ビスの効かない石膏ボードにビスが効く下地を入れる

石膏ボードの壁に、強度が必要なもの(例えば、タオル掛けやハンガー掛け・ハンガーパイプなど)を取り付けたいときは、石膏ボードの奥にある柱や間柱または横桟(胴縁:どうぶち)を狙うことで、しっかりとビスどめ出来ます。

しかし、取り付けたい位置に柱や胴縁があるとは限りません。

そんなときに、ビスがしっかり効く下地の入れ方を、「室内干し用にハンガーパイプをつけるための下地補強」を例にして説明します。

今回は内装をリニューアル(壁紙の張り替え、または新たに塗り壁)することが前提のやり方。

まずは専用の針で下地位置の確認↑

しかし、理想の位置に下地がなかったので、石膏ボードの壁を一部切り取って下地を入れる。

まずは開口↑
マルチツール という振動するノコギリで切りたいラインをなぞるだけ。

少し脱線するが、このマルチツールは、先端の刃を色々な種類に交換でき、ノコギリや鑿(のみ)・スクレーパー(ヘラで剥がす)・紙ヤスリなど様々な作業に対応する。

丸ノコのように刃が回転するのではなく、左右に小刻みに振動するだけなので、安全性が高く、ホコリも立ちにくい。
しかも電動なので疲れない。

パテ埋めできるように面取り↑

面取り後↑
奥に見えるベニヤ板は奥のクローゼットの壁で、今回は全く関係なし。

開けた開口から、12ミリの合板や(今回は)木っ端を、裏に差し込んでボンドで接着する。持ち手がいるので長めのビスをもんでいる(打っている)。

タッカーで止めているがボードビスでもOK。

最初に切り抜いた中の部分を止めて終了。

木っ端がある部分はしっかりビスが効くようになった。
接着剤を塗っているので、余程の変な力が掛からない限り大丈夫。但し、取り付けるものや木っ端の大きさなど、強度を左右する様々な要因があるので各自の判断能力が求められる。難しいところでもあるかも知れないが、それも自分でする面白みでもあると思う。

ちなみにこのやり方は、コンセントやスイッチの穴、若気の至りで開けてしまった壁の穴などの補修にも使える。

DIYで内装を新たにするときには、知っておくと良いやり方としてお勧めしたい。

袖壁(そでかべ)の起こし方

洗面室の工事写真を元に袖壁の起こし方を説明する。

写真の向かって左側に洗面化粧台を据え、向かって右側に収納棚スペース(可動棚5枚ほど)を造作するが、その間の仕切り壁としての袖壁を作る。
写真右側の収納棚スペースの仕上げ材として既にシナベニヤを二方面貼っている。
なぜ先に間仕切りの袖壁を起こさないかと言うと、狭い洗面室で先に袖壁を起こしてしまうと更に狭くなり仕事がし難くなるから、袖壁を起こすタイミングを出来るだけ後に引っ張る。

袖壁の骨組み組み立ては、木材を一本一本切って壁や天井に打ち付けるのではなく、袖壁の大きさでハシゴ状に組み立ててしまう(例えばW550×H2,200)。だからまとめ切りが出来るし組み立てやすい。。

エア釘打ち機で一気に組む。

それを現場に持ってきてエア釘打ち機で床や壁に打ち付ける。
ただし先にハシゴ状に組み立ててしまうやり方は、現場まで運ぶルートに障害物やコーナーがある場合、物理的に搬入可能か事前確認が必要。

上は隙間が開く寸法で作っている。

寸法がちょうどだと、天井を擦ったり起こし難かったりする。
写真では分かりにくいが、天井高は左右で少し違う。
しかしこのハシゴ状に組んだ骨組みは釘で固定しているので、

後から玄能(げんのう)で上に叩いて天井にピタリとつけることが出来る。ビス留めだとこれが出来ない。

また叩きすぎると壁際の天井が上がってしまい、先に貼ったシナベニアと天井が空いてしまうので注意。

骨組みが止まったら、可動レールをビスどめするための下地合板(今回は9ミリ)貼り。床に突き付けて貼らずに天井に突き付けて貼っている。

床でなく天井に突き付けた理由は、下地材と仕上げ材とで継ぎ目のラインをずらしたいから。継ぎ目が同じラインに来ると大きな段差になる可能性がある。仕上げのシナベニアは床に置いて(突き付けて)貼ることで継ぎ目を下地の継ぎ目とずらす。

DIYっぽくない内容でしたが、作業のちょっとしたコツがいくつか参考になればと思います。

風邪をひいて珍しく10日も引きずっています。まだ治る気配は微妙なところです。

ありがとうございました。