久々に大きなやっちまった

前回投稿した、問題の敷居です。

後からある程度カンナで削って滑らかにしたので、段差の件は一応解決したのですが、

実はそれ以前に大失敗をしていたことに今更気づきました。

引き戸の敷居というのは、糸を張ったように真っ直ぐになっていなければなりません。

また、レールとゴマが付く場合は、敷居を水平に取り付けていないと建具が低い方に勝手に動いてしまいます(ゴマの動きが良いと転がります)。

しかし今回は障子で、レールとゴマではなく、建具を滑りやすくするための樹脂製のテープを溝に貼るだけなので、敷居が水平でなくても、建具が勝手に動くことはありません。

そして、元々あった再利用の鴨居が床と同じように傾いているので、傾いたまま敷居を付けた方が建具の高さが均一で綺麗に納まります。

だからあえて敷居を水平には直しませんでしたが、何を勘違いしたか、波打った既存床のまま敷居も同じように納めてしまっておりました。

敷居が波打っていると言うことは、極端に言うと建具が山を登ったり下ったりするように傾きながら溝の上を移動します。

そうなると建て付けが合わなくなり、特に障子の枠同士が重なった時に目立つので、目も当てられません。

 

そこで敷居の溝を糸を張ったように真っ直ぐにするために、溝を専用のカンナで削ります。

今時このカンナは珍しくなりました。

溝が削れます。

この道具は以前紹介した気がしますが、自分で台を加工した特殊な溝シャクリ。

溝の隅が削れます。

ノミでも削れますが、カンナの方が台が定規になって安定して削れます。

ノミの場合、溝に必要以上に刃が食い込みすぎたり、逆目(木の繊維が逆)の場合でも、カンナの場合は「押さえ刃」のお陰で余分な食い込みを防ぎます。

しかし、今回はこのシャクリカンナの刃が切れず、砥石も忘れたのでノミで。職人失格。

レーザーでレベルを確認しながら深さを調整します。

溝が深くなってしまった分、敷居自体も削りました。

お陰で敷居はよりフラットに。

そもそも、敷居を取り付ける前に、下地の方で対処するべきことですが、注意力が足らなかった。

職人失格。

でも責任持って直しました。

でもそれはクレームを避けるためで自分のためでもありますが。汗

職人は儲からなくても良い仕事を心掛けねば。

家族を持つと、そうも言ってられないが、大切な判断かと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です