自然に近い状態で育った食材は素材だけで十分味わい深く美味しいです。「食」を見つめると、私達は自然の一部であることに深く気づきます。そして健康な体作りがきます。「住」もまた同じです。土に還る素材、自然環境に負荷をかけない素材選び、そしてできる限り国産で呼吸する生きた素材選びを心がけています。

wood.png

出来る限り、天然乾燥材に近い国産材、地域材を取り扱いしています。

針葉樹

ひのき

ヒノキ、ヒバ:土台、柱、軒廻り、濡れ縁、ベランダ等
杉:内装材、造作材、床板、天井材、建具材など
松:梁材、敷居鴨居、床板など

広葉樹

広葉樹

桜、栃、くるみ、栗、楢(なら)、タモ、楓(メープル)、朴、ケヤキ等内装材、床板、家具、建具など、国産広葉樹をおすすめしています。

集成材

収集材

無垢材をおすすめしていますが、無垢材に固執はしていません。人によって素材との付き合い方が違うからです。木を無駄にしない。木と木を接合して新たに建材として使うことも自然に近い素材を選ぶ一つの方法です。接着剤で貼られていますが、国産材の積層材をご提案しています。

コルク

コルク

歩行性、断熱性、撥水効果など床材として小さなお子様や高齢者のお部屋には床材としておすすめしています。施工性にもすぐれております。コルクタイルの塗装は天然オイル仕上げで十分です。

合板

集成材

現代の建築業界に構造用合板などは不可欠な部分がどうしてもあります。構造用合板を一切使用しないということでなく、使用するのであれば海外の森林破壊につながるような安価な木材で作られたものではなく、日本の山に貢献できる国産材の合板を使用するようにしています。

wood.png

日本の家は日本の気候風土にぴったりの日本の土があっています。

そして、土本来の呼吸を妨げない素材選びをしています。

珪藻土

珪藻土

珪藻土は植物性プランクトンが堆積し化石化した素材です。北海道稚内産の珪藻土は湿度を調整するのにちょうどいいメソポアという細孔を持っています。この細孔があるから湿度を調整するのですが糊剤を混ぜないと壁材になりません。この糊剤で細孔をふさいでしまわない珪藻土塗り壁材を採用しています。

竜山石

滝山石

兵庫県高砂市、竜山から石採された竜山石を粉末にした塗り壁材です。イエロー、ブルーは竜山石そのものの色。イエローとブルーを混ぜるとホワイトになります。空気清浄効果のすばらしさを体感できます。

漆喰

漆喰

昔から、火に強く建物を外部の風雨や万が一の火事などの災害から建物を守ってきた漆喰。調湿性は竜山石、珪藻土より劣りますが、年々強くなり、強アルカリ性の為細菌の繁殖などを予防します。外壁材として使用するとその真っ白な輝きはまぶしいくらい美しいです。

wood.png

紙は木材が繊維になって人の手で姿を変えた繊細で断熱性や調湿性にすぐれた素材です。

ふすま

襖は本来は手すきの紙の「鳥の子紙」という和紙タイプと、絹、麻、綿など繊維できた織物タイプがあります。昔から庶民の間では使用済みの紙を下地材にして再利用し仕上げを貼るという紙が幾層にもなって貼られた建具でした。紙の断熱性や調湿性にすぐれていますので戸を閉めればほどよい通気性と断熱性が保たれる素材を使うことが日本の建築に適しています。

壁紙

壁紙

一言で壁紙と表現しますが、壁紙にも大きく分けて3タイプ+1タイプとわけることができます。1.ビニールクロス、2.織物クロス、3.紙クロス、プラス1は機能性がくっついた壁紙です。それぞれ詳しい説明はコチラをご覧ください。http://sonebase.jp/blog/bee/2017/12/17/wallpaper/

wood.png

日本の気候風土で育った草は粘り四季折々を経てきた経験があって、素材そのものがしなやかです。

木材同様、その土地の気候風土にあった調湿性、断熱性がある素材といえます。

国産い草の畳

畳は私たちの肌に直接ふれる素材です。可能な限り無農薬、減農薬で育てられたい草に防虫剤処理が施されていないものをおすすめしています。泥染加工を施されたい草は表面のささくれを防止してくれます。畳の香りと輝きは泥染加工をすることで得られています。

塗料

wood.png

塗装の基本は油と顔料の見極め方と相性です。適材適所、自分たちの暮らしにあわせて選ぶ必要があります。施工性、メンテナンス性、ご予算などトータルに加味して提案します。塗料メーカーが独自に開発している塗料もご提案しています。例えばドイツ系塗料(オスモ、プラネットジャパン、アウロ)やバターミルクペイント(オールドビレッジ)など

アマニ油

荏油、桐油、くるみ油、亜麻仁油、菜種油、椿油など適材適所での油を提案しています。要所によっては蜜蝋などと混ぜて使用することもあります。

柿渋

渋柿とは青い熟れていない柿を潰して絞った液体を発酵させたものです。独特な匂いがあります。この凝縮された柿タンニンという成分が昔から染料、防腐剤、防水材として使われています。私たちは主に外部の木部塗装時におすすめしています。塗り重ねるたびに渋みがます色合いも美しいです。

米糠

米ぬか

赤ちゃんがなめても大丈夫な米糠100%の木部保護塗料です。室内床用塗料としておすすめしています。木のおもちゃにも適しています。

蜜蝋

蜜蠟

ミツバチが働いてでた分泌液を蜜蝋です。油が乳液だとすると蜜蝋はクリームみたいな役割があります。用途に合わせて油と混ぜることで木材のメンテナンスができます。 またワークショップ限定になりますが、蜜蝋をつかった万能クリームという肌に塗るクリームやリップクリームを行っている方をご紹介します。

自然顔料

天然の鉱物である無機顔料のベンガラを柿渋に混ぜて着色することができます。また、珪藻土などにマインという無機顔料を混ぜて着色するなども行っています。オリジナルカラーの製作から一緒にお手伝いしています。

羊毛

wood.png

ウール(羊毛)は羊の毛でつくった繊維、またそれを織って布にし、私たちの身にまとうものに使用されています。年に一度、春頃に毛を刈り、長さや太さ・不純物の混入などを選毛し、きれいに洗い固まった羊毛を建築では断熱材やカーペットに利用されています。

断熱材 ウールブレス

羊毛が原料の断熱材です。羊毛は化学物質を含まず、また断熱性があります。湿度を一定に保ちますが、水にぬれてもすぐ乾くという特徴があります。燃えにくい上に、耐久性が高い繊維なのでへたりにくいです。ふわふわの断熱材に思わず顔をうずくめたくなります。施工中から安心な素材です。

ウールカーペット

羊毛

ホテルの床にはウールカーペットが採用されているところがあります。それ耐久性に優れた繊維でへたりにくいこと、また防音性にすぐれているなど理由があります。夏はさらっと、冬はあたたかいく足ざわりにやさしいカーペットです。化学繊維のカーペットの大きな違いは清掃性が良いことです。繊維の中に汚れが入らず、遊び毛が埃などを吸着し、コロコロと毛玉をつくるようになります。静電気を帯びにくい素材ですので掃除機ひとつで簡単に掃除完了です。カーペットはアレルギーが心配というのは、アレルギー物質を吸着してしまうカーペットだからです。

鉱物

自然界の鉱物を加工した素材は暮らしの中で日々酸化し、家族の手の油が馴染み経年変化が楽しめます。

鉄

固く丈夫で冷たく、黒々としたイメージを持つ素材ですが、木との相性がよく、デザインのアクセントにもなります。また経年変化で味わいがでてノスタルジーやビンテージ感がでてきます。

真鍮

真鍮

銅と亜鉛の合金が真鍮です。真鍮は変色やさびがデメリットのように言われますが、味わいを楽しむことができる素材です。部屋の中のあまり目にしないようだけど、実はよく使うという場所に使用するとその変化をおもしろく感じることができます。

電磁波

電磁波

電磁波の被害にあうのは、まさに住宅の中、家の中です。それは普段は目に見えないですが、壁の中には配線が約1キロメートルもつまっています。この配線からでる電磁波を予防する、また普段使っている家電製品との上手な付き合い方などをご説明し、暮らしの中で簡単にできる対応策や、リフォームの時にしておく予防策をご提案しています。

オールアースパウダー

アースインナーシート

プラグインアース