人生とは何か

本日は叔父の家のリフォームの打ち合わせを叔父、叔母、私、妻の4人でしました。

叔父は80歳くらいで、耳が遠いですがまだまだ全然ボケておらず、叔母と共に意識はシャキッとしています。叔父叔母共にあと10年くらいしか生きれないのでその期間維持できる程度にリフォームする、という前提で話を進めています。

10年と言わず、まだまだもっと生きて欲しい。側から見る限りは分かりませんが叔父叔母共に体は少しずつ弱って来ているかもしれません。

ちょっとしたことがキッカケで一気に体が弱ってしまう可能性も高くなってきているかも知れません。

長年夫婦で商売をし、今は店を畳んでいてもう商売をする元気はないでしょうが、意識自体は現役時代と何も変わってないような気がします。

ほとんどの孫が大学生や高校生で、世間一般では「おじいちゃんおばあちゃん」の歳ですが、僕にとっては今までそれほど接点があったわけでもありませんが、「おっちゃんおばちゃん」です。

平成元年にNHKのど自慢でおっちゃんが歌っている写真が床の間に飾ってありました。

約30年前だから50歳くらい。僕からしたらあと9年後の歳です。

商売されていた店舗兼住宅の解体の話や、隣のリフォームする住居を10年後20年後どうするかという話になると、少し涙目になっていて、どこか寂しさを感じている様子が伺えて、切なくなりました。

店舗は国道に面していて、昭和の好景気の時代に繁盛していたと思います。

3人の子供さん達(僕からすると従兄弟の兄さん姉さん)は今現在他の市に定住し、その寂しさもあるかも知れません。

今年別の叔父が2人も亡くなりました。

ちょっとプライベートなことを書き過ぎたかも知れませんが、おっちゃんおばちゃんの意識がまだまだシャキッとしているにも関わらず、残りの人生の時間のカウントダウンに入っているように感じている様子が、なにかやるせないというか、人生ってなんやねんという疑問になりました。

僕は一度大病をして死にかけるところでしたが、それ以来、人一倍「人生」とか「生きる目的」とかは考えてきたつもりです。

なにかを成すことが素晴らしいわけでもなく、なにも成さないことが悪いわけでもないと思っています。

楽しい出来事も悲しい出来事もどちらが良いわけでもなく、辛かった経験が意外と後々良い結果を招いたり感慨深い出来事だったと感じたりもします。

そう考えると、おっちゃんおばちゃんの少し寂しそうな様子も決して悪いものではないのかも知れません。

ただそれによって生きる元気を失わず、まだまだ元気に長生きして欲しいものです。

元気に長生きして欲しいというのは、相手のことを想う半面、そういう元気な様子を見たいという僕目線のある意味勝手な意見でもあり、何でもかんでも元気に長生きすることが正解でもないという風にも今感じました。

店舗のほうにおっちゃんの筆書きした言葉が壁に貼ってありました。

はっきり覚えていませんが、

「とっしょりでなんもできまへん

つんぼでなんも聞こえまへん

せっかく来てくれたのにすんまへん

                       秋田 ◯◯ 

播州弁で達筆な字で書かれており、こんなことを書くおっちゃんが格好良くも感じましたが、おっちゃんおばちゃん共少し切なそうに見えました。

北陸旅行

先日、仕事が忙しかった5月の休めなかった分を取り返す感じで、3泊4日の家族旅行に北陸の方へ行ってきました。

ただの日記ですが、よければお付き合い下さい。

仕事でもお世話いただいているウチの賃貸マンションの管理人さんから、妻がおすすめスポットを聞いたらしく、折角なのでそっち方面に行くことにしました。

宿も調べたんですが、前から気になっていたキャンピングカー の方が面白そうだと思い、宿は取らずキャンピングカー を借りました。

福井県の道の駅で寝た朝の風景。

ディーゼルターボで、重たい車体でありながら乗用車並みの加速でストレスなし。

しかし車体の形状から風を受けやすく、「80キロぐらいで走ってね」と言われておりました。

確かに高速の下り道になると、風を受けやすくフラついて少しビビりました。

あと大型トラックよりも大型バスが横から追い抜いて行った時の風圧が中々のもので、注意してても大きく横に振られます。

内装はどうかと言うと、簡易トイレ・ミニキッチン・常時二段ベッドなどが付いていて、運転席上は床を引き出して大人2人ぐらい寝れるスペースと、真ん中のテーブル部分も折り畳めば大人1人ゆったり寝れる感じで、常時二段ベッドと合わせて大人5人くらいは寝れるサイズ。

確かスペックでは6人だったような。

ウチは大人2人子供2人なので、テーブルスペースはそのまま変えずに寝れました。

右ミニキッチン・左扉簡易トイレ越しの奥常設二段ベッド。

トイレは子供が最初に2回ほど使ったのみで、次回借りるときはスペース取るので要らない。

外からトランクを開けた時の写真。二段ベッドの下側とその下のトランクが空きます。

二段ベッドの下にこのトランクがあります。

おすすめされたスポット。

江戸時代にタイムスリップしたような、いいお庭でした。中は撮影禁止で写真ありませんが。

お寺までの道中。

時間が止まったような空間でしたが、写真ではわかりにくいですね。。

ここはとあるパン屋さん。

せっかく何県もまたいで移動するので、その県で有名なパン屋さんを調べて立ち寄ろうという裏ミッション的なことをしましたが、評価の高いパン屋さんだけあって、午後は売り切れの店が二件もあった。

結局4件立ち寄って1件は近くまで来たのに勘違いで見つからず、石川県あたりで1件買えただけ。

それ以外に出発前に西宮の有名店で買っていたので計2件ですが、神戸はレベル高いことがわかりました(西宮だけど)。もちろん石川県で買えたパンもレベル高かった。

そんなパン屋に立ち寄ると、同じ個人事業主でもあり、職人でもある立場なので、自分と照らし合わせるというか、当たり前のことなんですが、自分の店を持つということは、自分の販売経路を持つということで、私の場合は下請け仕事もしているので、パン屋で言うとまだ自分の店を持っていない独立していない職人に当てはまるのかなぁと感じました。

自分では独立してエンドユーザーとも仕事をしているつもりですが、自分のことって意外と自分が一番分かってないことも多く、販売ルートが全然確立できていないことを今回気づかされました。また人気店は予約だけで商品がほとんどなくなったり、売り切れと同時に片付けて仕事を置いているようでした。

今ホームページを新しく作り込んでいまして、近々リリースするので、集客の要となって欲しいと願うところ(願ってる場合じゃないか、ちゃんと考えないと)。

話が逸れましたが、

朝方かな、昼寝かな。

富山美術館前。目的はスタバ。駐車スペースいっぱい。

日本一美しいスタバだそうで、写真はありませんが前に運河があって、でも個人的には、まあまあ。

アメリカのコーヒー屋だけに、アメリカにいるような雰囲気はありました。

 

こちらは、たまたま月二回開催される富山県の海の駅での朝市。

海の幸がメチャ安バリ旨。

朝から地元の人の車の出入りが多く、ほんまに安かった。帰るまでまだ日にちがあり買わなかったけど。

朝食にメチャ安バリ旨の焼魚定食を頂きました。

その前夜にそこの海の駅に駐車して寝ていると、外の話し声で目が覚め、初めは学生か外国人かと思ってましたが、話の感じから朝市の設営に来られていると思い、ウチのキャンピングカー が邪魔してたらいけないと思い、眠い目をこすりながら外を見ると、トラックが二台停まっていて尋ねてみると、全然関係ない奴らで、盗電目的で建物の側に駐車して、深夜にも関わらずキャンピングカー の真横で関係なく喋ってたというのが事実でした。トイレに行った後キャンピングカーを移動させて再び寝ましたが、モラルが低すぎて残念な人達でした。

こちらは富山県にある黒部ダムのトロッコ列車。

ホームから人が立った背の高さほどの小さな列車でかわいい。

トンネル内。窓なし客車を選んだのでうるさい。そして寒い。服は用意してたけど。

 

ダムの水圧を利用して発電してるみたい。

最後の駅まで片道一時間20分ぐらいだったかな。

最初の方から景色が良かったせいか、奥に行ってもそれほど景色は変わらず、一時間20分も乗るほどの価値は無かったのかも。

しかし、新緑や特に紅葉シーズンは凄いと思います。

帰りはリラックス車輌という窓付の車輌にグレードアップしましたが、座席が狭かったので、窓なし車輌がオススメです。防寒対策は必要。

 

一番期待していたトロッコ列車が無事終わり、まだ時間があるので、すっ飛ばしていた金沢市に戻って兼六園のお庭と東茶屋街の散策。

キャンピングカー がデカイですが、駐車はなんとかタイムズなんかで間に合いました。

記念に奥様も少し運転。

子供はキャンピングカー に飽きて「家に帰りたい」となるかもしれないと思っていましたが、逆で「もっと乗っていたい」でした。

キャンピングカーを借りての旅行の感想は、全ては表現できないけど、宿に束縛されないので自由に行動できました。道の駅はあちこちにあるし、温泉街でなくても銭湯やスーパー銭湯、水やトイレはコンビニだし、スマホがナビから調べものから写真までなんでもこなしてくれるし(ちなみにこのブログもスマホだし)、子供にとっては部屋付きの車が楽しかったようで、僕は運転で疲れるというよりは、むしろ運動不足や眠気の方が嫌でした(ちゃんと休憩してます)。

車高が3メートル弱で注意が必要なんだけど、それは常時ではなく、それより車幅が2メートル超えていて、特に海沿いの漁師町の狭い道での運転が多少煩わしかったですが、

あと、旅は弾丸で詰め込むのではなく、ぼちぼち移動しながらが理想だと感じましたが。

帰宅後翌日の保育園で大志くんが書いて持って帰ってきたものをいただきました。また行きましょうね!

子供の感動体験

LEGO・スターウォーズ・Xウィングを息子と二人で完成させました。

クリスマス、正月と立て続けにLEGOスターウォーズをプレゼントして以来、「次はあれが欲しいこれが欲しい」と私と妻に話してきます。

LEGO商品の説明書はLEGOサイトで公開されていて、簡単にダウンロードでき、息子がその日に作りたいものをプリントアウトしています。

小さいサイズのものをほぼ毎日1個ペースで作っています。

プリントアウトした説明書の山。
「インク代が馬鹿にならない」ようですが、教育としての投資です。
好きなことを通して学んで欲しい。

 

スマホ画面で子供に説明書を見せればプリントせずに済みますが、子供への電磁波を極力避けたいところ。

小さいサイズのものをほぼ全て作ってしまったので、あとは中〜大サイズのものしか残っていません。

そして今回は大きいサイズに部類する「Xウィング」を、部品が足りないところは私がフォローしながら完成させました。

以前「ミレニアムファルコン号」を完成させた時より嬉しそう。

以前に「よく使うけど足りない部品」をバラ売りサイトで追加購入しましたが、
今回は追加せず、この商品も買わず、今まで作ったものをたくさんバラして部品を揃えました。

限られた資源(部品)のなかでは、今まで作ってきたものに固執せず時には捨てる(壊す)ことで、新しいことができることを理解してくれたらいいなと思います。

それとは別に、映画スターウォーズとLEGOのコラボによる相乗効果は、親と子が同じことに興味を持ち楽しめると同時に、映画とLEGO両者の売り上げにも大きく貢献しているはずで、つい最近まで映画館で公開されていた「スターウォーズ最後のジェダイ」を息子と一緒に観に行きたかったと少し後悔しています。

今日のまとめ

好きなことだから本気になって、学ぶことも多いのではないかと思います。好きなことをする時間は自分たちへの投資と考えれます。