参議院選挙が終わって

この選挙期間中、youtube で選挙活動の動画を毎晩見ていました。

なかでも、山本太郎氏が立ち上げた「れいわ新選組」に大きな関心を持ち、個性的な10名の立候補者の演説や講演の話は、それぞれ現場の当事者の訴えであり、身体障害者の方2名、女装を肯定する東大教授、元外資系金融機関社員、元コンビニチェーン店オーナー、創価学会員、環境活動家、元東電原発社員、元ホームレスのシングルマザー、皆さん現場の問題点を理解され、一人ひとりの人権や多様性が尊重されている政党に感じました。

「弱者にやさしい社会」は自分が弱者になっても安心できるみんなにとって優しい社会であり、彼らのような候補者を擁立された太郎氏に深く共感します。

政治や社会のことに無関心であったり関心があっても詳しくはない庶民にとって、彼らのような当事者の声は響きやすく、何を訴えたいのか興味を持つことができます。これまでの政治や、政治家たちによる話が、いかに庶民に伝わりにくく、また庶民からの声も届きにくく、無関心を助長さてきたかが、この当事者たちの本音の訴えとの違いによってよくわかります。

それは2世3世のお坊ちゃま政治家たちが庶民感覚とかけ離れているからだけでなく、本音で話しているようには思えない説明や議論、重箱の隅をつついて勝ち誇ったり、プロレスのような言葉遊びや感情的な印象操作に注力し、政治がわかりにくく、庶民の声など到底届かない、反映されない、そんな政治に我々は飽き飽きしてしまっているように思います。

我々と同じ庶民、または我々が関心を持ちやすい切実な訴えを持った当事者が国政を担うことで、我々の生活と政治が直結しているというあるべき姿を理解し、組織票の中にもいる無関心層を少しずつ取り込みながら、庶民の声が届きやすい政治に変わっていく小さな兆しが、まだまだ少しですが見えたように思います。今回は結果的に2名の方が当選され、見事に新しい風穴を開けてくれることになるでしょう。

無関心層が関心を持つキーポイントは、自分の生活に直結していると感じることと、その政治家の訴えが「本音かどうか?」の2点ではないかと思います。これと真逆のことを日本のこれまでの政治が行ってきたのではないかとも思います。

自分自身に当てはめたとき、自分は本音で事業をしているか、また行動が伴っているか大いに反省、確認する必要があると感じ、お客さんの生活に直接的でも間接的でも関係することを発信する必要性も感じます。

人の振り見て我が振り直せ。常に自己欺瞞との闘いかもしれません。

弱者にならないと気付かないことは多いですし。

映画「ザ・フード・キュア」を観て(ネタバレ)

私は今から約5年前、大腸ガンから転移した肝臓ガンが見つかり、開腹手術により肝臓の腫瘍を無事に取ってもらうことができましたが、再び肺や脳、そして骨に転移する確率が高く、5年生存率12%、ステージⅣと診断されました。

術後の治療法に抗がん剤治療を勧められました。抗がん剤を続けた場合3年後の生存率はそこそこ上がる(一定の効果がある)ものの、その2年後(5年生存率)は抗がん剤をしなかった場合と比べて1~3%程度しか差がないという説明を受けました。

抗がん剤にあまり期待できない状況は逆に、自分が治療方法を根本的に見直すきっかけになり、結果的に良かったと思っています。

そして今思えば様々な偶然によってゲルソン療法に出会い、実践し、ガンの体質から回復することができました。

そのゲルソン療法に関する映画が完成し、日本でも上映されるということで、昨日京都の上映会まで夫婦で足を運びました。

その上映会の主催者であり、私の治療のサポートをして頂いたゲルソン・アンバサダー、食生活・医学ジャーナリストの氏家京子さんから、この映画ができた面白い経緯の説明がありました。

この映画の監督は、「ガンを食事で治す」といった類の治療法に対して、「藁をもつかむ思いで治療法を探しているガン患者たちをカモにしたようなインチキな商売だろう」という印象を当初は持っており、ジャーナリストとして取材をした後その真実を暴き雑誌に投稿する予定でした。

しかし実際に、取材を迎え入れてくれたクリニックのスタッフや入院している患者に接したり、その療法のマイナス面やうまくいかなかった患者も紹介されるなかで、ここで行われている療法はインチキなどではなく、「食事でガンを治している。これは世に知らしめる価値がある」と感じ、当初1週間程度だった取材予定を変更し、約8年掛けてこの映画を作成したそうです。

映画の内容は、「食事」をガン治療の手段として選択をした6人のガン患者たちを5年以上取材したドキュメンタリーで、治療をする上で困難に感じることや、本人や家族の葛藤、心身の変化などを本人たちがコメントしていました。

結果的に6名中2名がうまくいかず、命を落とされました。

大量のオーガニック野菜やサプリメントを必要とし、家族の理解やサポートも必要で、亡くなられたうちの1名は、退院後の自宅ではたぶん一人で頑張っておられたことや、(この療法に迷いがあったのか)途中で別の療法に変えたり、生活費が確保しにくくなり、最終的に医療大麻に頼るようになってしまっていました。

もう1名の方は、療法で禁止されているいくつかの食べ物やアルコールを治療中2年間摂り続けていて、その後1か月だけ療法を守ってみたけど、よくならずに諦めたのか最終的に亡くなられていました。

亡くなられたこの2名は、この食事療法を深く理解されていなかったのではないか私は感じました。

人によってこの療法に対する感じ方(ストレス度合)は違うと思いますが、深く理解されていなかった故に、自己流による損失の大きさが分からなかったり、迷いが生じたのではと感じました。

本当の理由は分かりませんが、とても興味深く感じています。

この映画を観ながら、自分がこの療法に出会ったことや取り組んでいた頃に困ったこと(大量の食料確保のための金銭的な問題、夫婦の価値観の衝突など)を思い出し、様々な障壁がある中でいろんな偶然が重なって良い結果になっていたことに気付けました。

この様々な障壁を取り除いて行くことが、この療法の今後の課題であると思います。

この療法のメカニズムについては、また別の機会に説明することにしますが、私の知る限りこの療法に勝るガン治療法はありません。

しかし、いくらこの療法に価値があっても、実際に標準治療として健康保険の補助が出るというは夢のまた夢だと思います。

それを実現するには、食事や医療の一般常識を根底から変えるだけでなく、今の標準治療にまつわるあらゆる既得権益を潰さなければならず、それに変わる新しく大きな権益でも生まれない限り、並大抵の力では既存の大きな権益構造を変えることは不可能だと思います。

それよりも、「食べたもので体が作られている」「医者が体を治すのではなく、自分の体が治している」という基本的な事実を忘れた人々に対してのわかりやすい説明や、病気になるメカニズム、食事療法のメカニズム、食事療法に取り組むうえでの様々な障壁や失敗した理由の検証を地道にやっていくことで、着実に力や信憑性をつけていくことに、自分は関わって行きたいと感じています。

映画上映後、このために来日された米国ゲルソン・インスティテュートのアニータ代表が、「ゲルソン療法は決して完璧な療法ではない。末期ガンのより末期の患者や、白血病やパーキンソン病、小児ガンに対しての実績はなく、そういったマイナス面もしっかりとアナウンスしていく必要があります。」というようなこと、要するに「この療法は完璧ではない」ということを話されていました。

私は「完璧な療法」だと思ってたところもあり、様々なマイナス面や困難を見直すキッカケにもなりました。

6人の登場人物のうちの1人は皮膚ガンの赤ちゃんで、ゲルソン療法では子供に対する実績がなく、ゲルソン療法と似たメキシコの食事療法を実践していました。療法の名前は忘れましたが、その療法のホームページを見てもポルトガル語らしく、どんな内容かは分かりませんが、ゲルソン医師と同時代に活躍した医師による療法だそうです。

その赤ちゃんが、ミルクをやめてから野菜食の療法を始め、保育園などに行く数年後には皮膚ガンが無くなっていましたが、この野菜の食事を続けており、両隣の子供たちが親が用意したハンバーガーなどのジャンクフードの昼食を食べている横で、それらには目もくれずに野菜の入った自分の昼食を美味しく食べる姿が印象的で、小さな子供であっても食習慣が定着すれば、簡単には周りに流されなくできることを理解しました。

念のためここに記しておきますが、ゲルソン療法はヴィーガン(野菜のみ)ではなく、動物性の食品も摂取します。

私もそうでしたが、食事や医療に対する常識を一度に変えることは難しく、何度も何度も情報に触れ、考え、調べる中で、ある時ガラッとパラダイムシフトが起こり、それまでは胡散臭いと感じていた情報に対して、自分の中で信憑性が一気に高まり、今まで信じていた常識が愚かな考えであったことに気付きます。

「理解してもらえないから」と諦めるよりは、理解はできないだろうが、いつか理解されるときのためにコツコツと情報を伝えることが大切だと感じます。

医療に限らずまた別のドキュメンタリー映画を観たいとも思います。