付き合う人を選ぶ

先日、毎月通わせて頂いている農家さん主催の勉強会で、参加者の皆さんの意見を聞きながら、自分の人生や仕事における大切な考え方を学びました。

現在のアメリカのバスケナンバーワン選手が、故郷に無料で小学校を建てたり子供たちに自転車を与えた話や、
ある不登校の小学生が近所のおじさんに畑でトマトの育て方を覚えてもらい、それで生きていける(飯を食っていける)自信を持ったという話を、参加者の農家の方が話してくれました。
そのあと、ご自身も「野菜や食べ物の育て方を世間の子供たちに教えることで、貢献したい。そして、自分の仕事(農家)が無くなることが究極の最終形だ。」と仰られていました。
それに対しこの会の主催の農家さんも、「野菜をインフラ化していつでも自由に食べれるようにしたい」と以前からも仰られていましたし、参加者の歯科技工士さんも、「虫歯になる人をなくして自分の仕事がこの世からなくなることが最終的な目標」とこれまた以前から仰られておりました。

このお三方の似たご意見を聞いて、それは自分が働く建築業界でも同じことが言えて、最近弊社が打ち出したDIYサポートも同じで、そもそも自分は「子供たちに希望を与える」という目的があり、DIYサポートの対象を主に子供にすることで目的と直結したサービスになるということに気付きました。

ここで整理すると、目的は「子供に希望を与えること」。
コンセプトは「豊かな人生、豊かな日常、心のゆとり」。
具体的なサービスは「DIYのサポート」です。
日々の業務で「子供たちにDIYを体験させること」で、「ものづくり・住まいづくりの楽しさ」「仕事という社会経験」「この仕事で食っていけるという自信」を少しでも感じとってもらうことで「子供たちに希望を与える」という目的にも添うことができます。

AIやロボットによる自動化で、人の仕事が少しずつなくなっていこうとしていますが、リフォーム業界にとっても、テクノロジーの発展により家の改装やメンテナンスを誰もがもっと手軽にできるようになること、もしくはメンテナンスフリーになることで、少しずつ自分の仕事が無くなり、それが業界の究極の最終ゴールになるのではないかと自分も思います。
今現在は、主に大工仕事の下請けや、エンドユーザーに対してリフォームプランの提案や施工、アフターサービスなどを売りにして事業を行なっておりますが、DIYサポートに少しずつシフトしていきたいと考えております。

志のある方々に囲まれながら大変良いヒントを頂けました。
付き合う人で人生は少しずつ変わっていくと思います。

第36回オンリーワンファミリーセミナー

本日昼から月1のオンリーワンスクールファミリーセミナーに妻と参加してきました。

今回はいつもと違い全てのレジュメを時間通りに触れることができました。

その分一つ一つの内容は浅くなったそうですが、政治、経済、教育、国際情勢、社会といった社会の出来事や基本的な常識の説明に触れられるなかで、自分がいかに世の中のことが分かっていないか反省しました。

世界では国民が政治に関心を持つことが当たり前ですが、ここ日本においては自分も含め無関心な人々が多く、政治の仕組みという基本的な社会常識すら理解していない状態では、子供にまともな教育ができない、親として子供を向かうべき方向に導くことすら出来ない、と感じました。

このセミナーで毎回感じると同時に質問にも上がることですが、「日本の教育レベルの低さの原因」について今日も疑問に思いました。

世界との違いといえば、日本は島国であることから、陸続きの隣国がなく、隣国との間に海があることで侵略される危機感や直接影響を受けやすい環境ではないことや、

戦後の人口爆発により、比較的簡単に世界トップレベルの経済成長を続けてこれたことなどが怠慢の原因ではないかと思い、

変化する必要性を感じる機会の少ない環境が、従順な軍人または従順な企業人的な人間を作り上げる教育に繋がったのかもしれないと感じましたが、今日はあまり質問する時間がなかったのであえてその疑問について質問しませんでしたが。

原因はどうであれ、これからどうすべきかが大事で、今の政治が自分や自分の子供に影響してくる、直結しているんだということを知り、せめて問題意識として理解しておく必要性を理解出来ました。

なぜ日本の大人達が政治に関心を持てないかという話になりましたが、個人的には、「自発的に学ぶことの重要性を知らないこと」、それにより「政治が自分の生活に直結していると気付いていないこと(自分もでしたが)」そしてそんな国民に対して「メディアが政治を取り上げても反応がないから取り上げないこと」の悪循環があるのではないかと思いました。

小学生から受け身の授業を受け、受け身のテレビを見続け、知らず知らず受け身の習慣が身につき、自分の仕事以外(専門外)のことはほぼ全て人任せが当たり前になり、また長時間労働が当たり前の国民性も手伝って、政治や経済、教育、国際情勢といったことに関心を持つ余裕が無くなってしまっているのではないかと、過去の自分を振り返り照らし合わせながらそう感じました。

では何故今の自分は過去の自分と違い勉強をするのかと言えば、勉強の必要性を感じたことだけでなく、本来の勉強というものは面白いということを知ったからでもあり、正確な情報を知りそれを様々な場面での判断材料として正しく利用し、表面的な嘘に流されず本質を理解して、「幸せな人生を送る」という人生の目的といってもいい重要なものを満たすために、学び続けることが大切であると様々な学びの機会を通して体感しているからです。

例えば目先の収入を重視して長時間労働すればその分の報酬は得られるかも知れませんが、それは短期的な結果であって、長期的に見ればもっと「刃を研ぐ」行為、要するに勉強、自分磨きによって自分の能力・質を高める必要があり、それを怠り目先の長時間労働のみに没頭すると蟻地獄になってしまいます。

子供には本質的な教育の環境を与えるつもりで、それは競争というよりは、ただ幸せな人生にするために刃を研ぐ行為であると考えています。

それは同時に私自身も刃を研がなければ導くことなど出来ません。そんな学ぶ過程が人生であり、人生とは不完全なものであり、楽しくもあり儚いものでもあるのだと思います。

絶対的幸福とは

アパレル通販サイトで有名なZOZOTOWNの前澤社長の10年前のラジオトークを聞く機会がつい最近あった。
ZOZOTOWNは知っていたが、この有名社長の事はほとんど知りませんでした。
話が流暢で分かりやすく、しかも未来のビジョンも素晴らしい。とても頭が良い印象を受け興味を持った。
(10年前の)彼の話の中で、社員共々「何のために」という目的を常に意識しながら仕事をしているというエピソードがあり、
ここ最近ビジネスモデルの手法に意識が向いていた自分にとって、目的を考え続ける重要性を再認識することになりました。

「何のために」この仕事をするのか、「何のために」その選択をするのか、普段から考える大切なことです。

そこでちょっと調べてみたんですが、人は何のために生きるのかと言えば、ザックリ言うと「幸福」のためで、人それぞれ「幸福」の中身は違いますが、どの選択、行動においても、例えば苦労を選ぶこともその先にある幸福のために、自殺であっても現状の辛さよりもそれが幸福であると考えて選択している。

この幸福というものには大きく分けて二種類あるそうで、相対的幸福と絶対的幸福。

相対的幸福とは、人と比べて収入が多い少ない、学力が高い低いという、他人との優劣で感じる幸不幸のことで、上を見ればキリがなく、永久に幸福を感じる事はない。
むしろ上に行けばいくほど更に上を目指そうとしてしまうそうです。

話がそれるが、少し似たような話で前澤氏の話で、「経済成長には限界がある」、人は地球資源を加工して販売して利益を上げている訳だけど、地球資源には限度があるから経済成長にも限界があるから、経済成長に求めるべき幸福はない、というような話をされていました。

話を戻して、相対的幸福とは別に、絶対的幸福というものがあり、これは、周りとの比較ではなく、それ単体で幸福を感じるもののことで、例えば「おふくろの味」は特に他と比べる必要もなく、好きな者にとってはそれ単体で十分幸福を感じることができるものである。

分かりやすく言うと、相対的幸福はナンバーワンを目指すもの、絶対的幸福はオンリーワンを目指すもの、であると気付きました。

目指すべきは、周りの環境に左右されない絶対的幸福、オンリーワンだということがわかる。

周りの意見を聞くことも大切なことだけど、いろんな意見を聞いて廻るうちに、当たり障りのない平べったい人間、無難な人生になってしまう。

自分の意見を優先させて、自分らしさを伸ばしながらオンリーワンをめざすことが絶対的幸福に近づくことになる。

自分独自の「好き」「楽しい」には、大きなメリットだけではなく大きなデメリットも含まれている。
人の意見を聞くことによってこのデメリットを回避できるものの、当たり障りのないものになってしまう。

当たり障りのない人生で満足して死ねるとは思わない。
目指すもの、選択するものの基準は「オンリーワン」というキーワードがあることに気付くことができた、という話でした。

早速、ZOZOSUIT注文しました。ZOZOSUITとは、自分の体のサイズを採寸するための服で、スマートフォンで360°撮影することで正確な自分の体のサイズが分かり、ぴったりサイズの服を注文できるようになるというもの。デニムジーンズの履き心地がかなり良いという情報もあり、また前澤氏の考えに共感したこともあり、今後はZOZOで服を購入したいと思いました。
今回の件で、いくら代表者の考えに共感できても、販売されている商品に魅力がなければ買う気にはなれないこともわかりました。

オンリーワンスクール ファミリー2018.9.26

本日は昼からオンリーワンスクール ファミリークラスでした。
最近一気に参加メンバーが増え、良いもの(オンリーワンスクール)は似た価値観の人を通して紹介・口コミで自然と増えるということを感じました。

新規の方もおられましたので、今日のお題にはほとんど触れず、日本の教育と世界の教育の違いや、子供の教育に対する親の意識改革の重要性など、根本的なところを松保先生がいつもながら熱く説明され、参加者それぞれが様々な質問をしました。

私は今回で3〜4回目ほどの参加になり、学生時代から感じていた偏差値教育の矛盾と、本来すべき教育とのギャップについて理解し、学校で習う勉強・宿題に関してはほぼ無駄であるという考えになっておりましたが(社会に出て肌でもそう感じている)、学校における人との関わりに関しては決して無駄ではないし、松保先生もそう仰られていましたが、
日本特有の集団教育は、「答えが一つ」の教育で多様性が認められず、周りに合わせる従順な生徒が褒められ、好奇心から様々なことを質問したり意見する生徒、別の見方をすると、先生が決めたその時間の教科書の進行を妨げる生徒は、比較的邪魔者扱いされる風潮があり、本来社会に出て必要とされる能力が育ちにくいので、
日本人は自己肯定感が低く(多様性が認められないから)、集団における関係を学ぶ上でも逆効果な要素の方が、多いように感じました。
偏差値教育の中でも、要領の良い子は要領良くやっていますが、それは日本という村の中での話で、世界の教育に目を向けるとそんなことも言ってられないことを強く感じました。

今回の感想として、インターナショナルスクールのことを調べようと思ったことと、子供との教育の時間を1日30分でも強制的にスケジュールに入れて、形に変えていこうと思いました。

一見、少々過激な内容に見えるかもしれませんが、世間一般的には面倒くさい人になる覚悟を持って、自分の教育方針をしっかり主張できる親になって、変化の激しいグローバル社会を生きる子供にとって本当に必要な教育を受けさせたいと思います。

横板の固定(木口シャクリ)

今の現場は終盤で次の現場の準備(材料加工)に取り掛かっています。
昨日の断熱工事の続きと追加工事があり夕方に現場へ戻りました。
階段スペースにある縦長の窓に、上側はサッシ屋さんのインプラス(内窓)と下側は建具屋さんの網戸が付くことになり、その上下の間仕切りの横枠を追加して欲しいということです。

材料加工は少しだけなので作業台を広げるのが面倒くさくて、荷台を作業台に。
材料(追加の横枠)の幅、長さを丸ノコで切った後、

木口側に溝を掘りたいので木口を上にしてクランプで固定し、

カッター(溝切り)で溝を掘ります。両面とも。

こんな感じ。
溝の入隅が丸いままなので、

横向けに固定して鑿でさらいました。

カッター、丸ノコとも集塵機に繋げてます。

 

横枠を取り付ける縦長の窓。

横枠を取り付ける高さにビスを浮かすように仕込んで、先ほど加工した木口の溝がビスにハマるようにします。

手前から奥(窓側)にスライド。

納まりました。

ズレ防止の為にビス止め。
ビスはインプラスの枠で隠れます。

方法としては他にも色々あります。
本来はビスの代わりに細い木桟を既存枠に打ってボンドを塗ってはめ込みます。今回は細い木桟を作る手間を省きビスで代用しました。

また木口をシャクル場合はカッターよりもトリマーの方がしやすく、ビスの頭の形に合わせてアリ型の溝を掘ることも出来ます。

またもっと手を抜く方法として、階段手すりより低い位置なので、新設の横枠を下から覗き込むこともないので、新設横枠の下から既存枠に目掛けて斜め上方向に4カ所ほどビス止めでも問題ないと思います。
網戸が付いてより見えにくくなりますし。

しかし今回は大工志望の監督のO西くんにちょっとアピールする意図もあって今回のやり方に。

ブログの見直し

皆さんはこのブログに何を求めて読んで下さっていますか。
このブログの今までの発信内容は、私が参加した勉強会や日々の出来事、またそれを振り返ることによって気付いた考えや価値観をまとめたものが主でした。

しかし、私の本分は、今のところ大工という立場から住まいの改善をサポートするということです。
また、皆さんの一番気になることは、どの工務店、住宅メーカー、設計士、職人が一番自分の希望に応えることができるか、信頼できるかということだと思います。

そこで、自分が日々どんな考えでどんな作業をしているか、コンテンツとして具体的な作業の紹介、お客さんとどう接しているかという事を(新たな初心にして)このブログに書いていこうと思います。

という前振りだけで(時間の都合上)今日は終わります。

 

今日のまとめ
・私が仕事で具体的に出来ること、お客さんとの関係性を伝えていく。

既存住宅に評価をつける

今日はちょっと硬い話です。
昨日、既存住宅状況調査技術者の講習を受けてきました。
簡単に言うと、既存住宅の主要構造部や耐水性が求められる部分において客観的な評価をつけ、瑕疵担保の保険を付けることで既存住宅を今より流通しやすくするための国の施策で、今後も増え続ける空き家対策の一環であると思います。

受講者は一級又は二級又は木造建築士に限定され、専門的知識を持って既存住宅を調査・査定する必要があり、国はこの取り組みに期待しているそうです。

住宅持ち主が建物の評価を知りたいときに、調査を依頼し、既存住宅状況調査技術者となった建築士が訪問して原則非破壊で、床下には潜らず、屋根裏にも上がらず、屋根にも上がらず、点検口からのぞく程度、普通に歩けるところから目視で確認できる範囲で調査します。
調査のハードルを上げずに、この評価を普及させることに重きを置いているように感じます。
講習の後に試験があり、それに合格して既存住宅状況調査技術者に認定されますが、講習をちゃんと聞いていれば取れる試験で、資格を取らせるレベルの試験でした。

耐震診断のように、この診断も世間に浸透して当たり前になってくると思います。
逆に言えばこの資格は持っていて当たり前になり、持っていたところで大した強みにはならず、持っていなければ弱みになってしまいそうな予感がします。
しかし妻曰く、調査するときの(顧客を思いやる)姿勢が大切で、そこで差が生まれると。
調査・査定するには、建築士の資格を持っているだけではダメで、「業務」をするときは建築士事務所登録をしておかなければなりません。耐震診断でも事務所登録が必要ですし、そろそろ登録すべき時期かと感じています。

余談ですが、丸一日体を動かさない座学をしているとイーッてなりそうでした。
学生時代も丸一日座学とかよく耐えていたなぁと昔を思い出しました。

こうして一日現場を休んでいつもと違う環境に身を置くと、建築現場に比べて(体力的には)かなり楽そうな仕事ばかり(逆に楽すぎて体に悪いと思う)に見えました。

 

今日のまとめ
・そろそろ建築士事務所登録いるかな

ありがとうございました。

おとうさんといっしょ

今日は日記調でスミマセン。

ブログ更新をお休みしておりました。
その分子供や妻との時間、見積もり作業に充てることができましたが、習慣になったブログ更新が空くと少し気持ち悪い。

同じく放置していた今月の朔日参りをやっと昨日(11日)行ってきてスッキリしました。

最近、ウォーキングを習慣にしたいと思いながら踏み切れません。
大工仕事というのは体を動かす仕事ではありますが、有酸素運動的な健康的な運動にはなっていないと思いますので、基礎代謝を上げる意味でも、また頭をリフレッシュする時間としても自分にとって良い習慣ではないかと思っています。
始めるなら何かを捨てないと。

LEGOスターウォーズに父と子でハマってます。

LEGOのサイトから説明書を無料ダウンロードして、在庫の部品で作っています。

部品を小分けにして探しやすくしています。

底の浅いケースで部品同士が重ならず探しやすくしています。

部品さえあれば大志ひとりで組み立てられますが、部品がないと私が呼ばれて代わりの部品での組み立て方を考えて教えています。

見積もり作業中に何度もこういった横槍が入るので中々仕事が進みませんが、遊びの中で工夫することを学ばせる良い機会と考えています。

TEDで有名な植松努さんの「できない?だったらこうすれば?」という諦めずに別の方法を考える癖が付いてくれると良いと思っています。

TEDと言えば、先日知人に紹介してもらったプレゼンが「仕事中の横槍が如何に非効率か」という内容でおススメです。

横槍における「作業」と「睡眠」はよく似ていて、睡眠中に他者に起こされて再び寝入るまでに時間がかかるのと同様に、作業中に他者から横槍があり再び元の作業に集中していた状態に戻るまでには時間がかかる、というもの。

この「作業」と「睡眠」の比喩が的を得ていて面白いと感じました。

 

今日のまとめ

・子供の成長の為には、子供からの横槍は仕方ないかな?

効率重視は効率偏重にも通じますし。

 

イマイチまとまりませんでした。

有難うございました。

551がないとき

最近、気持ちが不調(妻はインフルエンザと疲れが溜まって絶不調)。
仕事が面白くない。
仕事があることには感謝だけど、果たしてこの作業が本当に価値があるのか?と思う場面が何度かあって、それはあくまで自分の考えでしかないけど、そこに気付けるようになったことは良いとしても、貴重な時間を納得できることに使いたい。

移動時間は往復2時間の距離。
いつもなら考え事するのにいい時間ですが、上記のことや現場の工程のことなど、仕方なしに考えておかなければならないが本来は必要がなく、価値がないことに時間が取られている。

環境を変える時期だと感じているが、そこにギアを上げられるまで自分の実力は伴っていない。
要するに、仕事に対する姿勢は良くなってきているものの実力がついて来ず、ただただ問題に突き当たっている状況。

能力もないのに偉そうなこと言ってすみませんですが、良くなろうとしているいい兆候と捉えておきます。

手間賃(日当)を頂けることは有り難いですが、自分を高められることに時間を使いたい。

 

今日のまとめ

・保身ばかり考えていても何も変わりません。

愚痴のような戯言でした。

長男大志くん、LEGOでスターウォーズにハマっています。LEGOのサイトで説明書がダウンロードできます。部品があれば買わなくても作れますが、ほとんどの完成形は専用の部品が必要で買わなければ作れないので、メーカーにとって上手くできてます。

問い(課題)を持つ

問いを持つ。できれば難しい課題を。
例えば最近では、職人起業塾の課題
「一年の計をどの様に実践するか?」
という問いを持ち、考えています。
別に考えなくても生きていけますが、考えた方が断然いいと思います。

問いを持つとその答えを探すアンテナが立ちますので、普段は気付かないその問いに対する答えが見つかります。
気付きをたくさん経験し、本質を見抜く力が付いてくると、人生が生きやすくなると思います。
人生を生きやすくなると、楽しい人生にしやすくなるし、楽しいほうがいい。後悔しないためにも。

ということで、常に問いを持っていたいと思います。
今更ですが。

 

今日のまとめ

・常に難しい問い(課題)を持ち続けなければ人生もったいない

ありがとうございました。