point.png
リノベろ♪の様子を大公開。お客様にお話も伺いました。

 

 

 

テーマ
早起きの日の空

 

テーマ
早起きの空
施工場所
トイレ
工事内容
内装(床、壁)
スタイル
ハーフセルフリノベ

about.png

工期
2日(プラン期間約2週間)
金額
材料費43,000円
工賃 24,000円(ハーフセルフリノベで約12,000円節約)

 

 

 

インタビュー&レポート目次

 

1.プランニングの様子

2.お客様の感想

3.今回のポイント

 

 

 プランニングの様子

 

q.pngリノベろ♪をしようと思ったきっかけを教えてください。

 

プランナー真紗美

リノベろ♪をスタートする時に、こんなことをするから「どこか『何となく』不満に思っているところや『何か物足りない』と思ってることがあれば思い切ってやっちゃいませんか?」ってお話したんです。 そしたら「トイレ!」って即答でした(笑)

 

高橋さん

そうそう即答でした(笑) 別に困っているわけではないけれど、何の変哲もなくってオシャレにしたいな~って思っていたんです。

 

写真 対談

 

q.pngそうと決まればリノベろ♪ミーティングですね。

 

プランナー真紗美

そうです。 仕事をされているので、お互いの時間が合う最短の日取りでミーティングを行いました。

 

q.pngどんなことを話たんですか?

 

高橋さん
好きなものや、苦手な感じ、理想の雰囲気、どんな気分でトイレで過ごしたいかなどを話しました。どんな形に仕上がるのかワクワクドキドキしていましたね。

 

 

写真 ミーティング風景 ※今度撮る

 

プランナー真紗美

ミーティング後、高橋さんから「好き」の画像がたくさん送られてきました。プラン作成をしている時はとても幸せです♡

 

トイレ計画.png

q.pngプランが決まったら2回目のリノベろ♪ミーティングですね。

 

プランナー真紗美

はい。プランを持って伺いました。

 

plan.jpg

高橋さん

はじめ見た時は色鮮やかなイラストが目に飛び込んできてびっくりしました。思い切ったイメージチェンジをしたかったのですが、インテリアでは限界があるし、大胆にペンキや壁紙貼りに挑戦しようと思っても失敗

するのが怖くて、頭の中が小さくなっていました。

 

プランナー真紗美

ふふふ。そうでしたね。びっくりされながらも笑顔がこぼれる様子を見て「よしっ!」って思いました。

青といっても沢山あるので、見本をみながら実際に使う色を決めていきました。

リノベろ♪では出来る範囲で自然素材を取り入れていくことを提案しています。今回はヒノキと模様が入った美濃焼のタイルを盛り込みました。

report_a12.jpg

q.pngでは、リノベの様子を見ていきましょう

report_a03.jpg

壁紙の上に塗るペンキImagine Wall Paintを使用。嫌な匂いがなく有害物質0%なので狭い空間でも安心です。69色から選べるのも嬉しいですね。

 

report_a04.jpg

蓋を開けると色鮮やかなブルーにテンションが上がります!

 

report_a06.jpg

ネジ穴が目立たないようパテで埋めていきます。

 

report_a18.png

養生をしたら人生初の壁ペンキ塗りに挑戦。性格が出るねという話で大盛り上がり。高橋さんは大胆で気持ちよいほど大雑把(笑)作業が早かったです。それぞれの性格が出て面白いですね。

 

report_a05.png

額を飾る予定だった壁ですが、玄関に置いていたミラーが「イメージに合うのでは?」という話になりあてがってみました。イメージにピッタリ!採用です!

 

report_a14.jpg

光沢のある美濃焼のタイルを貼っていきます。右側のピュアホワイトに塗った壁も手伝ってパキッと爽やかな印象になっていきます。

 

report_a08.jpg

ミラーの取り付けは秋田大工にきてもらうことになりました。

 

ミラーを取り付けました。良い感じに仕上がっていく様子に楽しくって笑顔が自然と溢れます。狭い空間に3人はさすがに暑かったです(笑)

 

 

 お客様の感想

 

では、高橋さんに感想を伺っていきましょう。

 

q.pngリノベろ♪で良かった点は何ですか?

 

私の「好き」を形にしてくれたことが嬉しかったです。

 

まずは、一人でDIYをしていたら壁一面を変える程度に収まってここまでの満足感はなかったと思います。私の「好き」を上手くくみ取ってもらえました。

見積もりを見た時に、美濃焼のタイルが思ったよりも高くてペンキに変えようかと悩みました。その時に真紗美さんが何にワクワクするか、毎日をどう過ごしていくかにポイントを置いた説明してくれて、タイルに決定。結果、ケチらなくて良かったです(笑)タイルをケチってペンキにしていたら、あのキラキラ感や上品さは出なかったと思います。

あとは、ペンキの塗り方や養生の注意点など、ペンキ塗り初体験の私に丁寧に説明しながら作業を進めてくれたことが嬉しかったです。

q.png今後もリノベをしようと思いますか?

 

はい。

 

実はもう他の部屋のペンキを買ってあるんです。今度は自分で塗ってみようと思います。何かあった時にすぐに聞ける人がいるので安心して挑戦できます。

 

 今回のポイント

 

 

Point1

キュン♡は何だろう?

 

まずはお話をしながら、現状の悩みや好きなコトや好きなモノが何かを感じ取っていきます。併せて生活パターンや家事動線など暮らしの中での行動を見ています。そこにプラスして尋ねているのが利き脳タイプです。思考の癖に合わせるところは合わせていくようにします。高橋さんはデザイナーでありおしゃれ感は大切にされています。普通がうーんとなるタイプ。「なんか好き」というものをもっと共有するために、今回はSNSで好きなインテリアや景色の画像を送っていただきました。

 

 

Point2

テーマを発掘する

 

リフォームは、好き、楽しいだけですすめることはできません。構造や予算、空間によってその家庭でできることは限られてきます。そこで、したいことと出来ることを限られた条件の中で最大限に実現するためにりのべろ♪ミーティングがあります。

内容によりますが通常約2週間お時間をいただき、プランニング案を提出しています。ミ―ティングでお話しした要素に、今もっているテクニックの全てと私のちょこっとの想いをプラスしてミキサーにかけるようにぐるぐる絡めると、高橋さんの隠された価値が見つけ出すことができ、テーマが浮かんでくるのです。

そうして浮かんだ今回のテーマは「早起きの空」。高橋さんの好き、特にインパクトカラーを取り入れながらも安っぽくならないようなおしゃれ感、清々しさ、そしてどこか自然を連想するように素材の存在感を織り交ぜようと思いました。

 

 

Point3

ゆるやかに変化しているから固執しない

 

テーマが決まり、イメージ図を描き、素材など選定し、どうすればこの空間に表現できるかを考えご提案します。けれど私が心がけているのは「家は設計者の自己満の作品ではない暮らす人と共に歩む生き物だ」という信念があります。日々単調で同じように営んでいるように思う暮らしもゆるやかに変化するので、工事を進めながも対応できることはできる範囲で取り入れています。今回はヒノキの板を設置する予定でしたが、玄関に置いていた鏡が合いそう♪という高橋さんのナイスアイデアを急遽取り入れました。ハーフリノベで一緒に工事をしていたからできた変更です。ヒノキ材購入前だから対応できたということもあります。暮らす人だからこそ自分の持ち物を一番よく知っています。都度声をきくことはプランナーとして一番大切にすることです。

「信念はあれど固執はしない」そう心がけています。