第57回 職人起業塾 N-Styleホットシート 振り返り

開催当日からだいぶ日数が経ってしまいましたが、振り返りたいと思います。

今回はホットシートの回で、ホットシートとは日本語で熱い席という直訳になり、今回は太子町に事務所を構える工務店で、私も去年は仕事で大変お世話になりましたN-Styleさんが主役で、

参加者全員で3つのテーブルに分かれて、当社の新たなビジネスモデルのアイデアを出し合い、それぞれまとめたものを発表し、実際のビジネスモデルとして参考、または活かして頂くという、言わば、マーケティングを学ぶ同士がその一社のために力になるという熱い回でした。

ちなみに次回8月は私の番です。汗

当社は社長を含め確か7名ほど正社員の大工がいて、それ以外にも社員ではありませんが常時在籍メンバーや応援要員がいて、対企業、対エンドユーザー両方が顧客で、電磁波対策や、飲食店や地域コミュニティとのコラボ企画、電気工事やガス工事、水道設備工事、クロス貼りなどもこなせる多能工として活躍するために、研修や活動に力を入れておられます。

また若手大工見習いが2名在籍でうち1名は女子で、普通の工務店とはひと味ふた味違った雰囲気です。

今回はその管理職的立場の飯田さんが自社のプレゼンや質問への応答をされ、いつもは陽気な飯田さんですが、いつになく緊張されていましたが、社員の出来ていないことがあまりにも多過ぎて、困惑されていたようでした。

去年私も一緒に仕事をさせていただき、横で見る限り皆さんそれぞれ頑張っていることがわかりました。

しかし、この起業塾でご自身達が発表したことができていないことが多いのも事実で、私が感じるのは「やらされている感」です。

自分が「したい」からではなく、立場上「しなければならない」の方が勝っているのではないかと思います。

自分がどうなりたいというものを考える時間がないのか、考える気がないのか、人間誰しも起業家的な意識を持っているわけではありませんが、個人事業主であれ、正社員であれ、アルバイトであれ、「自分がどうなりたいか」というのは、自分のための重要なことですから、今一度考えて欲しいと思います。

「人は困りごとがあって初めて動く」ということを最近聞いて非常に納得したんですが、そういう意味では、もっともっとノルマを与えて困らせることで、「一度ちゃんと自分の人生を考えなければ」と自発的になって頂ければいいですが、逆効果になる可能性もありますし、難しいですね。

そんな先の見えない個人的な意見は置いといて、今回まとまったビジネスモデルは非常に良いものができたと思います。

当社は元々、社長がもう一人在籍されていた大工さんと一緒に現場に出られていて、外装屋さんや塗装屋さんなどの協力業者さんから非常に信頼できる工務店だったらしく、安心してエンドユーザーさんなどを紹介出来ていたそうですが、今現場に出られている大工さん達は経験年数の浅い職人が多く、協力業者としては安心してエンドユーザーさんを紹介しにくく、多くの協力業者さんの気持ちが少し離れているのも事実で、電磁波対策や多能工に力を入れる前に、大工の基本的な現場力に力を入れて欲しいという協力業者さんの熱い意見がありました。

そこがしっかり確立すれば、協力業者さんとの強いつながりで、仕事の紹介し合いが増え、一番確実に収益に繋がるというビジネスモデルとなりました。

もちろん、電磁波対策や多能工、他者とのコラボ企画などを否定するものではなく、それらが重要な要素であっても、まず順序を整理して、今すべき大切なことが見えてきたという感じを受けました。

開催当日からこの振り返りまで日数が開いてしまったこともあり、記憶が薄れてしまった部分もあると思います。反省。

次の次の次、8月の回は私の番ですが、自社の説明をするパワーポイント(パソコンで作る資料)を作らなければなりませんし、「50の質問」という自社のことを理解して頂くための解答も書き直す必要がありそうですし、忙しくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です