働く車 デザインと機能性

自分の仕事車(軽トラ)をもう少し使いやすい荷台にしようと考えています。

雨の日の道具や材料の積み降ろしに不便を感じたのがきっかけですが、なかなか改善策がまとまりません。

小さな軽トラで機能と見栄えの両立が難しいのかも知れません。

荷台を大きな箱型にすれば、道具も材料もたくさん入りますが、移動販売車や個人運送の赤帽のような、「小さな車で無理してる感」を醸し出してしまうので避けたいんです。

早い話が、ハイエースぐらいの大型車であれば、道具も材料もそこそこ積めて、雨の日の積み降ろしもトラックほど不便は感じないのですが、軽トラは維持費が安く、小さいなりの使い勝手の良さもあり、今のところは変える予定はありません。

というか、闘病時の借金返済もあり、そもそもハイエースは買えません。

そんなことはさておき、ウェブで色々物色した海外のカッコいい働く車の写真を載せてみます。

こちらは、新婚旅行に行ったアメリカでよく見たタイプ。

向こうでは人気のピックアップトラックに、アルミ製シマ板の道具箱や長尺用のキャリアがアクセントになって目を引きます。

他にも色々、

 

 

 

 

 

 

男心をくすぐられるものが多く、一見カッコいいですが、自分の使い勝手で考えるとあまり機能的ではなく、無駄にデカい。

 

番外編で、こちらはアメリカのトレーラー。

Exif_JPEG_PICTURE

アメリカのデザインは好きです。

 

エアストリーム。日本人にはないセンスを感じます。

 

 

一方、こちらは日本に多い形のベース車に手を加えたもの。

アメリカ製のトラックを見た後だと、

積載量優先のために運転席が極限まで前に追いやられている感じが残念であり、ダサくも感じてしまう。

私の軽トラもこのタイプ。

ところがヨーロッパ車になると、同じタイプの配置でも、日本車で感じたダサさがなくなる。何故でしょう?

ワーゲントラック。ドイツ車。

たぶんこれもワーゲントラック。

積載効率だけでなく、楽しさや美しさといった質というか美的感覚を大切にする価値観が、日本より強く、車のデザインにも現れているのではないかと思います。

 

日本車も悪くないのがありました。

ランクルのトラックタイプで、荷台にシマ板を貼ったり特注の幌を製作したりと手を加えられています。

クロスカントリー車の改造を得意とする車屋さんのようです。

軽の四駆ジムニーに荷台を切ったり付けたりして。

 

いろいろ見た中で、アメリカ製のこちらが一番タイプ。

 

決して機能的ではないと思いますが、見た目の雰囲気が好き。

後方は元々の原形がありません。

 

合成画像のアプリで軽トラと合体させてみました。

綺麗に合成できましたが、ゴツ苦しいですね。

ブログの更新をサボってこんなことして遊んでおります。

こちらも合成。これぐらいがスッキリですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です