付き合う人を選ぶ

先日、毎月通わせて頂いている農家さん主催の勉強会で、参加者の皆さんの意見を聞きながら、自分の人生や仕事における大切な考え方を学びました。

現在のアメリカのバスケナンバーワン選手が、故郷に無料で小学校を建てたり子供たちに自転車を与えた話や、
ある不登校の小学生が近所のおじさんに畑でトマトの育て方を覚えてもらい、それで生きていける(飯を食っていける)自信を持ったという話を、参加者の農家の方が話してくれました。
そのあと、ご自身も「野菜や食べ物の育て方を世間の子供たちに教えることで、貢献したい。そして、自分の仕事(農家)が無くなることが究極の最終形だ。」と仰られていました。
それに対しこの会の主催の農家さんも、「野菜をインフラ化していつでも自由に食べれるようにしたい」と以前からも仰られていましたし、参加者の歯科技工士さんも、「虫歯になる人をなくして自分の仕事がこの世からなくなることが最終的な目標」とこれまた以前から仰られておりました。

このお三方の似たご意見を聞いて、それは自分が働く建築業界でも同じことが言えて、最近弊社が打ち出したDIYサポートも同じで、そもそも自分は「子供たちに希望を与える」という目的があり、DIYサポートの対象を主に子供にすることで目的と直結したサービスになるということに気付きました。

ここで整理すると、目的は「子供に希望を与えること」。
コンセプトは「豊かな人生、豊かな日常、心のゆとり」。
具体的なサービスは「DIYのサポート」です。
日々の業務で「子供たちにDIYを体験させること」で、「ものづくり・住まいづくりの楽しさ」「仕事という社会経験」「この仕事で食っていけるという自信」を少しでも感じとってもらうことで「子供たちに希望を与える」という目的にも添うことができます。

AIやロボットによる自動化で、人の仕事が少しずつなくなっていこうとしていますが、リフォーム業界にとっても、テクノロジーの発展により家の改装やメンテナンスを誰もがもっと手軽にできるようになること、もしくはメンテナンスフリーになることで、少しずつ自分の仕事が無くなり、それが業界の究極の最終ゴールになるのではないかと自分も思います。
今現在は、主に大工仕事の下請けや、エンドユーザーに対してリフォームプランの提案や施工、アフターサービスなどを売りにして事業を行なっておりますが、DIYサポートに少しずつシフトしていきたいと考えております。

志のある方々に囲まれながら大変良いヒントを頂けました。
付き合う人で人生は少しずつ変わっていくと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です