「バリアフリー」の思い違い

久しぶりの更新になってしまいました。

現場が1ヶ月ほど休みなく、夜はホームページ改定に向けて取り組んだり、サボったりで、ブログが手付かず。

なのに毎日の閲覧者数は、十数名と半年前より多め。

DIY向けに投稿内容を変えたせいか、投稿していない日でも安定しています。

といっても、たったの十数人ですが。

今日は、昼休みに更新します。

先程、施主さんと私との間で、「バリアフリー」の認識の違いがあったことがわかりました。

バリアフリーといえば、床の段差がないことを意味しますが、建築業界では、バリアフリーでも、敷居とフローリングの段差を3ミリほど作ります。

完全なフラットとは限りません。

業界では3ミリまでなら「バリアフリー」と習います。

今、調べてみると、設計段階で3ミリ以下、実際の施工で5ミリ以下の段差であれば、「バリアフリー」と言えるそうです。

なぜ設計段階と実際の施工で2ミリもの誤差があるかと言うと、3ミリの予定で材料を加工し施工しても、実際はそうなるとは限らないことから、許容範囲を設けていると思割れます。

人間の考えることなので、設計通りに行かなかったり、リフォームであれば現場に合わせなければならないので、多少の融通性が必要です。

で、なぜわざわざ3ミリほどの段差をつけるのかと言うと、敷居の角を踏んだり触ったりした時に怪我をしないように、また、角が割れてささくれないように、「面取り」をします(鉋で角を斜めに削ります)。

建築の化粧材(仕上がりの見える部材)同士を合わせたり重ねたりする場合は、基本的に「面落ち」と言って、面の大きさの段差を付けます。

フラットにしてしまうと、面を取ったところが窪んでいることから隙間が空いたように見えてしまうので、それを避けて基本的には面の大きさ以上の段差を作ります。

敷居とフローリングも「面落ち」になるように3ミリの段差を付けます。

1ミリの段差でも出来ないことは無いですが、特にリフォームになると、現状に合わせなければならず、水平のレベルが悪い時は、均一な段差には出来なかったり、合わせる既存の相手が波打っている場合もあったりするので、「3ミリまでならバリアフリー」という指標で安全側(綺麗に納まる方)作業をします。

見栄え的にも、バリアフリーの定義的にも、これが一番無難な納め方なのですが、

問題は、施主さんをはじめとする一般の方の「バリアフリー」の捉え方と、建築業界での捉え方とに大きな?(3ミリの)ギャップがあることです。

今回、既存のフローリングよりも3ミリ高く新たに設けた敷居を、ダイニングチェアが踏んだり、引き摺ったりするとのこと。

その旨を敷居取り付け後に施主さんから聞いて、まさか和室の敷居にダイニングチェアが被ってくるなどと想像しておらず、

床が一段上がっている畳の間を、老後の生活を考えて今回バリアフリーにしているのだと思っておりましたが、それだけが理由ではなかったそうで、

施主さんの子供、孫達が大勢集まって1つの大きいダイニングテーブルを囲みたい、という素敵な想いがあったそうです。

段差をなくすことで、大きなダイニングテーブルに買い替え、和室側にダイニングチェアが入ってもいいように半間ほど畳をフローリングに変える、という工事だったそうで、

フローリングを貼る理由を理解していればこんなことにはなりませんでした。

今回の現調時に、納まりや工期の方に意識が向いていて、「何のために」工事をしているのか、現調の時に施主さんや元請けさんへの確認が出来ておりませんでした。

今更、接着剤で固めた敷居を取り外すことは出来ないので、上の面を鉋で出来る範囲で段差を滑らかに削ることになりました。

「何のための工事か?」は聞くようにしているつもりですが、難しい納まりや、工期や色々と言われると、ついつい忘れてしまいます。

バリアフリーの定義以上に、気をつけるべきですね。

施主さんには、何故そうなったのかを説明して、ご理解頂きましたが、次に同じような過ちが起きると、そう簡単には納得頂けないと思います。

「元請けさんから大工さんの方に説明がなかったのが問題では?」と指摘を受けましたが、

聞かなかった私にもプロとして問題ありますし、元請けさんも人間ですから、施主さんの相手をしながら私の現調の相手もし、工期や納まりや、両方から同時に聞かれると、伝え忘れも出てきます、といったフォローをしておきました。

「何のために」の共有が出来ていなかったことから、クレームに発展するという、建築あるある?でした。

袖壁(そでかべ)の起こし方

洗面室の工事写真を元に袖壁の起こし方を説明する。

写真の向かって左側に洗面化粧台を据え、向かって右側に収納棚スペース(可動棚5枚ほど)を造作するが、その間の仕切り壁としての袖壁を作る。
写真右側の収納棚スペースの仕上げ材として既にシナベニヤを二方面貼っている。
なぜ先に間仕切りの袖壁を起こさないかと言うと、狭い洗面室で先に袖壁を起こしてしまうと更に狭くなり仕事がし難くなるから、袖壁を起こすタイミングを出来るだけ後に引っ張る。

袖壁の骨組み組み立ては、木材を一本一本切って壁や天井に打ち付けるのではなく、袖壁の大きさでハシゴ状に組み立ててしまう(例えばW550×H2,200)。だからまとめ切りが出来るし組み立てやすい。。

エア釘打ち機で一気に組む。

それを現場に持ってきてエア釘打ち機で床や壁に打ち付ける。
ただし先にハシゴ状に組み立ててしまうやり方は、現場まで運ぶルートに障害物やコーナーがある場合、物理的に搬入可能か事前確認が必要。

上は隙間が開く寸法で作っている。

寸法がちょうどだと、天井を擦ったり起こし難かったりする。
写真では分かりにくいが、天井高は左右で少し違う。
しかしこのハシゴ状に組んだ骨組みは釘で固定しているので、

後から玄能(げんのう)で上に叩いて天井にピタリとつけることが出来る。ビス留めだとこれが出来ない。

また叩きすぎると壁際の天井が上がってしまい、先に貼ったシナベニアと天井が空いてしまうので注意。

骨組みが止まったら、可動レールをビスどめするための下地合板(今回は9ミリ)貼り。床に突き付けて貼らずに天井に突き付けて貼っている。

床でなく天井に突き付けた理由は、下地材と仕上げ材とで継ぎ目のラインをずらしたいから。継ぎ目が同じラインに来ると大きな段差になる可能性がある。仕上げのシナベニアは床に置いて(突き付けて)貼ることで継ぎ目を下地の継ぎ目とずらす。

DIYっぽくない内容でしたが、作業のちょっとしたコツがいくつか参考になればと思います。

風邪をひいて珍しく10日も引きずっています。まだ治る気配は微妙なところです。

ありがとうございました。

メモの取り方

今日はプチネタ。

大工仕事は、現場でまず寸法を測り、その寸法通りに材料を切り、それを現場に持って行って取り付ける、を繰り返します。

測った寸法は、忘れないようにメモを取ります。
暗記してもいいですが、途中で誰かに話しかけられたり、何か別のことに気が向くと、暗記している寸法を忘れてしまい、「なんぼやったかなぁ?」と再び現場に戻ることになってしまいます。

そんな初歩的な小さな積み重ねの差が作業スピードの差になります。

私は現場では、木の切れ端や石膏ボードの切れ端をメモ帳代わりによく使いますが、以前は寸法を測ったときにメモ帳になる切れ端を持ってきていなかったときは、暗記するかメモ帳になりそうなものを探しに戻っていましたが、先日ある監督さんに良いものを教えてもらいました。

前置きが長く勿体ぶったみたいになりましたが、

この写真のwemoという名前のアイテムで、

腕に巻き付けます。

ボールペンで書いて、消しゴムで消せます。
鉛筆で書けないのが残念で、ボールペンを腰袋(または鉛筆差し)に入れておかなければならない。

それでもいざという時(メモ帳になりそうなものが近くにないとき)役立つ。

元々は、医療現場で看護師さんが腕に直接メモ書きしていたことをヒントに作られたもののようです。

このアイテムを何人かに紹介すると、ズボンにメモ書きする、または知人がいるという方がいました。
確かにそれなら鉛筆で書けるし消しゴムで消せそうだし。

また、以前はメモを書けるスケール(メジャー)もあったそうです。

ポケットサイズの普通のメモ帳も便利ですね。

何かオススメあれば教えて下さい。

4本棚柱の可動棚

棚の高さを任意の高さに変えることが出来る可動棚。
大工の造作で一般的な可動棚は2種類あり、1つは、棚のつく奥の壁に2本の棚柱を取り付けて棚板の奥行ほどの長さの棚受け金具で棚板を支えるタイプ、
もう1つは、両袖の壁に2本ずつ計4本の棚柱を取り付け、1枚の棚につき小さな棚受け金具を4個使用するタイプです。
今回は主流である後者のタイプを紹介します。

写真は、クロス仕上げに可動棚。

こちらは珪藻土の塗り壁に可動棚。珪藻土がまだ乾いていない時の写真。

こちらは板(造作家具)に可動棚。

棚柱はこのように専用のビスで壁にビスどめします。

石膏ボードの壁にビスは効きませんが、あらかじめ石膏ボードの奥に合板などのビスが効く下地を入れておき、長めのビスで止めます。

続いて棚受け金具。棚柱の穴にひっかけます。

黒くて見えにくいですが、

棚を置くとこんな感じ。好きな高さに変えることが出来ます。

この手の棚柱の色は、僕の知る限り写真の黒以外に白、シルバー(アルミ)、シルバー(ステンレス)があり、黒・白・シルバーのアルミタイプは厚みが3ミリ(壁から3ミリ出っ張る)、昔からあるスレンレスのシルバータイプは厚みが5ミリで、本や雑誌を置くなら出っ張りが少し気になる。
そんな時は棚柱が壁から出っ張らないように溝を作ってそこに棚柱を埋めたりします。

棚柱の色は好みですが、写真の黒はアクセントになって良いと思います。

DIYで取り付けられる場合は、棚柱4本のレベル(高さ)を揃えて棚がカタカタしないように注意。

棚柱の長さは、60センチ、90センチ、180センチなどが既製品であり、ご自分でそれ以外の長さにグラインダーなどで切る場合は、切り口を隠すことが出来るキャップもあります。

キャップを装着している写真。

棚の後付け

キッチンの壁に棚(トースター置き)を取り付けて欲しいとのことで、胴縁(どうぶち)下地を狙って壁付けします。

胴縁とは下の写真の柱に打ち付けてある横桟のことで、

 

 

この棚をビスで胴縁に固定します。

シンプルなL型。

胴縁の位置を探す方法の1つで、専用の針を壁の石膏ボードに突き刺して、胴縁を探します。

石膏ボード下地のままでビスが見えているので、この針を刺
さなくても位置はわかりますが、

こんな風に針が出てきます。胴縁に当たれば途中まで(石膏ボードの厚み分)しか刺さりませんが、空洞であれば奥まで入ります。

 

横に壁の見切り材が出っ張っているので鋸と鑿(のことのみ)で欠き取ります。

ビスで固定した後は、木栓にボンドを塗ってからビス穴埋め。
木栓(ダボ)穴用のキリと、木栓を作るキリがあり、端材で簡単に木栓が作れます。

わかりやすい写真を無断でお借りします。↓

 

木ダボの出っ張った残りをアサリ無しの鋸で切り落として、ヤスリで整えます。
普通の鋸はアサリがありますが、鋸を板に沿わせて横擦りするときは板に引っ掻き傷がついてしまうので注意。

最後に下から壁見切りにビス止め。
ここは目に付かない部分なのでダボ埋めは要らないでしょう。

棚の奥行きが30センチほどありますので、本来ならぐらつき防止の部材が要りますが、
今回はこの壁見切りに差し込めビス止めできたお陰で棚はグラつきません。

下地の位置

石膏ボード、壁紙、塗り壁材などで隠れた下地位置は、専用の下地探しの道具で見つけることが出来ます。

築20年以上なら胴縁が打ってある場合が多く、横方向の下地。

それ以降な、直接柱に石膏ボードなどが貼られていることが多く、柱や間柱が下地になるので縦方向。

マンションの場合は約30センチ間隔で約30ミリ幅の下地が縦にも横にも入っています。(横方向はない場合もあり)

マンションコンクリート壁は専用工具が必要、管理組合は多分NGですが、(自己責任で)。プロに頼んで尚且つ自己責任と考えるのが無難。

棚の形状

棚の形状は、色々あります。棚柱を取り付け棚の高さを自由に変えることができる可動棚や、ビスを先に壁に取り付けてから棚板を引っ掛ける既製品の棚など、結局ビスが効く下地の位置の把握が出来れば、DIYは難しくないかも。

今日のまとめ

棚の種類や取り付け方法など、DIYでも御遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

横板の固定(木口シャクリ)

今の現場は終盤で次の現場の準備(材料加工)に取り掛かっています。
昨日の断熱工事の続きと追加工事があり夕方に現場へ戻りました。
階段スペースにある縦長の窓に、上側はサッシ屋さんのインプラス(内窓)と下側は建具屋さんの網戸が付くことになり、その上下の間仕切りの横枠を追加して欲しいということです。

材料加工は少しだけなので作業台を広げるのが面倒くさくて、荷台を作業台に。
材料(追加の横枠)の幅、長さを丸ノコで切った後、

木口側に溝を掘りたいので木口を上にしてクランプで固定し、

カッター(溝切り)で溝を掘ります。両面とも。

こんな感じ。
溝の入隅が丸いままなので、

横向けに固定して鑿でさらいました。

カッター、丸ノコとも集塵機に繋げてます。

 

横枠を取り付ける縦長の窓。

横枠を取り付ける高さにビスを浮かすように仕込んで、先ほど加工した木口の溝がビスにハマるようにします。

手前から奥(窓側)にスライド。

納まりました。

ズレ防止の為にビス止め。
ビスはインプラスの枠で隠れます。

方法としては他にも色々あります。
本来はビスの代わりに細い木桟を既存枠に打ってボンドを塗ってはめ込みます。今回は細い木桟を作る手間を省きビスで代用しました。

また木口をシャクル場合はカッターよりもトリマーの方がしやすく、ビスの頭の形に合わせてアリ型の溝を掘ることも出来ます。

またもっと手を抜く方法として、階段手すりより低い位置なので、新設の横枠を下から覗き込むこともないので、新設横枠の下から既存枠に目掛けて斜め上方向に4カ所ほどビス止めでも問題ないと思います。
網戸が付いてより見えにくくなりますし。

しかし今回は大工志望の監督のO西くんにちょっとアピールする意図もあって今回のやり方に。

天井の断熱工事

現場は大詰めで、二階の天井断熱工事に取り掛かっています。
天井に点検口を付けて、そこから天井裏に上がり、リサイクルの羊毛断熱を天井上に載せる作業。
当初、部屋の天井に点検口を取り付ける予定でしたが、押入れがあったのでそこを点検口にすることになりました。
しかし勾配天井がある納戸は天井をめくる必要があることが判明し、その納戸から天井裏に上がることになりました(納戸の物を移動するのに半日もかかってしまいましたが)。  

屋根裏に上がる開口。
最後に5.5ミリのベニヤ板を上貼りしてクロスで仕上げます。

こちらは勾配天井部分。下から断熱材を補充します。

これが羊毛断熱材リサイクルタイプ。

屋根裏。既存のグラスウールが敷き詰められていて、この上に羊毛断熱材を載せるだけ。
屋根の垂木の間に取り付ければ効果が更に増しそうですが、足元が危険で足場板を敷いてしたとしても施工手間が大幅に増えてしまいます。

天井を踏み抜かないように注意。吹き抜け部分もあり、踏み抜いてしまうと一階玄関まで転落します。一瞬踏み抜きそうになり、出っ張った吊り木に◯玉を挟んで一人で悶絶しました。

一人で羊毛断熱材を引っ張り上げました。
全部で3梱包ありましたが、1梱包目を敷き詰めたところで足りないことが判明。
監督の◯西くんに「足りひんで!」と2梱包追加注文。明日まで仕事が残ってしまいましたが、明日の作業が最小限になるように全て終わらせてから片付けをしていると、前からあった在庫を発見してしまいました。1梱包余っていたのを完全に忘れてました。

結局、その分1梱包余ってしまいますが仕方ない。
また別の現場で使いますので元請けさんの事務所倉庫に一時保管になります。
かさばりますがすみません。

今日は暖かく一瞬春の匂いを感じていい気分になりました。。多分何かの花の匂いがしたんだと思います。屋根裏は暑くて汗ばむくらいで少しバテました。

今日のまとめ

屋根裏の断熱工事は冬に頼みましょう!夏は地獄です。

住みながらの全面リフォーム

今日はちょっとネタがないので、数日前の現場の写真で現場の雰囲気を見てもらいます。

一階全面リフォームの元請けさんの現場です。
一階全面となるとキッチン、洗面、トイレの水回り三点セットのやり変えや、家具の大移動などもあって、施主さんにとって住みながらのリフォームは大変シンドいと思います。

壁に仮設の棚を作り材料を置いています。床に置くと邪魔になるし掃除もしにくい。

こちらは私の道具や材料、そしてブルーシートの中は施主さんの大型家具や仏壇などを養生して固めています。

写真の奥の部屋の右手に小上がりの畳スペースがあり、今はそこに家具やキッチンのものを一式詰め込んでいて、冷蔵庫や電子レンジなどもここに置いていて施主さんが使われています。とてもしんどいと思いますが、ものが多いお宅で、二階は既に荷物でいっぱいなので仕方がないのかも。

収納ができると道具置き場になります。

クローゼットが道具や金物置き場として仮設の棚を付けています。
来週クロス屋さんがクロスを貼るのでどけます。

 

いつも応援をお願いするベテラン大工さん。手際よく仕事も綺麗で口が悪くて面白い大工さんで、やっさ(神輿屋根型の屋台)や社寺の仕事から◯オパレスのような(誰でもできる?)組み立てる仕事まで幅広く何でもするスーパーマン。
こんな大工でも常用の日当は他の大工と大して変わらない。
今回もだいぶ助けてもらった。

こちらは最後に解体されたキッチン。
照明の電球色が好きです。

床と外壁面の壁の断熱工事をしています。

とりあえず写真はこんな感じですが、住みながらの全面リフォームは施主さんには大変だと思います。
施主さんが生活されるスペースを確保出来るようにすれば、作業スペースが少ししか確保出来なくなるので、応援の大工さんを呼べませんし、工期が掛かります。
それでもいいなら住みながらでもいいですが、残念ながらこの現場は(たぶん施主さんのご希望で)工期が短く、工事期間中の一階の生活スペースも要求されていました。

こちらの元請けの社長さんは昔から「リフォームはサービス業」だと言われていましたがまさにそうで、職人とて、寧ろずっと現場にいる職人だからこそ、サービス精神が必要であることがここ最近よく分かるようになりました。
そこもリフォームの面白さかと思います。

 

今日のまとめ
「住まいながらの全面リフォーム」はしんどいという覚悟が必要です。
戸建てではなくマンションとなると不可能ではありませんが、よほどの理由がない限りお勧めしません。
工事の非効率と工期が長引くことを覚悟した上で、施主さんがしんどくならないように綿密な気配りをしてくれそうな工務店さん、または担当者さんを選びましょう。

 

今日は久し振りに良い天気が気持ちよく、帰りの夕空も綺麗でした!

無垢のフローリング貼り

ご無沙汰してます。春のニュースレターの500文字ほどの文で何日も苦戦していました。

今日はフローリング貼りを写真中心で説明します。リフォーム現場です(念のため)。

吉野ヒノキのフローリング。

継ぎ目に挟んでいる白いものは0.5ミリのアクリル板です。

無垢のフローリングは隙間を開ける必要があります。
季節によって湿気を吸ったり吐いたりする事で無垢の木が幅方向に膨らんだり縮んだりします。
隙間がないと板同士が膨らんだ時に逃げ場が上しかなく、上に背ってしまいます(板がUの字に反る)。

釘はこんな感じでフローリング専用の股釘を打ちます。

こんな弾、股釘です。

床の断面の見本。
下から根太45角、捨て貼り合板12ミリ、桧フローリング15ミリ。

捨て貼り合板が無くても根太に直接フローリングを貼れますが、捨て貼りがないと作業性が悪いのと、フローリングの継ぎ目が根太の上に制約される(捨て貼りしていれば、継ぎ目はどこでも可)ので、そつ(短いあまり)が多くなります。

膠(ニカワ)という接着剤。

ヒーターで温ると粘度が緩くなり、塗布後温度が下がり固まります。

(写真が上下逆さま、上手く編集が出来ないけど)膝パッド。

(こちらも逆)

膝を床についてハイハイできます。

最近床仕事に限らず常に付けています。遠慮なく膝を地面に預けられるので楽です。

見た目は少しダサいけど。

道具や作業台を貼り終わった方に移動して続けます。

最後の列はひかります。ひかるとは、柱や巾木などの癖をフローリングに写すこと。
一番最後の列の板を最後から二列目に仮入れして、フローリングの働き分(110ミリ)の幅の板を当てがって、鉛筆と一緒に横スライドさせて切り墨の線を引きます。

それにより二重に重なった部分(余分な部分)を落とす墨が付きます。

 

ニカワを塗って

先程ひかって丸ノコで余分な分を切り落としたフローリングをはめます。
角が邪魔しないように板の裏側を斜めに落とします。ある程度は丸ノコで落として、そこからは鉋で削ります。

叩いてはめます。

ピンタッカーという細い釘で仮固定(接着剤が固まるまで)。

 

左がピンタッカー、右がフィニッシュ

左からフィニッシュ(普通の弾)、フィニッシュ(スーパー:頭の小さいフィニッシュ)、ピンタッカー

最後に、巾木との隙間が出来てしまったところを、

同色のボンドコークで埋めて終了。

養生も忘れずに。

 

今日のまとめ

床貼り、壁貼りといった板を貼る作業は二次元の作業なので、下地を組むといった三次元(立体)の作業よりは初心者にとっては覚えやすい作業です。横着せずに手間さえ掛ければ誰でも綺麗に仕上げることが出来ると思います。

 

 

ゲルソン療法氏家さん御夫婦と再会

本日は今月中と約束をしていた仕事を昼過ぎに終わらせ、午後から私の末期ガン体質を治したゲルソン療法のコーチとその御主人に3年ぶりにお会い出来ました。

仕事というのは地元の自治会の仕事が2つ。
ここ最近は元請けさんの垂水区の現場まで通っていますが、地元の仕事はその作業自体が自分の宣伝にもなりますので、「地域を絞る」ことの宣伝、効果の高さを感じます。

1つは掲示板。曽根天満宮西側で、そこからソネック辺りまでの一帯を御茶屋と呼びます。昔この辺りは天満宮に観光に来た人が休憩するお茶屋が何軒かあったり芸者さんのいる建物が2軒ほどあったそうです。
掲示板を新しく交換で、無塗装で格好良く仕上げようと考えていましたが、「白く塗装して欲しい」ということで、科学的な塗料っぽくならないようにつや消しのアイボリーで漆喰っぽい色に塗りました。

2つ目は集会所の木製フェンスの応急処置的補強。地面に着いた土台部分が雨が降るたびに濡れっぱなしになりやすく、濡れたり乾いたりの繰り返しで土台がボロボロに腐っていました。

昼食後はゲルソン療法のコーチ氏家さんと御主人の阿部さんを自宅へお招きして3年ぶりの2度目の対面で話しが出来ました。
1度目はゲルソン療法を始める折に具体的な実践方法などを学んだ時で、それから2年ほどは毎月(今は3ヶ月おき)血液検査結果を送り、検査結果の情報から私の体の変化を推測してもらいながら療法を細かくコーチして頂いていました。
お陰で今では「完治した」と信じておりますし、これは間違いのない療法だと思っておりますが、実際にエビデンス的にはどうなのか、その通りに実践して治らなかった方はいるのかを聞きましたところ、クライアントに付きっきりで診ているわけでは無いので本当のところは分かりませんが、療法通りに実践されていたであろう方が1名だけ亡くなられたと。
しかし色々なクライアントに接してくる中で、精神的な要因も関係していると感じているそうです。
だから「ゲルソン療法をその通りに実践すれば大丈夫とは限らない」ぐらいのニュアンスが近いようです(私感)。

また1日の食事回数を減らしたいというか既に2食に減らしていることを伝え、体の様子を見ながら問題なければ、またガン体質になりそうなものを間食しなければ、特に良いでしょうとの事でした。

御主人の阿部さんは以前と変わらず考え方が面白くて、様々な面白い話をして頂きました。
どこまで書いていいかわかりませんが、内容が多岐にわたるのでまた改めて書きたいと思います。

今日のまとめ

・10年続ければ本物 by 阿部さん

有難うございました。