第36回オンリーワンファミリーセミナー

本日昼から月1のオンリーワンスクールファミリーセミナーに妻と参加してきました。

今回はいつもと違い全てのレジュメを時間通りに触れることができました。

その分一つ一つの内容は浅くなったそうですが、政治、経済、教育、国際情勢、社会といった社会の出来事や基本的な常識の説明に触れられるなかで、自分がいかに世の中のことが分かっていないか反省しました。

世界では国民が政治に関心を持つことが当たり前ですが、ここ日本においては自分も含め無関心な人々が多く、政治の仕組みという基本的な社会常識すら理解していない状態では、子供にまともな教育ができない、親として子供を向かうべき方向に導くことすら出来ない、と感じました。

このセミナーで毎回感じると同時に質問にも上がることですが、「日本の教育レベルの低さの原因」について今日も疑問に思いました。

世界との違いといえば、日本は島国であることから、陸続きの隣国がなく、隣国との間に海があることで侵略される危機感や直接影響を受けやすい環境ではないことや、

戦後の人口爆発により、比較的簡単に世界トップレベルの経済成長を続けてこれたことなどが怠慢の原因ではないかと思い、

変化する必要性を感じる機会の少ない環境が、従順な軍人または従順な企業人的な人間を作り上げる教育に繋がったのかもしれないと感じましたが、今日はあまり質問する時間がなかったのであえてその疑問について質問しませんでしたが。

原因はどうであれ、これからどうすべきかが大事で、今の政治が自分や自分の子供に影響してくる、直結しているんだということを知り、せめて問題意識として理解しておく必要性を理解出来ました。

なぜ日本の大人達が政治に関心を持てないかという話になりましたが、個人的には、「自発的に学ぶことの重要性を知らないこと」、それにより「政治が自分の生活に直結していると気付いていないこと(自分もでしたが)」そしてそんな国民に対して「メディアが政治を取り上げても反応がないから取り上げないこと」の悪循環があるのではないかと思いました。

小学生から受け身の授業を受け、受け身のテレビを見続け、知らず知らず受け身の習慣が身につき、自分の仕事以外(専門外)のことはほぼ全て人任せが当たり前になり、また長時間労働が当たり前の国民性も手伝って、政治や経済、教育、国際情勢といったことに関心を持つ余裕が無くなってしまっているのではないかと、過去の自分を振り返り照らし合わせながらそう感じました。

では何故今の自分は過去の自分と違い勉強をするのかと言えば、勉強の必要性を感じたことだけでなく、本来の勉強というものは面白いということを知ったからでもあり、正確な情報を知りそれを様々な場面での判断材料として正しく利用し、表面的な嘘に流されず本質を理解して、「幸せな人生を送る」という人生の目的といってもいい重要なものを満たすために、学び続けることが大切であると様々な学びの機会を通して体感しているからです。

例えば目先の収入を重視して長時間労働すればその分の報酬は得られるかも知れませんが、それは短期的な結果であって、長期的に見ればもっと「刃を研ぐ」行為、要するに勉強、自分磨きによって自分の能力・質を高める必要があり、それを怠り目先の長時間労働のみに没頭すると蟻地獄になってしまいます。

子供には本質的な教育の環境を与えるつもりで、それは競争というよりは、ただ幸せな人生にするために刃を研ぐ行為であると考えています。

それは同時に私自身も刃を研がなければ導くことなど出来ません。そんな学ぶ過程が人生であり、人生とは不完全なものであり、楽しくもあり儚いものでもあるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です