difference.png

「リフォーム」と「リノベーション」それぞれの言葉の定義は、私だけでなく世間一般的にも曖昧なようです。 私個人の認識している「リフォーム」と「リノベーション」を図で示すと下図のようになります。

 

リフォームの区分.png

 

 リノベーションはリフォームの一部 

 

それぞれ分かりやすく理解していただくために、「メンテナンス」「修繕」「改修」の意味をここで整理します。

 

 

メンテナンス

「メンテナンス」とは、 建物を永く維持するために不具合がないか点検したり、清掃、修理なども含めた管理のこと。

 

修繕

「修繕」とは、 経年劣化や不具合で傷んだ部分を新築当初の状態にまで戻すこと。

 

改修

「改修」とは、 修繕だけでなく、以前よりも性能を改善させ、より使いやすくグレードアップすること。

 

リノベーション

「リノベーション」については、 戸建て住宅やマンション一世帯分の、ほぼ全部屋の修繕や改修をする場合や、 全部屋でなくても、間取り変更のある改修工事、増築工事、減築工事など、「比較的大掛かりな改修工事」 と捉えています。

 

リフォーム

「リフォーム」については、 網戸の張り替えや壁紙の貼り替えといった小さな修繕から、リノベーションを含めた大きな改修まで、「ほぼ全ての修繕や改修工事」 と捉えています。 本来の「リフォーム」の意味は、新築当初の状態に戻す「修繕」にあたるようですが、 これまで「リフォーム」という言葉は「既存の建物を対象にしたあらゆる修繕や改修工事」に対して使われてきており、本来の意味の「修繕」だけでなく「改修工事」も含めた捉え方が実情に合っていると思います。

それぞれの言葉の定義はどうであれ、そねべーすとしては、個人住宅の規模であれば、ほんの数分で終わるような小さな修復から、何ヶ月も掛かる大改修まで、リフォーム・リノベーションを「リノベろ♪」としてお引き受けしています。