楽しいになった瞬間、日常の景色は変わる

困りごとは「楽しい」の原石

 

あなたが物足りないと感じていることは何ですか?

困っていることは何ですか?

 

ひょっとしたらそれは暮らしを楽しくする原石かもしれません。

相談の多い困り事

  • 1位 収納関連
  • 「調理道具の出し入れがめんどくさい」
  • 「オシャレに見せたい」
  • 「スッキリさせたいから見せたくない」
  • 「子どものものが増えてどうしていいかわからん」
  • 「なんせ物を減らしたい」
  • 「タッパーが溢れる!」

 

  • 2位 掃除関連
  • 「掃除がめんどくさい」
  • 「片付けが苦手」

 

  • 3位 構造・設備
  • 「床が冷たい」
  • 「リビングを明るくしたい」
  • 「目隠しが欲しい」

グラフ.png

困りごとを磨きました

CASE01

 

悩みごと:片付けが苦手

 

洗濯物をしまう・たたむのが億劫で片付かない

解決策:たたまない収納で一挙解決

方法:お片付け・収納用ポール購入・ハンガー購入

ポイント

どうなりたいかに焦点を当ててリノベろ♪ミーティングを行いました。キレイな部屋にはしたいけど洗濯物をしまうのは嫌い。山積みになった衣類の山からお目当ての服を探し出すことはこりごり・・・。そんなお話が出てきました。

そこで、出来る限りアクションが少ない方法にチェンジ。下着以外は全てハンガーのままにしました。室内干しをされていることと、収納部屋として一室を使えることを有効に活用し、ショップのように服を選べるしつらえにしました。干した衣類はハンガーもそのままでかける場所を移動するだけ。これでアクションもグッと少なくなりました。

 

お客様の感想

嫌いだった洗濯作業が楽になったどころか、お店のようなクローゼットルームに行くのが楽しみになりました。

CASE02

 

悩みごと:目隠しが欲しい

ベランダの日差しが強すぎてカーテンがすぐ劣化してダメになってしまう。家の裏手に新しく店ができたのでリビングでくつろいでいても丸見えになって気になってしまう。目隠しがほしい。

解決策:目隠しと屋根を付けて、カフェ気分も楽しめる

方法:プロリノベ

 

ポイント

今まで田んぼだった土地に新しくお店がオープンして、店内のレジの人と目が合うほどになってしまったのだとか!今は電気を付ける時間になると目線が気になって窓のシャッターを下ろしているそうです。

現場調査で、施主様の苦痛が痛いほどよくわかりました。計ったように店舗のレジカウンターとリビングが向かい合うのです。そればかりではなく、駐車場で行き来する人の視線や影も気になりました。

依頼をいただいたのは、とってもオシャレで若々しい60代の奥様。お話をしていくうちに、コーヒーが好きなこと、昔はカフェを開きたいと思っていたこと、お持ちの食器やカップがとてもおしゃれでセンスを感じました。そこで、ベランダをちょっとしたカフェスペースとしてくつろげるように提案。機能だけではなく、見た目にもおしゃれな目隠しと屋根にしつらえました。よく日の当たるベランダなので、洗濯物はすぐに乾きます。3時のお茶の時間を楽しんでもらえると嬉しいです。

 

 

お客様の感想

ベランダでお茶なんて考えたことなかったのでお話を聞いたときは「えー!」ってびっくりしました。娘家族との二世帯でキッチンもリビングも孫のものでいっぱいなので、自分だけの空間を持てたのが一番嬉しかったです。

 

 

 

りのべろミーティングとは.png