藤原ひろのぶさんお話会 その4 価値と貨幣

世の中には様々な社会問題がありますが、ひろのぶさんは個人事業という形で世界の貧困問題の解決に取り組まれています。
社会活動を海外で、事業で、個人でというのはなかなかの覚悟が要ると思いますが、それが出来る理由を知りたいと思い、以前にも少し書きましたがひろのぶさんが社会問題に取り組み出したキッカケを聞いたところ、お父様の影響とのことでした。

お父様は事業を失敗されたそうですが、「世の中は先にお金を追い求めているが、本来は問題を見ることが大事であって、その問題を解決してからお金を頂く」と口酸っぱく言われていたそうで、事業を失敗してもその姿勢を通されていたので説得力があったそうです。

社会問題に取り組む以前のひろのぶさんは
「仕事はお金を稼ぐ手段、自分たちの家族が生活するお金を稼ぐ手段」
と考えていたそうですが、海外に行き現地の人に感謝されて、
「社会問題を解決してその対価としてお金をもらわないといけない」
と気づいたそうです。

 

コンビニに並んでいるものは、人の健康を考えた物は1つもなく、
「どうやったら売れるか、どうやったら利益が出るか」
が先に来ている。

コンビニに限らず、利益が先に来ている会社で働いている人にそのことを指摘しても、「家族を養っている」
という印籠を出されると何も言えません。
しかしそれを社会全体で容認してしまうとどうなるか?

「本当に価値のあることに自分たちの時間や労力を使うことがすごく大事」
だと海外に行くことで気付き、
それを感じることが出来る場が日本では少ない。

アフリカでは店の食事にクギが入っていたことがあったが、店員にそれを指摘すると爆笑している。
後続車におかまを掘られたが、軽く謝られたあと早く行けと指示される。

日本では飯屋でエアコンがついていなかったり、小バエが飛んでいるだけでクレームをつける。
ちょっとバンパーが当たっただけで保険で弁償する。
要らないものを買ってそれに囲まれ過ぎて、そのために働いて人生の時間を浪費してストレスを抱えているのが日本。

それを聞いて、本当に価値のあることのために時間を過ごしているのか疑問を感じます。昨夜今年度末の確定申告などの支払い金額が分かり家計が厳しいことが分かりました。一生懸命働いても生活が厳しいと感じる場面が多い訳で、今までも何度も家計を見直して来ましたが、今回の話を聞いて本当に価値のあるもの以外への出費がまだまだあるのではないかと思いました。商業的にあれもこれもと用意されて支払っているものを改めて見直さなくてはなりません。

 

半分詐欺のような不動産投資が儲かり、独居老人を見守るために訪問するような社会的に価値ある活動にはお金が集まらない。
社会問題への活動は「ボランティア」のようなイメージがあり、儲けることが許されないような空気があります。
これは「価値と貨幣の乖離」で、価値がある活動とそれに対するお金の対価が比例していないということ。

価値というものは大衆が決めるもので、人は好きとか楽しいといった感情で物事を決めたあとに正しいとか理由付けをするので、価値は時代によって変化もするしみんながみんな真剣に考えているわけではなく大衆の気分で決まっていくようなもの。

そして人がお金を払いたいと思う場面は消費だけでなく、好き、楽しいといった要素があり、社会活動を継続するためにもそれら様々な要素を理解して儲かる仕組みが大切。

ということでした。
ひろのぶさんの話を聞いた私が咀嚼した内容を書きましたので、表現の仕方は若干は違うと思います。

特に印象的だったのは、
「本当に価値のあることに時間や労力を使うことが大事。日本ではそれに気付く機会が少ない。」
というところです。
またコンビニの例えと同じく、私も「どうしたら売れるか」が先行しています。
それをみんながみんな容認し続けると価値と貨幣の乖離は開いたままで、結局自分たちが困ることになります。
出来るだけ価値のあることに時間と労力を費やしたいと思いますが、そのためにはそれを継続するための収入の仕組みをよく考えていく必要があります。

「ビジネスモデルを確立する」という今年一年の計を立てているのですが、何かとヒントを頂きました。
私も社会問題に少しぐらいは取り組みたいですし、そんなことを考えていると、自身の病気の経験を人の役に立てることになるかと思いました。
それを大工仕事と直結することには無理があるかも知れませんが、社会問題というのは色んなことに繋がっていますので、建築における商業ベースの常識を大工仕事を通して本当は要らないんじゃないの?という視点を持って取り組むことで、収入を得ながら本当に価値のあることを探していきたいと思います。

このお話会は内容が濃かったので、4回に分けて振り返りましたが色んな示唆のある質の高いお話会でした。感謝です。

 

今日のまとめ
・社会問題は色んなことに繋がっているので、建築の分野で社会問題に取り組むことは可能。本当に価値のあることに時間と労力を使いたい。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です