ
・知っている人が育て、知っている人が料理したというストーリーのある食事は、ローカリゼーションでしか味わえない幸せ。

大切にしていきたいと思います。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です